Webライターの仕事内容を大公開!Webライターになる方法や年収について徹底解説

皆さんはWebライターがどんな仕事をしているかご存じですか?現在は多くのネット記事が公開されていますが、そのネット記事を執筆しているのはWebライターです。

企業に出社しながら執筆するWebライターはもちろん、最近ではフリーランスとして完全在宅で執筆するWebライターも続々登場しています。そこで今回は、

Webライターはどんな仕事をしているのか?
Webライターになるにはどんなステップを踏めばよいのか?

についてご紹介します!Webライターを目指している方必見の内容となっていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

Webライターの仕事内容

まずはWebライターの仕事についてご紹介します。Webライターといっても、仕事内容は様々。見栄えの良い文章を作成するというのは案外難しいため、日常生活で見かける文章のほとんどはWebライターを含む、ライター達によって作成されたものなのです。

ネット上に公開されるメディア記事の執筆

仕事の割合として一番多いのが、ネット上で公開されているWebメディア内の記事執筆業務です。多くのライターは、メディアを運営する企業と契約を交わし、そのメディアに掲載するための記事を作成します。

「こういった文章を作成して欲しい」とクライアントから細かく依頼されることもあれば、マニュアルとキーワードのみを渡し、比較的自由に記事の執筆を行えるメディアなど、柔軟さには大きな差があります。

またライターの中には自身でメディアを運営し、自らそこに掲載する記事を執筆している凄腕のライターも。こちらは経験さえ詰めれば実現可能なので、自分で情報発信を行いたいという方はぜひライタースキルを磨いてくださいね。

ライタースキルに関しては記事後半でご紹介しますのでご覧ください。

企業が公開するホームページの文章作成

またWebライターは企業が運営するホームページに掲載される文章を執筆することもあります。

手順として、まず企業から業務内容や商品の魅力、アピールして欲しいことなどをヒアリングし、それをもとに文章を作成します。Webメディアで掲載する文章と比べると、情報発信というよりは『いかに商品を魅力的にアピールし、購入させるか』ということに重きを置く文章を作成することになります。

冗長性を排除し、手短に魅力を伝える文章能力が必須のため、かなり経験を積む必要があります。

個人が運営するブログ文章の作成

Webライターは個人が運営するブログの記事を作成する業務も請け負っています。主に大規模なブログでの業務ですが、一定の記事品質と記事の量を保つため、Webライターに依頼されることが多いようです。

あくまでも1人のライターが書いたように見せるため、文章の特徴や言い回しを似せる必要があります。

商品を紹介する宣伝記事の作成

こちらは先ほど紹介した企業ホームページでの業務と少し似ていますが、より短い文章を担当する業務です。

企業が出している商品全体ではなく、1つの商品について文章を書きます。これは通販サイトの商品紹介ページや、企業が運営するサイトの商品紹介欄に掲載されることが多く、文字量としては~500文字程度。

商品のポイントや魅力をしっかり把握し、その魅力を増長して正確に伝える文章能力が必要になります。

Webライターの収入

Webライターの平均月収は5万円程度

気になるWebライターの月収ですが、平均的な値を見ると5万円前後となっていることが殆ど。これを見ると意外に低く、Webライター1本でやっていくのはかなり難しいと実感できますよね。

しかしこの値が出ているのは、稼げないWebライターと稼げるWebライターとの収入の差が激しいから。Webライターは報酬の差が大きく、さらに稼げないWebライターの割合が多いため、このように平均値が下がってしまっているのです。

Webライターはどこから仕事を受注する?

平均月収問題は、Webライターの受注方法に原因があります。Webライターの多くは、クラウドソーシングという企業と個人を繋げるプラットフォームから仕事を請けています。

このクラウドソーシングには最低賃金の決まりがなく、1000文字300円~など、Webライターの報酬は文字量で決められることが殆ど。この場合作業効率はWebライターによるため、場合によっては最低賃金を下回ってしまうことになるのです。

これがWebライターの平均月収を下げている理由。もちろんWebライターで稼ぎ、完全フリーランスとして生計を立てている方も多くいます。

最初から稼げるライターはいない

ここからは実際にWebライターになる方法を紹介していきますが、前提として「最初から稼げるライターはいない」ということを覚えておいてください。

過去にライターとしての活動歴があるならまだしも、初心者のWebライターはスキル不足で思うように稼ぐことが出来ません。Webライターとして成長する秘訣や、稼ぐ方法などをご紹介しますので、参考にしながらスキルを磨いてくださいね。

Webライターになるには?

まずは経験を積む

まずは経験を積むことから始めましょう。先ほど「最初から稼げるライターはいない」と説明しましたが、最初のうちは報酬よりも経験を優先すべきです。

おすすめはクラウドソーシングサービスです。企業が募集している案件に直接申し込むよりもハードルが低く、基本的には単発の案件なので、未経験の状態でも採用されやすいのです。

また継続的に契約を申し込まれる場合も。このようにさらに経験できる場を獲得するため、クラウドソーシングのサービスを積極的に利用していきましょう。

文章スキルを上げる

経験を積むのと同時に行ってほしいのが、文章スキルを上げると言う事です。いくら経験を積んでも、文章能力そのものが乏しければ記事の単価は上がりません。

このライターにならこのくらいの報酬を払っても良いと、文章能力を買ってもらえるライターを目指しましょう。

初心者にありがちなのは、語尾を重複させてしまったり、クライアントが提供するマニュアル通りに作成できなかったり、ほとんどが初歩的な事。

まずは「正しい日本語」を使うということを意識するのが大切です。時間がある方は、新聞記事や広告、雑誌類に目を通して文章をチェックしてみてください。

紙媒体のメディアと同じくらい自然な文章が書ければ完璧です!

記事単価を上げる

記事単価とは、1記事あたりに得る報酬の量です。多くのメディアでは1記事○○円というような報酬形態をとっているため、経験をある程度積めたらこの記事単価の向上に努めます。

経験もあり、ライターとしての文章スキルがあればもういくらでも稼ぐことが出来ます。安い案件にしがみつくのはやめて、どんどん高単価の案件を狙っていきましょう。

ポイントとしては、「自分には無理そう」と思うような専門記事に積極的に申し込むこと。募集要項に「専門家としての経験必須」とない限りは、専門知識を培いながら記事を書いていけばよいのです。

誰でも書ける記事を卒業し、知識に長けたライターのみが書ける記事を書くように努めましょう。

Webライターとして大切にしたい事

クライアントの要求以上の記事を提供する

ではWebライターに求められることは何でしょうか?それはWebライターという文章のプロによる「高品質な記事」の提供です。

高い報酬を支払うクライアントが求めているのは、魅力的で自社のサービスを十分にアピールできる凄い文章です。Webライターには文章のプロとしての魅力的な文章が求められているのです。

このポイントを押さえるのが、報酬を上げるコツ。最低限の記事ではなく、クライアントが想像しているもの以上の記事を納品しましょう。

記事を買い叩くクライアントとは契約しない

ここは意外と忘れがちですが、せっかくWebライターとして活躍するのであれば、質の良いクライアントと良い契約をしましょう。

Webライターという仕事が人気になり、中には1文字0.1円以下で書かせようとする悪質なクライアントもいます。

初心者のうちは経験を積むために目を瞑る必要があるかもしれませんが、経験が積めてスキルが確立された後は、このような悪質なクライアントと契約する必要はありません。

自分の文章を買ってくれるクライアントと契約し、Webライターとしてクライアントが想像する以上の記事を納品する。このサイクルを続けていくのがポイントです。

税金に注意!

最後に最も重要なポイント、税金についてお話します。

ある程度Webライターとして稼げるようになると、場合によっては所得税を納める必要があります。また完全にフリーランスとなった場合は、個人事業主として保険料なども納めなければなりません。

いずれにせよ、年度末に行う確定申告の知識が必要になります。ここは意外と見落としがちなポイントなので、毎月10万円以上安定して稼げるようになったら、税金について調べておくと良いでしょう。

まとめ

今回はWebライターの仕事内容と、Webライターとして活躍する方法についてご紹介しました。ポイントは以下の通りです。

  • Webライターはネット上に公開される記事を代行して執筆する業務
  • Webライターになるには、まずは経験を積む
  • 経験を積みながら執筆のスキルを学び、ある程度蓄積されたら高報酬の案件に挑戦する
  • クライアントはよく厳選する

以上、4つのポイントを押さえて、Webライターとしてステップアップしていきましょう。