エンジニアは不足している?これから目指す方向けに将来性を徹底解説!

「エンジニアって今不足しているの?」
「詳しい現状について知りたい」
「これからエンジニアを目指したいけどどうしたらいいの?」

このように、エンジニアの現状について気になっている方も多いのではないでしょうか。実際にエンジニアは不足しており、なんと2030年に約79万人ものIT人材が不足すると言われています。

今回に記事で、エンジニアの人手不足の現状やこれからの将来性についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

エンジニアは実際に不足しているの?

よく「エンジニア」は不足していると言われていますが、実際にエンジニアは不足しています。

経済産業省のデータをもとに解説していくので、実際の数字を参考にしながらエンジニア不足の現状を考えていきましょう。

2030年には約79万人のIT人材不足

2019年に調査された経済産業省のデータによると、2030年にはITの人材不足が約79万人になるとのことです。

 

右肩上がりでITの人材不足が試算されているため、このような背景から政府は、2020年から小学校でのプログラミング学習の必修化などの対策を行ったと考えられます。

IT人材で必要とされる分野とは

ITの人材全体が不足するとのことですが、やはり何よりも「エンジニア」が不足すると予想されます。

IT市場が伸びるにつれて、次々と新しいシステムやアプリケーションの開発が進んでします。それらを開発するのはやはりエンジニアなので、IT人材の中でもやはりエンジニアの需要は高いのです。

近年でエンジニアを目指す方は増えていますが、実際に現場で活躍するためにも、さらにこれからエンジニアを目指す人が増えると望ましいです。

なぜがIT人材が不足しているのか

なぜがIT人材が不足しているのか

先ほど少し述べましたが、IT産業はものすごい勢いで伸びています。他にもIT人材が不足している要因があるため、詳しくご紹介します。

  • IT業界の急成長
  • 少子高齢化
  • IT業界は変化が早い
  • 割りに合わない年収の低さ
  • IT業界に対するきついイメージ

上記のことが考えられます。現在IT業界に関するイメージとして、当てはまるのもがあったのではないでしょうか。

一つひとつの項目に対して、解説していきます。

IT業界の急成長

IT業界、IT市場の拡大によって、人材は不足しています。近年で急速に拡大したこともあり、この勢いはますます加速していくでしょう。

IT技術の導入によって事業が成り立っている業界は、とても幅広くあります。

例えば社員管理に関わるシステムの導入や、決済システムもIT業界によって大きく支えられています。このような幅広い分野でIT技術が関わっているため、「IT産業」は現在の生活には欠かすことができない分野なのです。

WebサイトやSNS、ゲーム、その他家電製品にもIT技術が欠かすことができないため、今後もITの需要が伸びるとともに、ITに関わる人材不足も心配されています。

少子高齢化

この問題はIT業界に限ったことではありませんが、少子高齢化の影響によって既存の社員は高齢化して退職し、新しい社員が入りにくいといった状態に陥っています。

定年の延長や再雇用などの対策をしているものの、これでは根本的な原因解決には至っていません。

IT業界がもっと活発になるためにも、少子高齢化問題は見過ごせないでしょう。

IT業界は変化が早い

IT業界はとても変化の早い業界です。2〜3年前の記述もすでに遅れているなんてことも考えられますので、市場のニーズに求めるためのサービスを提供できる人材が不足しがちになってしまうのです。

エンジニアもいま需要の高いプログラミング言語を習得しても、2〜3年後はすでに別の言語が盛り上がっていたなんてこともあるでしょう。

せっかく身につけた技術も、市場のニーズに合わなければ活かすことができないため、常に最新の情報を集めておくことが大切です。

割りに合わない年収の低さ

IT業界は一部の企業では、仕事内容に見合わない年収しかもらえないため、問題視されています。

なぜこのようなことが起きるかというと、IT業界は下請け企業が多いことが挙げられるからです例えばサービスの開発を依頼するクライアントから、二次下請け、三次下請けなど、下請けに出すたびに依頼料を中抜きされてしまうため、収入は下がってしまいます。

そのため仕事量の割には思うような収入がもらえず、割に合わないと感じた社員は辞めてしまい、IT人材が不足してしまうのです。

もちろん大手の企業や波に乗っているベンチャー企業では、高待遇も見られます。しかしまだ多くの職場がIT技術者を低賃金で扱う傾向があることを理解しておきましょう。

IT業界に対するきついイメージ

先ほどのIT業界の収入に関する問題もあり、IT業界は仕事に対する “きつい” というイメージがあり、挑戦しようとする人の割合が少ないことが特徴です。

現代のきつい仕事は「新3K」と呼ばれており、「きつい」「厳しい」「帰れない」など、他にもきつい、給料が安い、帰れないなどの組み合わせもされています。

こういったイメージから、新しくIT業界に参入しようとする人材が思いとどまってしまう理由になっています。そのため人材不足が続き仕事の環境も悪化し、ますます「新3K」が進行していくことになるのです。

エンジニアの将来性はあるのか

IT人材が不足している厳しい内容は理解できたでしょうか。

エンジニアを目指す方は今後の将来性について心配しているかもしれませんが、実際のところどうなのでしょうか。ここからはエンジニアを目指す方に向けて、今後の将来性についてまとめていきたいと思います。

結論から言って、エンジニアはものすごく将来性の高い仕事です。その理由は以下の3つとなっています。

  • 年収が高い
  • ITスキルは専門性が高く市場価値が高い
  • 独立しやすく自由な働き方を目指せる

年収が高い

先ほど年収の低さを人材不足の原因にあげましたが、頑張り次第でエンジニアは収入を上げることが出来ます。

求人ボックスの調査では、エンジニア(システムエンジニア)の平均年収は494万円。

全体としては高い傾向にあるため、生活の質を上げることができるでしょう。またディレクターやITコンサルタントなどの、上流の職種に移ることでさらに収入アップが期待できます。

ITスキルは専門性が高く市場価値が高い

ITスキルを持っている人は、市場価値が高いです。エンジニアも「プログラミングスキル」という市場価値の高いスキルを持っているため、今後転職をするにしても活躍できる幅は広いでしょう。

専門性の高いスキルを身につけることで、より活躍の場を広げられるためエンジニアの将来性は高いといえます。

独立しやすく自由な働き方を目指せる

エンジニアはフリーランスとして独立しやすく、またパソコンとネットワーク環境があれば仕事できるため、他の仕事と比較しても自由な働き方を目指すことが可能です。

企業に就職するにせよ、場合によっては自宅で仕事ができることもあるでしょう。

フリーランスとして独立する際は、「フリーランスエージェント」なども活用することで、より独立がしやすく収入も安定します。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、エンジニアの不足についてご紹介しました。実際に不足しているのですが、逆に今後の将来性は高い仕事です。

しっかりとプログラミングスキルを身につけ実務経験を積むことで、エンジニアとして活躍できます。プログラミングに興味がある方は、ぜひ挑戦してみましょう。