未経験・初心者向け「DBのテーブル設計鬼練5〜Twitterのユーザー情報を洗い出そう〜」

ここでは、初心者から実践的に学べるプログラミングスクール「ウェブカツ!!」WEBサービス部を受講している生徒の方向けにさらに「データベースのテーブル設計」についての理解度を上げるため特訓をしていきます。

ここでは「MySQL」を題材にします。

DBのテーブル設計鬼練5:Twitterのユーザー情報を洗い出そう

問題

サービスでの登場人物が分かるようになったところで

 

「サービスで必要な情報の洗い出し」

 

を行いましょう。

下記の問題に答えてください。

Twitterのユーザー情報を洗い出してください。

実際にはめちゃくちゃ登録されている情報は多いので「ユーザー登録」の時の

・名前

・email

・パスワード

と「プロフィール編集」で扱われる項目だけを洗い出してください。

ヒント

実際にTwitterを調べるしかない。

答え

答えは

  1. 電話番号
  2. email
  3. パスワード
  4. 名前
  5. 背景画像
  6. メイン画像
  7. 自己紹介
  8. 場所
  9. ウェブサイトURL
  10. 生年月日

ですね。(2019/08/16時点でなので、変わってたら適宜読み替えてもらえれば)

 

実際にDBに保存するには「画像」はそのまま保存できないので(画像サイズが小さければ「base64」というものでやれないこともないけどまずやる事はない)、画像はサーバーのどっかのディレクトリに置いといてDBには「その画像のパス」を保存するんでしたね。

なので、実際DBに保存する項目は

  1. 電話番号
  2. email
  3. パスワード
  4. 名前
  5. 背景画像パス
  6. メイン画像パス
  7. 自己紹介
  8. 場所
  9. ウェブサイトURL
  10. 生年月日

になりますね。