JavaScriptで配列に要素を追加・削除・結合する方法まとめ【初心者向け】

JavaScript初心者の方へ向けて、配列の基本的な操作について

・要素を追加する方法
・要素を削除する方法
・要素を置き換える方法
・結合する方法

をまとめました。

配列の操作に悩んだ時は、参考にしてみてください。

配列に要素を追加する

先頭に要素を追加【unshift】

unshiftは、先頭に要素を追加したい時に使います。

配列.unshift(追加する要素);

末尾に要素を追加【push】

pushは、末尾に要素を追加したい時に使います。

配列.push(追加する要素);

配列の要素を削除する

先頭の要素を削除【shift】

shiftは、先頭の要素を削除したい時に使います。

配列.shift();

末尾の要素を削除【pop】

popは、末尾の要素を削除したい時に使います。

配列.pop();

配列の要素を置き換える【splice】

spliceは、配列内の要素を別の要素に置き換えたい時に使います。

配列.splice(追加位置, 取り出す数, 要素1, 要素2, …)

追加位置に記述する値は、インデックス番号で指定します。
例えば2番目に追加したい場合は、「1」と記述します。

配列を結合する【concat】

concatは、複数の配列を一つに結合したい時に使います。結合して新しい配列を作り、結合に使ったもともとの配列は破壊しません。

配列1.concat(配列2, 配列3, …)

まとめ

以上、JavaScriptの配列の操作について、

・要素を追加する方法
・要素を削除する方法
・要素を置き換える方法
・結合する方法

をご紹介しました。配列の操作がわからなくなった時は、ぜひ参考にしてみてください。