【立場別】社内の人間関係が憂鬱!ストレスフリーな関係を築くには?

皆さんは社内の人間関係が得意だ、良好な関係を築けていると感じていますか?実は多くの方が職場の人間関係に悩んでいて、あるアンケートでは半数以上の人が人間関係をきっかけに転職しているのです。

今回は

社内の人間関係を良好にする方法

を立場別でご紹介します!仕事内容は好きなのに、人間関係が憂鬱で気が向かないという方も多いはず。せっかく掴み取った仕事を、人間関係で諦めないようにしましょう。

社内の人間関係に悩んでいる人は多い

人間関係にとても満足しているのはたったの6%

この記事を読んでいる方の多くは、現状の社内の人間関係に満足していないはずです。

ですが安心してください!en転職が実施した「仕事での人間関係について」というアンケートでは、大変満足していると回答したのはたったの6%だったのです。

それ以外の割合は、満足している方が44%、不満がある方が33%、大変不満がある方が17%という結果でした。

この集計結果を満足している、していないの2つに分けても約半数の方は満足していないことになるのです。

多くが上司に関する悩み

またこのアンケートでは「誰との人間関係に悩んでいるか」という項目についても集計しており、その中で最も多いのが上司との人間関係でした。

上司との人間関係は会社に務める以上、必ず築かなければなりません。人間には合う、合わないがあるので、人によっては上司にあたる人物が苦手という方もいるでしょう。

上司との相性が悪いと、自分の評価や業務内容にも影響が出てくるので、できればよい関係を築いておきたいものです。

出典:en ミドルの転職 – ユーザーアンケート「仕事での人間関係について」

上手に人間関係を築くコツ

ではここからは実際に人間関係を上手く築くコツを紹介します。まずは人間関係の築き方の基礎について解説していきます。

ポイントは以下の通りです。

人間関係を築く際のポイント
・他人目線で考えて他人を尊重する
・相手が求めていることを考える
・嫌いというオーラを出さない
・全ての行動に思いやりを持つ
・会話を弾ませる動作を研究する

他人目線で考えて他人を尊重する

まずは一番大切な事「相手を尊重する」ということについて解説します。

よく自分のことを見下していて、小馬鹿にしたような態度をとる人間がいますが、そういう態度をとられたときにどう感じますか?多くの方が「失礼だな」と感じ、相手のことが嫌いになるはずです。

良好な人間関係を築きたいのであれば、まずは相手を尊重することから始めましょう。

初対面はもちろん、仲の良い友人と話す際も、相手のことを第一に考えて尊重するのが大切。この行動は相手に伝わりますし、何より相手も心地よいコミュニケーションを取れるでしょう。

一緒にいて心地よかったと感じさせることで、その後の関係もスムーズに築いていくことが出来るのです。

相手が求めていることを考える

相手を尊重すること以外にも相手を喜ばせたいのであれば、相手が求めていることをよく考えてみましょう。

親しい友人と話しているとき、相手がどことなく悲しげな様子だとしたら、自然と「どうしたの?」と話を聞こうとしますよね。

これを親しくない関係の間でも行うのです。相手は自分に何を求めていて、自分は相手のために何ができるのか熟考してみましょう。

嫌いというオーラを出さない

当たり前といえばそうですが、意外と「好き嫌い」をオーラや態度に出している人間は多いものです。私もよく嫌いが顔に出ると言われ、意識して気を付けるようにしています。

自分のことが嫌いという人間に好き好んで近づく人間はそう多くないはず。先述した2つのポイントを上手く行動に移せても「あなたのことはあまり好きではありません」というのが伝わってしまえば台無しです。

こういった感情は目や口に顕著に現れます。余裕がある方は鏡の前で表情の研究を行ってみると良いでしょう。.

全ての行動に思いやりを持つ

このポイントは既に紹介たものと少し重なりますが、相手に対して思いやりと気配りを行うのは大切なことです。

過度な気配りは逆効果ですが、さりげなく気配りができると本人の印象も良くなりますし、何より気を遣ってもらって悪く思う人間はいません。

どんな場面で役に立つのか、少し具体的に考えてみましょう。

例えば顔見知りの知人にすれ違いざまに声をかけるとき、相手は重い荷物を抱えていたとします。多くはあなたの声で足を止めてくれると思いますが、内心は早く目的地にたどり着きたいと考えているはずです。

この時長々と自分の話したいことを話すのか、重い荷物を持っている知人を気遣って手短に済ませるのか、これが気配りというものです。

時間に余裕があれば運ぶのを手伝うとさらに良好な関係が築けるでしょう。

会話を弾ませる動作を研究する

最後にコミュニケーションを円滑にさせる動作について紹介します。実は会話は声や話の内容だけでなく、それぞれが取る動作にもポイントがあります。

「自分の話をよく聞いている」と好印象を与えるのは、目を合わせる、頷く、前傾姿勢で話を聞くなどです。

対して「自分の話には興味がないのか」とネガティブな感情を抱かせる動作には、腕を組む、目を閉じる、鼻や髪を触るなどがあります。

少し想像してみると、先述した動作の方が良い印象を与えるのは明確ですよね。これは心理学でも発見されている動作で、人間は無意識のうちに心情が動作に現れているとされています。

完全にコントロールするのは難しいですが、相手の話にしっかりと意識を傾けて「聞こう」とすれば、後半の動作は出てこないはず。

【どれも読みやすい!】おすすめの自己啓発本12冊

【立場別】社内の人間関係の築き方

ではここからは実際に立場別での人間関係の築き方をご紹介します。同僚とは上手くいっているのに、上司とは上手くいかない。部下と同人間関係を築けばいいのか分からないなど、悩みは人それぞれです。

ぜひ項目別に自分の状況をあてはめて考えてみてくださいね。

上司と良好な人間関係を築くには

上司は自分に業務を振り分け、教育を行い、評価を定める、かなり重要な立ち位置におり、したがって接点も多くなります。

そんな上司と上手く関係性を築くには、「尊重する」ということを大切にしてみましょう。世の中にはいろんな人間がいて、それぞれ合う合わないがありますが、最初から拒絶してしまうのは絶対にNG。

先述した通り「嫌い」が相手に伝わり、関係はますます悪くなる一方です。まずは上司を尊重し、しっかり話を聞くようにしましょう。

注意
中にはあなたにだけ態度を変える幼い人間や、モラルに反することをしてくる人間がいますが、あまりにも非常識な場合は我慢してはいけません。会社側に異動願や、事実を報告しましょう。

同僚と良好な人間関係を築くには

同僚と良い人間関係を築くには「褒めること」を意識しましょう。敵の同僚を褒めるなんてと感じる方もいるかもしれませんが、同僚は敵でも、はたまた友達でもありません。

関係性であれば「同じ実力を持つ好敵手」を表すライバルが正しいのではないでしょうか。

人によってはどんどん昇進を狙っていきたいという人もいるでしょうから、同僚を観察し、良い部分を褒めて関係性を築きながら、その良い部分を自分のものにしていく。手法としてはかなり良いものだと思えませんか?

部下と良好な人間関係を築くには

上司や同僚よりも難しいのが、この部下との人間関係です。部下との人間関係を築く際に理想とされるのが「お互いに信頼し合う」ということ。

上司が一方的に恐怖で支配するのも、部下に見切りをつけて諦めてしまうのも、どちらもNGです。誰でも最初は仕事ができないものと割り切って、冷静に指導を行いましょう。

信頼関係が築ければ、こちらから仕事を任せる際も安心できますし、緊急事態が起こっても信頼のある上司にすぐに相談してくるはず。

指導することでより内容が整理され、業務の効率も上がってきます。相互に高め合う意識が大切ですね。

まとめ

今回は多くの方が悩みを抱える「職場の人間関係」について解説しました。

ポイントは様々ありますが、何よりも大切なのが「最初から相手に対して敬意を払う」ことです。これは決してへりくだれとか、そういうことを言っているわけではありません。

敬意を払わなければ、それが相手に明確に伝わるからです。ファーストタッチから関係性を築くことを意識し、自分で環境を整えていきましょう。

【仕事の将来が不安?】解消するための考え方を解説!