【スマホで完結】HTMLをスマホアプリで学習する方法を徹底解説

プログラミングをアプリで学習したい」

「スキマ時間を使って効率よくプログラミングを勉強したい」

そう思う方も多いのではないのでしょうか。

特にHTMLはプログラミングが初めての方も学習しやすく、習得しやすい言語です。HTMLを習得するとWebサイトを制作したり、自分のできることの幅が広がりますのでとても楽しいですよ!

この記事では、

HTML などのプログラミングをスマホアプリで学習する方法

についてまとめてみたいと思います!

これからプログラミングについて学習していきたい方や、スマホアプリでお手軽に学習したい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スマホアプリでプログラミングを学べるの?

結論から言って、全く問題ありません。

プログラミングといえばソースコードをパソコンで入力するイメージがあるかと思いますが、スマホでもそれが可能です。

しかし、プログラミング言語をスマホアプリで学習する場合は、ソースコードを書けないこともないですが、操作に手間がかかる為ものすごく効率が悪くなってしまいます。ではどうやって学習するかというと、最初から書かれているコードを並び替えて文法を覚えたり、動画などを見て学習するという方法が一般的ですね。

もちろん本格的に学習をするのであればパソコンで学習をした方がいいのですが、手軽に学習を始めたいのであればスマホアプリから入ってみることをおすすめします!!

HTMLを学ぶためのアプリまとめ

では実際に、HTMLなどのプログラミングを学ぶためのスマホアプリをまとめていきます!

アプリだけでもしっかりと知識を得ることができますので、何度も見直して確実に覚えていきましょう。

プロゲート

 

プログラミング学習を始めるのであれば、まずはこの「Progate」がおすすめ。

問題を解くごとにレベルが上がるなど、ゲーム感覚で学習ができるので楽しくプログラミング学習ができますね。

HTMLはもちろん、CSSやJavaScript、Ruby、PHPなどなど、様々なプログラミング言語を学ぶことができますよ。自分のペースで繰り返し学習して、しっかりと知識を身につけていきましょう!

ウデミー

Udemyはアメリカ発祥のオンライン学習プラットフォームで、全世界で2,400万人以上が利用し、80,000以上のビデオ講座があります。

プログラミング関連の講座もたくさんあるため、自分に合いそうな講座を選んで学習できるところが何よりのポイント。HTMLとCSSの基本的な内容の講座から、CSSだけに特化したものやWebデザイナーを目指すための本格的なものまで揃っています。

Schoo

 

Schooは講師たちの授業を、生放送で視聴できる動画学習サービスです。

大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ”というだけあって、コメント機能などの講師との距離を近く感じられるための機能がとても魅力的ですので、わからないところは直接質問してみるのもありですね。

ストアカ

 

ストアカは講師たちの講義を、動画形式で学習できるサービスです。

Schooと同様にリアルタイムで講義動画を見ることができますので、可能であれば直接講師の方に質問をしてみると良いでしょう。

オンラインで講義を視聴できるのはとても便利ですよね。プログラミング関連の講義をたくさん受講し、知識を身につけていきましょう!

Solo Learn

Solo LearnはHTMLはもちろん、PythonやSQL、JavaScript、Swiftなど幅広い言語の学習に対応したサービスです。

問題がわからない場合は「掲示板」を使って他のユーザーに質問することができますので、途中でつまずきにくい状態で学習を進めることができます。ただ一点、日本語に対応していないことが難点ですが調べながら学習するので英語も覚えることができますね。

Programming Hub: Learn to code

 

Programming Hub: Learn to codeも残念ながら日本語対応はしていません。しかしかんたんな英語しか使われていないので、無理なくプログラミング学習に取り組むことができると言えます。

プログラミングはもともと英語の単語の組み合わせですので、初めから英語で学習を進めた方が力がつくかもしれませんね。本格的なコーディングができますので、しっかりとスマホアプリで力をつけていきましょう!

HTMLをスマホアプリで学習するメリット・デメリット

ここまでで、

HTML などのプログラミングをスマホアプリで学習する方法

上記をお分かりいただけたでしょうか?

スマホアプリで学習できるのはとても便利ですので、ぜひみなさん活用していきましょう。そしてこれらについて、「メリット」と「デメリット」を解説していきますので参考にしてみてくださいね。

スマホアプリで学習するメリット

まずはメリットからですね。具体的には以下の通りです。

  • 簡単に学習を始められる
  • 空いた時間に学習できる
  • 初心者でもはじめやすい

簡単に学習を始められる

スマホアプリで学習することができますので、パソコンを持っていない方でも学習を始めることができます。パソコンは持っていなくても、みなさんスマホは持っているでしょうからこれは嬉しいですね。

空いた時間に学習できる

スマホアプリで学習できるということは、移動中や休憩時間、家事などの合間など、手軽に学習ができるのがポイントです。空いた時間を有効活用し、あなたのスキルアップをしていきましょう!

初心者でもはじめやすい

スマホアプリで学習する内容は、比較的プログラミング初心者の方でも理解しやすい内容となっています。もちろん深い内容も学ぶことはできますが、いきなり初心者の方がつまずいてしまっては意味がないですからね。初心者にも分かりやすい内容で、しっかりと基礎知識を身につけていきましょう!

スマホアプリで学習するデメリット

デメリットとしては、具体的には以下の通りです。

  • コードが書けない or 書きにくい

パソコンと違ってスマホは、文字の入力がしにくいですよね。

実際にコードを書くとなるとやはりパソコンのキーボードを使って入力したほうが早いですし、入力しやすいです。

スマホアプリで学習する際は、こういったデメリットもあることを理解しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、

HTML などのプログラミングをスマホアプリで学習する方法

についてまとめてみました!

実際に私も、最初はスマホアプリでの学習から始めてからパソコンでの学習に切り替えました。

スマホアプリで学習することは初心者の方にはとてもおすすめです。「プログラミングはどんなものか」というのをまず知ることができますので、興味を持ったらその先どんどん学習のペースを上げていきましょう。

プログラミングを覚えると、Webサイトの制作やアプリの開発など、できることの幅が一気に広がり楽しくなります。覚えるまでは大変かもしれませんが、しっかりとキャリアアップも目指せるのでぜひ挑戦してみてくださいね!