JavaScriptで配列の長さを取得する方法と注意点【lengthプロパティ】

配列の長さを取得したいけど、どうやってやればいいのかわからない

というJavaScript初心者の方へ、

  • ・lengthプロパティで配列の長さを取得する方法
  • ・lengthプロパティで配列の要素を増減させる方法
  • ・lengthプロパティの注意点

をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

lengthプロパティで配列の長さを取得する

JavaScriptで配列の長さを取得するにはlengthプロパティを使用するだけでOKです。

書き方は以下の通り。

var 配列名.length;

とてもシンプルでわかりやすいですね。

では実際のコードを見てみましょう。

表示結果

3

このように、配列の中身が数値で返ってきます。

配列の長さを取得したい時は、ぜひ使ってみてくださいね。

lengthプロパティで配列の要素を増減させる

lengthプロパティに数値を指定することで、要素の数を増減させることもできます。

配列の要素の数を増やす

まずは要素の数を増やしてみます。以下の例を見てみましょう。

表示結果

(5)[‘まぐろ’, ‘はまち’, ‘たい’, empty × 2]

このように5を指定することで、もともと3つしかなかった配列の要素が5つに増えています。

配列の要素の数を減らす

次に要素の数を減らす場合です。

表示結果

(2)[‘まぐろ’, ‘はまち’]

このように2を指定することで、もともとあったはずの’たい’が削除され、要素が2つに減っています。

lengthプロパティの注意点

lengthプロパティを使う場合に注意しなければならない点があります。

lengthプロパティを使うことで配列の要素の数が取得できましたが、必ずしも要素の数ではない場合があります。

以下の例を見てみましょう。

表示結果

6

要素の数は4つしかないはずなのに、表示結果は6です。

これはなぜかというと、lengthプロパティで取得できる数は配列のインデックス番号の最大値+1だからです。

なので、arr3[5]でインデックス番号4を飛ばして5に値を入れたため、インデックス番号の最大値+1である6が表示されたというわけなのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

JavaScriptで配列の長さを取得する方法について、

  • ・lengthプロパティで配列の長さを取得する方法
  • ・lengthプロパティで配列の要素を増減させる方法
  • ・lengthプロパティの注意点

以上の3つの点からご紹介しました。

lengthプロパティを使えば、こんなに簡単に配列の長さが取得できるんです。配列の長さがうまく取得できなくて困った時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。