【PHP入門】echoによる文字列出力の方法と注意点を解説

みなさんは、PHPプログラミングで文字列を出力する際に使用される「echo」を正しく使えていますか?echo文は、汎用性の高い機能なので使い方をマスターすれば、PHPプログラミングの効率がアップします。

使い方自体は簡単ですが、ちょっとした注意点もあります。プログラミング初心者の方だけでなく、普段からechoを使っている人も確認の意味でも、ぜひご覧ください。

PHPにおけるecho文の使い方

PHPでは、echo文を使うことでブラウザに文字列を出力します。echo文の書き方は、次の通りです。

引数のパラメータには、出力したい文字列や変数などを指定します。また、複数の文字列や変数の値を連結する場合には、「,(カンマ)」か「.(ドット)」で区切る必要があります。

なお、echo文を使用する際に括弧は必要ありません。他とコードと差別化するためにも、括弧を使用せずに使うのが一般的です。

PHPでechoを使用して文字列を出力する

それでは、実際にechoを使って文字列を出力してみましょう。まずは、echoを使用して様々な文字列の出力例を紹介します。

出力結果
文字列:Output example
変数:Output hoge1 Output hoge2
配列:Output example1
複数文字列:Output example
ヒアドキュメント:
Output example

上記コードのように、echoの引数には様々な表現を用いることができます。なお、「echo ‘<br>’;」は、ブラウザ出力上での改行を意味します。

PHPでecho文を使うときの注意点

PHPプログラミングでecho文を使うときにはいくつかの注意点が存在します。そこで、主な注意点を紹介していきます。

  • 「’ ‘」と「” “」の使い方は違う
  • 特殊文字は「\」を使って表示する

それでは、各注意点について詳しくみていきましょう。

「’ ‘」と「” “」の使い方は違う

echo文では、「’ ‘(シングルクォーテーション)」以外にも、「” “(ダブルクォーテーション)」で囲むことでも、文字列の出力ができます。

そして、シングルクォーテーションとダブルクォーテーションの使い方には明確な違いがあります。

  • ‘ ‘(シングルクォーテーション):文字列をそのまま出力する
  • ” “(ダブルクォーテーション):変数や特殊文字も出力できる

シングルクォーテーションで囲まれた場合、変数や配列、特殊文字が含まれていた場合でも、全てを文字列として認識します。変数などを使った出力を行いたいのであれば、ダブルクォーテーションで囲むようにしましょう。

それでは、実際の出力結果の違いを確認してみましょう。

出力結果
1:$hoge
2:test

上記コードでは、変数hogeに文字列「test」を格納しました。変数をシングルクォーテーションで囲んだ場合、出力結果には変数名が表示されます。一方、ダブルクォーテーションで囲んだ場合には、変数に格納した文字列が出力されました。

特殊文字はエスケープシーケンスを使って表示する

プログラミングにおいて、特別な意味を持つ文字のことを「特殊文字」といいます。例えば、PHPのソースコード上で改行は、改行コードで記述します。しかし、この改行コードを文字列としてブラウザに出力しようと記述しても、ブラウザは改行コードを「改行」として認識してしまいます。

そのため、特殊文字を表示させるには、特殊文字の前に「エスケープシーケンス」を付ける必要があります。エスケープシーケンスを付けることで、文字列として出力したいことを、ブラウザに通知するのです。

なお、echo文では引数をシングルクォーテーション(’ ‘)で囲むことで、文字列として認識します。そのため、シングルクォーテーションを使用した場合にも、改行コードは文字列として出力されます。

PHPのechoとprintの違い

PHPのechoとprintは、どちらも文字列を出力する機能です。一見、同じような機能だと思われがちですが、実は使い方に違いがあります。

echoとprintの主な違いは次の通りです。

  • echoは複数の引数を指定可能だが、printは1つのみ
  • echoは文で、printは式
  • printは戻り値として1を返す

最大の違いは、指定できる引数の数でしょう。複雑な出力をする場合、echoは引数に各パラメータを組み合わせて表示することができます。しかし、printは出力する文字列を生成する手間が必要になります。

手間もかかりますが、コードの見やすさという観点からも、echoの方が使いやすいといえるでしょう。そのため、特に理由がないのであれば、printよりもechoを使うのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?PHPにおけるecho文の使い方について解説してきました。

echoは、文字列の出力はもちろんのこと、変数や配列に格納された値を出力することができます。思い通りに出力するには、複数文字列の連結や特殊文字のエスケープなどの機能を使える必要があります。

echoは、PHPプログラミングを学ぶのであれば必須ともいえる知識です。echoを使うには、いくつかの注意点はありますが難しくはありません。すぐに使い方をマスターできるでしょう。