PHPで文字列をHTMLに出力する方法を解説【初心者向け】

PHPを使えば、変数に格納した文字列をHTMLに出力することができます。最も広く使われているのが「echo」を使った方法ですが、他にも方法はあります。

そこで今回は、PHPで文字列をHTMLに出力する方法について解説していきます。これからPHPプログラミングを学ぶ人にとっては、必須となる知識なので、この機会にぜひご覧ください。

PHPは変数に格納した文字列をHTMLに出力できる

PHPを使えば、変数に格納した文字列をHTMLに出力できるようになります。
HTMLでPHPで定義した文字列を出力する方法は、次の通りです。

出力結果
PHPで定義した変数値は「あああ」です。

上記コードでは、変数hogeに格納された文字列を、HTMLとして表示しています。

また、PHPで定義する変数の値に、HTMLタグを格納して出力することもできます。

出力結果
PHPで定義した変数値は「 あああ 」です。

上記コードでは、変数hogeに格納された文字列を、HTMLとして赤文字で表示しています。PHPのechoで出力することにより、タグの部分も通常のHTMLタグとして認識され、通常のHTML同様の表示結果が得られます。

HTMLはプログラミング言語ではなく、マークアップ言語です。マークアップ言語とは、Webサイトなどのコンテンツに、構造を指定する言語です。言ってしまえば、サイトの設計図のようなものなので、HTML単体でプログラム処理を行うことはできません。

そのため、文字列の操作などといった、Webサイト側の処理が必要な場合には、PHPやJavaScriptなどのプログラミング言語が利用されます。

PHPで文字列をHTMLに出力する方法

PHPで定義した文字列をHTMLソースとして表示する方法は、「echo」以外にも存在します。また、echoを使う際にもいくつか注意点があります。

そこで、PHPを使ってHTMLに文字列を出力する方法について詳しく紹介していきます。

echoを使って出力する方法

echoでは、文字列や変数、配列、特殊文字を複数組み合わせた結果の出力ができます。そのため、工夫次第で、かなり自由度の高い文字列を出力することもできます。

それでは、echoの使い方を詳しくみていきましょう。

複数の値を出力する

echoは、「,(カンマ)」か「.(ドット)」を使って、一度に複数の値を出力できるのが特徴です。

出力結果
123123123

上記コードでは、変数hogeの値を3回繰り返して出力しました。

引用符で囲って出力する

echoは「‘ ‘(シングルクォート)」と「” “(ダブルクォート)」の引用符で文字列を囲むことで、出力する際の処理が変わります。各引用符の違いは次の通りです。

  • ‘ ‘(シングルクォート):全て文字列として出力する
  • ” “(ダブルクォート):変数・配列の値の出力や、特殊文字を出力する

それでは、実際の処理の違いを確認してみましょう。

出力結果
$hoge
あああ

上記コードの通り、変数hogeをシングルクォートで囲んだ場合、変数値は出力されず、変数名を文字列として出力しました。一方、変数hogeをダブルクォートで囲んだ場合には、変数値が出力されました。

複数行にわたって出力する

echoは文字列を一行だけでなく、複数行にわたって出力することもできます。

出力結果
あああ
いいい
ううう

一行ごとにecho文を記述する必要がないのでわかりやすくていいですね。

特殊文字を出力する

特殊文字を文字列として出力する場合には、特殊文字の前に「\(エスケープシーケンス)」を記述します。

出力結果
あああ いいい
あああ\tいいい
あああ\tいいい

出力結果を確認してみると、エスケープシーケンスを使わなかったecho文の\t」はタブと認識されていますが、エスケープシーケンスを使ったecho文では文字列として出力されています。

なお、シングルクォートで囲んだ場合は、全てを文字列として認識するので、特殊文字もただの文字列として出力されます。

printを使って出力する方法

PHPでは、printを使ってHTMLに文字列を出力することもできます。機能はechoと大差はありませんが、printは複数の値をつなげた出力ができません。一方、printには戻り値があり、1を返します。

それでは、printの使い方を詳しくみていきましょう。

出力結果
あああ
1

上記の通り、使い方的にはechoとほとんど同じです。

ただし、前述した通り、複数の文字列を組み合わせて出力することはできません。正直なところechoの方が制限なく使えて、扱いやすい機能です。printは、戻り値を確認したい場合にのみ、利用するのがおすすめです。

ヒアドキュメントを使って出力する方法

PHPでは、ヒアドキュメントという方法を使って、HTMLに文字列を出力することもできます。

ヒアドキュメントは、HTMLのように文字を入力するだけで、引用符やエスケープシーケンスを気にせずに記述することができます。

それでは、ヒアドキュメントの使い方を詳しくみていきましょう。

出力結果
1:あああ
2:いいい
3:ううう

ヒアドキュメントの有効範囲は、IDに挟まれたエリアです。上記コードであれば「EOM」に挟まれた範囲です。ヒアドキュメントには、IDの命名や構文の書き方にルールがあります。どうしても使わなければならない機能でもないので、あまり使われる機会のない機能ではあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、PHPを使ってHTMLに文字列を出力する方法について紹介してきました。

文字列を出力する主な方法は「echo」「print」「ヒアドキュメント」の3つです。各機能とも一長一短はありますが、最も広く利用されている「echo」が一番扱いやすいといえます。

まずは「echo」の使い方をしっかりと理解して、必要に応じて、別の機能と使い分けすると良いでしょう。