プログラミングスクールは必要ない?独学とスクールを比較!

プログラミングスクールって必要ないの?
エンジニアはスクールに行かなくてもなれる?
独学とスクールはどっちがいいの?

このような悩みを抱えていませんか?
今回はプログラミングスクールと独学の比較を行い、解説します。

プログラミングの勉強で迷っている人にオススメです。ぜひ最後まで読んでみてください。

プログラミングスクールは必要ない?

エンジニアには独学でもなれる!

エンジニアになるのにプログラミングスクールは必須ではありません。自分で地道に勉強をしてエンジニアになった人もたくさんいます。

では、プログラミングスクールには通わなくてもエンジニアになることができるのでしょうか?
独学で勉強した場合とプログラミングスクールで勉強した場合を比較してみました。

独学で勉強した場合のメリット

・お金がかからない

独学で勉強すればお金は、最小限で済みます。

※最低でもドットインストールやプロゲートは利用した方がいいので、月額1000円ほどはかかります。プラスで不足知識を補うために参考書代がかかります。

独学で勉強した場合のデメリット

独学には次のようなデメリットがあります。

・学習方法に迷う
・わからないことがあっても聞けない
・学習の順番に迷う
・挫折しやすい(モチベーションが保ちにくい)
・実践的な内容が身に付きにくい
・スキル習得までに時間がかかる

順番に解説していきます。

学習方法に迷う

プログラミングは勉強方法に迷いがちです。

次に何をしたらいいのか?
アウトプットはどんなことをしたらいいのか?
この勉強方法で合っているのか?
こんなんでエンジニアになれるのかな?

常にこのような悩みと戦いながら勉強することになります。

わからないことがあっても聞けない

プログラミングにバグはつきものです。初心者のうちはバグへの耐性がないため、挫折しやすいです。

バグが起きても自分で考え解決していくことは大事ですが、考えることに時間を割きすぎて前に進めないのはもったいなです。

【独学】わからないことの解決方法

・無料の掲示板で聞く(ただし回答までに時間がかかる・答えてもらえないこともある)
・メンターに聞く(お金がかかる)

学習の順番に迷う

プログラミングと一言でいっても、プログラミング用語は様々です。初心者はどの言語をどの順番に学べばいいのか悩みがちです。

その結果、実務では使わない言語を勉強して時間を無駄にしたり、実務で使うのにしっかり理解できていなかったりしがちです。

挫折しやすい(モチベーションが保ちにくい)

1人で勉強をしているとモチベーションが保ちにくいです。初期投資も0円なら、いつでもやめてもいいや!という気持ちになりやすいです。

解決策【モチベーションの保ち方】

・Twitterを利用して、一緒に頑張ってくれる仲間を作る
・スモールゴールや期限をつけて1つずつこなす

このようなことが効果的です。

実践的な内容が身に付きにくい

また教材によっては実践的な内容が身に付かずに、いざ就職してから苦労することも多いです。

独学の勉強方法

このようなデメリットはありますが、どうしても独学で勉強したい人は、プロゲートやドットインストールがオススメです。

プロゲート

初心者でも簡単にわかりやすい。
一つずつ問題を解き、ゲーム感覚で進めていくサイト。
初心者でも簡単にできるメリットはあるが、プロゲート上のエディタを使うため実践的さに欠ける。

ドットインストール

動画を見ながら実際にコードを書き、学習を進めていくサイト。

どっちがいいの?

それぞれの良さがあるのでどちらも利用してみて自分に合った方を選びましょう。
仮にどっちも利用してもそれぞれ月額1000円ほどなので、月額2000円で済みます。

プログラミングスクールのメリット

プログラミングスクールに通うと、次のようなメリットがあります。

・実践的な内容
・わからないことがあってもすぐに聞ける
・学習方法に迷わない
・学習の進め方に悩まない
・モチベーションを維持しやすい
・転職や就職アドバイスをもらえる
・エンジニアになるまでの時間を短縮

順番に解説します。

実践的な内容

プログラミングスクールのカリキュラムの方が、作るものが明確で実践的に学べます。

プログラミングスクールの質はスクールによってばらつきがあるので、カリキュラムの内容はしっかりチェックしましょう。

わからないことがあってもすぐに聞ける

初心者にとってプログラミングでわからないことをすぐに聞ける環境は心強いですし、時間を無駄にしなくて済みます。

学習方法に迷わない

カリキュラム通りに勉強を進め、次にどんなアウトプットをしたらいいかなどの指示があるためめ、学習方法に迷わず安心して勉強を進められます。

学習の進め方に悩まない

どういう順番でプログラミング用語を学んでいくか決まっているため、無駄がないですし、挫折しにくいです。

モチベーションを維持しやすい

Twitterのハッシュタグを利用して生徒同士で高めあいながら学習が進められます。また、卒業生の成果を見れば、将来がイメージしやすいです。

転職や就職アドバイスをもらえる

転職や就職も不安の要因の一つだと思いますが、エンジニアの講師からアドバイスがもらえるため、心強いです。

エンジニアになるまでの時間を短縮

独学でもエンジニアになることはできますが、独学より早くエンジニアになれるのは確実です。
早くエンジニアになれば早く稼げるようになるので、例えスクールにお金がかかってもすぐにスクール代は返済できてしまいます。

スクール選びは大切

プログラミングスクールならどこでも一緒なわけではありません。
様々な企業がプログラミングスクールを運営し、個人でもプログラミング教材を販売している人も多いです。

そこで、無駄なお金を使わないためにプログラミングスクール選びのポイントを紹介します。

ポイント

・コスパ
・サポート
・挫折しにくさ

コスパ

プログラミングスクールの値段はピンキリです。値段が安ければいいという問題ではありません。
大切なのは、カリキュラムの内容と値段のバランス、つまりコスパです。


A社 10万円のプログラミングスクール
→通った結果月20万ほど稼ぐエンジニアになった。
B社 30万円のプログラミングスクール
→通った結果月50万円を稼ぐエンジニアになれた。

また、プログラミング学習では90%以上の人が挫折すると言われているため、挫折しにくい仕組みや、サポートも大切です。

結局どっちがオススメ?

プログラミングスクールと独学、結局どっちがオススメなの?

オススメは、プログラミングスクールです。

プログラミングはスキルのレベルは人それぞれです。プログラミングはスキル次第で、稼ぐエンジニアと稼げないエンジニアに分かれます。
当然高いスキルをつければ、たくさん稼ぐことができるので、スクール代はすぐに返済できてしまいます。

独学はこんな人にオススメ

・時間がたくさんある人
・自分で地道に努力ができる人
・メンタルの強い人

このような人に独学はオススメです。
プログラミングスクールよりはスキル習得までに時間がかかるので、効率のいい勉強を意識しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はプログラミングスクールと独学を比較しました。

プログラミングは努力次第で月に100万円も目指せるスキルです。
必要なのは行動力です。頭の良さや学歴は関係なく、地道にコツコツ努力できる人は、エンジニアとして人生を変えることが可能です。
一歩踏み出しましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。