広告ディレクターとは?必要になるスキルや働くメリットについて紹介

広告ディレクターという仕事を聞いたことはありませんか?広告業界に興味がある方は、広告ディレクターになりたいと考えることがあるでしょう。

広告ディレクターになるには、身に付けることが多いですが、メリットやデメリットも把握している必要があります。

そこで今回、広告ディレクターの

・スキル
・メリット
・デメリット

について説明していきます。

広告ディレクターとは?

広告ディレクターは、クリエイティブディレクターとも呼ばれ、広告の企画の段階から制作の業務の指揮を取ります。

広告の作成に関わる

・webデザイナー
・webライター

といった職業の方々の進捗状況やクオリティなどを見て納期に間に合うように対応していきます。広告のボリュームが大きさや企業の規模によっては、数人で指揮を取るケースも少なくはありません。クリエイティブディレクターの腕次第で、広告の出来も影響しますが、その分やりがいもあります。

webデザイナーの仕事を知りたい方はこちらを合わせて読んでみてください。
Webデザイナーの収入はどのくらい?仕事内容や労働環境についても解説! Webデザイナーの収入はどのくらい?仕事内容や労働環境についても解説!

また、広告に関わるwebライターに興味がある方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。
収入はどれくらいもらえるの? Webライターの仕事内容とは?収入や必要スキルを解説!

広告ディレクターに必要なスキル

これから紹介するスキルを身に付けていないと広告ディレクターとして働くのは難しいです。どのようなスキルが求められるのか詳しく説明していきます。

マネジメント

マネジメントとは、目標を設定して達成するためにどのように行動するのか考え指示を与えることです。

広告の納品には基本複数の方が関わってくるので、

・指示を細かく出して働きやすくする
・ツールを使ってやり取りを密にする

といったことを行い、目標に向かって働きやすくします。目標の設定が曖昧だったり、フィードバックをしっかり出来ないとクオリティが低くなるだけでなく、広告の納品に携わる方たちに大きな負担をかけてしまいます。

つまり、マネジメントのスキル次第で働きやすさや目標を達成出来るかが決まるということです。

コミュニケーション能力

広告ディレクターは、スケジュールを伝えるなど多くの人と関わる仕事なので、相手が理解できるように伝達する高いコミュニケーション能力を要求されます。説明の仕方が悪いと相手に間違った認識を与えてしまう恐れがあり、仕事の効率だけでなくトラブルを招く可能性も高いです。

指揮をする仕事ほど責任が重くなっていくので、誰に説明をしても問題なく伝えられる力をしっかりと身に付けることが必要です。

スケジュール管理

クライアントから依頼された広告を納期までに納品できるように、仕事に携わる方達も含めたスケジュール管理をする能力が必要です。

自分の予定を考えるのにも苦労しますが、他の方達のことも考えるのは非常に大変です。しかし、スケジュール管理をしないと体調不良が出たときや変更があったときなど、トラブルがあった場合対応が遅れてしまいやすくなります。

スケジュール管理は、問題なく広告を納品するために行わなければいけないことです。指揮をする広告ディレクターほど高い能力を要求されます。

広告ディレクターになるために必要なこと!

広告ディレクターは、紹介したスキルを身に付けることに加えて、

・プロジェクトリーダー経験
・広告業界の知識

も必要になります。何故なくてはいけないのか説明していきます。

プロジェクトリーダー経験

プロジェクトリーダーになった経験がないと広告ディレクターとして働くのは難しいです。例えば、広告のデザインを担当している場合、技量やセンスが求められますが、基本リーダーからの指示に従って制作していきます。要求通りのデザインが出来上がれば仕事が終わります。

しかし、リーダー側は指示を送ったり、制作したものを確認して問題ないか判断するなど、プロジェクトを成功させるために効率的に行動しなければいけません。多くの方の指揮を取るには、実際に行った経験がないと難しいです。

つまり、広告ディレクターになるためには、チームを率いた経験が求められるということです。

広告業界の知識

広告ディレクターは、指揮をする経験も十分必要なことですが、広告業界の仕事を理解しないといけません。広告の制作に携わっている方の仕事について知らないと指示を送れないからです。例えば、サイトを構築するコーディングを確認しても、知識や技術を持っていないと「何が良いのか」「どこを修正するのか」など、評価が出来ません。

つまり、スキルや経験だけでなく広告業界の仕事について知識を蓄える必要もあるということです。

サイト制作は、独学でも覚えることは可能です。しかし、プログラミングスクールに通う方が、一人で学ぶより多くの知識や技術を得られます。教えてくれる教師は、現場で働いたことがある方やプログラミングスキルが高い方なので、分からないことを早く解決しやすいですよ。

広告ディレクターになるメリット

広告ディレクターになることで得られるメリットについて説明していきます。

広告ディレクターは収入が高い傾向にある

クリエイティブディレクターとも呼ばれる広告ディレクターの平均年収は、求人ボックス給料ナビのデータによると約497万円です。

出典:求人ボックス給料ナビ|クリエイティブディレクターの仕事の年収・時給・給料情報

高いスキルを求められる分得られる給与も高くなります。経験を積みベテランになることで、1,000万円以上の年収でクライアントと結ぶことも可能です。将来稼ぎたいと考えている方にとって魅力的な職業でしょう。

人脈を広げられる

指揮をする側の職業なので、自然に人と関わる機会が多いです。広告ディレクターの場合は、ディレクターの中でもweb制作関係の方とコミュニケーションを取ることになります。

広告ディレクターの仕事をこなしていくことで、web制作会社の代表取締役など多くの方とつながりを得ることができます。人脈を広がると、再度取引をする機会や新たなクライアントを紹介してもらうなど、仕事のチャンスが増えていきます。

広告ディレクターになるデメリット

広告ディレクターになると生じるデメリットについて説明していきます。

広告の進捗状況に応じて勤務時間が変わる

広告ディレクターは、納品する広告の進捗状況に応じて勤務時間が変わっていきます。スケジュール通り作業が順調に進んでいれば問題はありませんが、仕事はそう上手くはいかないものです。

トラブルが発生したときには、スケジュールの見直しや予定の変更による連絡など、対応しなければいけません。状況の変化に応じて勤務時間が増えたり、休日にも業務を行うこともあります。

契約以上の業務を任されることもある

広告ディレクターの業務範囲は元々広いですが、クライアントの要望によっては契約以上の業務を任されるケースがあります。契約以上の業務を行うということは、報酬が変わらずに対応するということです。

契約の時点で契約以上の仕事をする場合について決めておかなければ、損をする可能性があります。損をせず納得のいく仕事をするには、まず契約内容をしっかりと確認を行うことです。曖昧なまま契約をしないように気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回広告ディレクターに必要なスキル、働くメリットやデメリットについてご紹介していきました。この記事が広告ディレクターになりたいと考えている方のために役立てれば幸いです。