転職はやっぱり難しい!?【30代転職で失敗しない方法】

  • 「30代で転職したいけど転職先が見つかるか不安」
  • 「転職できても良い環境で働けるのかなあ」

こんな悩みはありませんか?

この記事では30代での転職は難しいのか、失敗しないためにはなにが必要なのかを紹介します。30代でも転職を成功させて、今のライフスタイルが改善する方法をお伝えしますので、是非最後までご覧ください。

30代での転職は難しい?

この記事を読んでる人は「今の仕事より向いてる職種があるかもしれない」「もっとちゃんと評価してくれるところで働きたい!」など何かしらの理由で転職を考えている人もたくさんいるのではないでしょうか。

30代の転職と言ったら一見不利なイメージが目立ちますが、本当にそうでしょうか?実際、ここ何年か中途採用に力を入れてる企業が増えてきてます。

人材育成にお金をかけたく無いため、即戦力になる中途採用に力を入れている企業が多いのです。そのため全く未経験の職種というのは少し厳しい傾向にあります。

「35歳が転職の限界」というのは聞いたことありますか?同じ30代でも前半と後半でだいぶ転職に対しての差があります。転職したい理由によっては今の会社で解決できることもありますので、まず、よく考え直してみることも大切です

30代の転職は厳しいですが、即戦力なら積極的に採用している企業もあるので、スキルを身に付けた上での転職なら可能性は十分にあります。

30代で転職を成功させるのに必要なこと

30代の転職を成功させるのに必要なことは、「何ができるか」を明確にすることです。

「資格」は取得までの努力のアピールはできますが、持っていても生かされなければ意味がありません。それよりも今までの仕事で培ってきた「スキル」が転職には重要です。

転職したい企業の求めているスキルと自分にできることの自己分析をしっかり把握することが一番大切。未経験の職種であってもビジネスマナー、コミュニケーションスキル、マネジメントスキル、統率力、交渉力、営業力、決断力これらはどこでも高く評価されます。

また転職活動期間について、長期戦も考えなければなりません。貯蓄面のリスクを回避するためにも、在職中に転職先を決めるようにし、しっかりスケジュールを組んで行動しましょう。

30代転職で失敗する人の特徴5選

転職に失敗する人の多くに共通する特徴があります。転職に失敗する人の特徴は以下の5つです。

  • 転職理由が曖昧
  • 逃げで転職を決める
  • 自身過剰または自身が無さすぎる
  • 条件をこだわりすぎる
  • 経済的に厳しくなる

一つずつ解説していきます。

転職理由が曖昧

失敗する人の特徴一つ目は、「転職理由が曖昧」です。自分の意思でしっかり考えて行動しないと、転職先の面接で失敗する確率が高いばかりか、少しの不満で転職を繰り返してしまうことになりかねません。

同期が転職したり、周りに転職している人が多いから自分もしなくてはいけない衝動にかられるかもれません。しかし、そんな曖昧な理由で転職をしてしまうと失敗する可能性が高くなるのです。

現状から逃げるために転職を決める

失敗する人の特徴二つ目は、「現状から逃げるために転職を決める」です。もちろん今の職場が精神的に辛すぎる、肉体的にも負担がかかりすぎるなどの場合は無理をせず、転職を考えることもすべきです。

しかし「人間関係が無理」「給料が安すぎる」などの理由ですぐに転職と決めるのは勿体ないです。不満に対して向き合い、改善策を練ったり、努力を怠ったりしている場合、転職はただの「逃げ」になってしまいます。

この場合新しい職に就いてもやはり転職を繰り返すことになってしまう危険があります。「退職理由」は転職先面接ですごく重要視されますので、しっかり考えてまとめておきましょう。

自信過剰または自信がなさすぎる

失敗する人の特徴三つ目は、「自信過剰または自信がなさすぎる」ことです。30代でキャリアを積んでいると経験から来る自信やプライドもついてきます。

30代を中途採用したい企業は即戦力を期待していますので、自信を持っている方は理想です。しかし新しい職場では「新人」です。年下の上司もいるでしょう。

謙虚さを持って挑まなければ、仕事上、人間関係上うまくいかなくなってしまいます。また謙虚すぎて自信がなさすぎるというのも、完全にNGです。今までのキャリアに自信を持ってアピールポイントを考えておきましょう。

条件へのこだわりが強すぎる

失敗する人の特徴四つ目は、「条件へのこだわりが強すぎる」です。30代でなかなか転職先が見つからないと思った際、年齢の問題ではなく、自分の探している条件が厳しすぎる可能性があります。

条件が多ければ多いほど当然仕事は見つかりづらくなります。ですが妥協しすぎもよくありませんから「絶対譲れない条件」を何点か決めておきましょう。

妥協できる順に整理して探してください。条件にこだわりすぎて本当はいい縁だった職場を逃してしまうかもしれません。

経済的に厳しくなる

失敗する人の特徴五つ目は、「経済的に厳しくなる」です。転職活動は大抵1ヶ月半から3ヶ月。場合によっては1年以上かかることがあります。

転職は長期戦も考えなくてはいけませんので、計画を立てることが必須です。かといって時間が取れず転職活動に集中できないといって、やめてしまう方もいます。

無収入が続き路頭に迷わないよう、特にご家族がいる方はよく話し合って準備をしましょう。

30代転職で失敗しない会社選びのポイント3選

これから転職しようと思っている人は、今の会社に不満があるはずです。せっかく転職するなら、絶対に失敗したくないですよね。

ここでは、30代で失敗しない会社選びのポイントを3つ紹介します。

  • 業績が好調な企業
  • 外資系企業
  • 急募採用

それぞれ解説していきます。

業績が好調な企業

転職すると半数以上は給料が減少してのスタートです。企業に利益がないと昇給も頻繁にない場合がほとんどですし、残業があったりで労働環境が良くないことが多いです。

コロナの影響で倒産する会社が多い中、業績が好調な企業は、今後も伸びていく可能性が高いです。失敗したくないのであれば、しっかり企業の分析を行い、業績が好調な企業を選びましょう。

外資系企業

外資系企業は、日本の企業より「実力重視」主義なので今までのキャリアに自信を持っている方、高いスキルを持ってる方にはおすすめです。

外資系企業は、ハードワークですが、実力次第で一気に給料があがる可能性があります。

急募採用

欠員、人手不足で今すぐ人材が欲しい場合、高めの給料設定をしている場合が多く、好条件で転職できる可能性が高いです。

自分が志望している職種で急募採用が無いか、チェックしておきましょう。

30代転職で失敗しないために

転職に失敗しないための方法として、転職サイト・エージェントを使う方法をおすすめします。転職サイトを使えば、専門家の意見を聞きながら転職活動ができるからです。

30代で未経験の職種への転職はかなり厳しくなっているので、同じ業界の会社に勤めることを強くお勧めsいます。異種への転職でも今までの経験が生かされる職種なら別。

転職者に対して企業が求めることの一つとして、途中から入って「会社に馴染めるか」も重要視されます。どこでもやっていけますというアピールと同時に、前もって転職先の社風をチェックしとくといいですね。

まとめ

いかがでしたか。この記事では、30代での転職は難しいのか?転職で失敗しないための方法について解説しました。これから転職を考えている人は是非参考にして、転職を成功させてくださいね。