【徹底解説】ITエンジニアに将来性はあるか?

ITエンジニアの将来性について不安がある方が多いようです。また、一方で現代のIT化の流れ及びIT技術の日進月歩での発展により将来は安泰と考えている方もいるようですが、実際はどうでしょうか。

今回は、ITエンジニアとは?という基本の部分からITエンジニアの種類、年収、将来性についてなど、ITエンジニアについて深堀していきます。

ITエンジニアになる事を考えている方、現在ITエンジニアで将来の事を考えている方は是非読んでみてください。

ITエンジニアとは


ITエンジニアとはIT(Information Technology)を使いこなすソフトウェアや情報システムの技術者の総称です。エンジニアという言葉の響きから理系の人の仕事だと思われがちですが、ITエンジニアに関しては文系の方もなりやすい職業です。

ITエンジニアはコンピューターに詳しければいいという訳では無く、文章力や他の人とのコミュニケーション能力も必要です。要するにコンピューターが好きと言う方や興味があるという方であればITエンジニアを目指すことが可能です。

現代ではパソコンやスマートフォンはもちろん、スマート家電やAI、VRなど次々と新しいデジタル技術が生まれITエンジニアの重要性が高まっています。

ITエンジニアは役割などによって呼び名が変わります。

システムエンジニア(SE)やプログラマーはよく耳にするでしょうが、他にも開発エンジニア、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニアなど職種によって仕事内容や年収が変わります。

ITエンジニアの種類、年収

ITエンジニアと一口に言っても実際はいろいろな職種があり、それぞれが専門的な分野で活躍されています。
ここではそれらを一つずつ見ていきましょう。

システムエンジニア(SE)

ITエンジニアと言われてまず思い浮かぶのが、このシステムエンジニアだと思います。
システムエンジニアは顧客の希望を聞き、システムの設計から開発、テストを一貫して行います。
システムエンジニアの役割はシステム全体を見て大まかな設計を行う事で顧客の要望を分析し明確にして開発を進めシステムの仕様を確定する事です。

顧客の要望に応じながらシステムを作っていくのでコミュニケーション能力は必須です。更にプログラマーに対し計画書を通して顧客の要望を正確に伝えなければならないので文章能力も必要です。文系出身者が意外と多いと言うのはこういった事が理由でもあります。システムエンジニアは技術面だけではなく、あらゆる面の能力が必要な仕事です。

システムエンジニアの年収は?

システムエンジニアの平均年収は約550万円となっております。

年代別平均年収は下記の通りです。

  • 20代前半・・・314万円
  • 20代後半・・・391万円
  • 30代前半・・・429万円
  • 30代後半・・・490万円
  • 40代前半・・・550万円
  • 40代後半・・・616万円
  • 50代前半・・・660万円
  • 50代後半・・・655万円
  • 60代前半・・・446万円

出典:e-stat|賃金構造基本統計調査

50代前半が収入のピークとなっています。

プログラマー(PG)

プログラマーはシステムエンジニアが設計したシステムやアプリーケーションを様々なプログラミングの言語を使ってソフトウェアやアプリケーション、システムをプログラミングする技術職です。
プログラミングの技術はもちろん必要ですが、システムを構築したりプログラムの修正を担当するため、フレームワークやデーターベース処理、ネットワーク接続についての知識も必要です。

プログラマーの平均年収は?

プログラマーの平均年収は約400万円となっております。

年代別平均年収は下記の通りです。

  • 20代前半・・・300万円
  • 20代後半・・・390万円
  • 30代前半・・・422万円
  • 30代後半・・・455万円
  • 40代前半・・・475万円
  • 40代後半・・・516万円
  • 50代前半・・・520万円

出典:e-stat|賃金構造基本統計調査

やはり50代前半が収入のピークです。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとはシステムの運用を行っているサーバーコンピューターの設計や構築(設計)やそれらの保守作業を行う職種です。

サーバーエンジニアはシステムを順調に運用できるようにそれぞれの機器に対し適切なOSやアプリケーションの選定、CPU、メモリのスペックの調整も行います。更には電源利用量、コストバランスなども考慮しながら設計します。

実際のサーバーの運用、保守では定期的なログデーターを観測し、そのデータを元に改良や管理を行います。他にもサーバー障害が発生した場合は早急に原因を見つけ出し復旧を行ったり、サーバー障害やセキュリティ攻撃の対応として24時間体制でサーバーの監視を行いそのサーバーの運用を任される事もあります。

サーバーエンジニアの年収は?

サーバーエンジニアの平均年収は467万円となっております。

年代別平均年収は下記の通りです。

  • 20代・・・385万円
  • 30代・・・518万円
  • 40代・・・602万円
  • 50代以上・・・654万円

出典:国税庁|民間給与実態統計調査

40代以上で600万円台となります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワークの設計や構築、開発、運用、保守などを行う職種です。

作業自体はシステムエンジニアと近いですが、システムエンジニアはコンピューター内のシステムを作る事が仕事ですが、ネットワークエンジニアは複数のコンピューターを繋げるネットワークを構築しますセキュリティ、OS、サーバーなど幅広い知識が必要となります。

構築の際はコストの無駄を省き問題点改善のために、最新の製品や技術の知識も必要です。また、運用や保守作業の際も障害を復旧させるためにネットワーク全体を見渡し幅広い知識が必要となります。

ネットワークエンジニアの年収は?

ネットワークエンジニアの平均年収は450万円となっております。

年代別平均年収は下記の通りです。

  • 20代・・・373万円
  • 30代・・・518万円
  • 40代・・・613万円
  • 50代・・・654万円

出典:doda|職種別平均年収ランキング

もちろんキャリアやスキルがあればこれよりも高くなります。

未経験者がITエンジニアになる方法


IT業界に興味があり、将来を見据えITエンジニアになりたい方も多いと思います。ここからは現在まで未経験ではあるものの将来ITエンジニアになるための方法を見ていきましょう。

専門学校や大学に進学

IT関係の求人の需要が高まってくるのと同時に、人材を育成する専門学校、オンラインスクール、大学も増えてきました。これらの学校に通うメリットとしては現場で必須なプログラミング言語はもちろん最先端の情報技術やコンピューターサイエンスの理論も学べると言う事です。
また、学習中に疑問が発生した場合独学と異なり、すぐに質問する事が出来るので挫折しにくい点もメリットです。

但し、オンラインスクールの場合プロのインストラクターがそばにおらず、一人で学習する形となるのでモチベーションの維持が難しく途中でやめてしまう割合が非常に高いと言われています。

尚、多くの学校で就職活動の手助けをしてくれますので、卒業後即就職が可能です。

独学で学ぶ

独学も最大のメリットは費用がかからないです。実際かかる費用は書籍代くらいです。また、自分のペースで学習を始め、続けることができます。まずはITエンジニアに無くてはならないプログラミングや開発技術の勉強を行い資格を取得したりして実績を作りましょう。

一方で独学の場合、壁にぶつかった場合解決するのに時間がかかるという事が最大のデメリットです。疑問や不明点が出てきた場合も自ら解決するしかありませんが書籍を見ても理解する事が難しかったり、実際にコードを実行してもタイプミスなどでエラーが出た場合どこをどのように直せばいいのか対処が出来ずに挫折に繋がることも少なくありません。

未経験者歓迎の求人に応募

求人サイトを調べると未経験者歓迎のエンジニア求人が掲載されています。すでに社会人として働いていてもエンジニアとして転職する事は可能です。多くの企業では研修プログラムが用意されているので、未経験でも心配ありません。

但し、未経験可の求人はたくさんあるわけではありませんし、年齢が30代後半になってくると厳しくなってきます。

ITエンジニアには将来性があります

IT技術は21世紀に入り日進月歩を続けています。今やIT技術を使っていない企業は皆無と言ってもよいでしょう。そのため、IT技術を支えている人材があらゆる分野で必要とされています。

近年はIT人材への需要が高まり人材不足の傾向がいています。実際にITエンジニアの仕事は専門性が高く誰でもできる仕事ではありません。業界の人材不足を憂慮した政府がIT人材の育成に力を入れ、今後さらに発展していく事が予想されます。また、人材不足が深刻になってきたことから年収のUPや待遇の改善も期待されます。

古くから長時間労働の改善などが求められてきた業界ですが、リモートワークの活用や副業としてのITエンジニアを行う人などの増加によりITエンジニアの働き方も変化されてきます。

今後求められるITエンジニアの分野

セキュリティエンジニア

IT化が進むにつれて非常に重要になってくるのがセキュリティです。
現代の世の中、個人情報と言う物が本当に多くのシステムに登録されています。当然そのシステムの中で厳重に管理されておりますが、個人情報を盗み出そうとするハッカーのスキルも向上しています。万一情報が流出してしまうと悪質な業者に悪用されたり、最悪の場合犯罪に巻き込まれる可能性も否定できません。

そこで今後さらに求められていくのがセキュリティエンジニアです。多種の企業で重宝されます。
現在利用者が増えているクラウドも誰でも気軽に利用できますが、一方で誰でもアクセスできる場所に情報を置くことになります。

外部からの侵入を絶対に許さない優秀なセキュリティ設計のできるエンジニアの存在によって企業も安心してサービス展開をできるようになります

ゲームアプリエンジニア

所有するスマホの中にスマホゲームがインストールされている人は非常に多いと思います。
スマホゲームは年々増加しており課金というビジネスモデルがごく普通になりました。
スマホゲームの世界では口コミがとても大事で本質で面白いと思ってもらえるゲームが人気になり売れる時代です。

今後もスマホゲームは増えていくでしょうが、人材が足りていないのが現状です。新企画が立ち上がっても企画が進んでいかないのです。
とにかく早く質のいいゲームをリリースするためにゲームアプリに精通したITエンジニアは引っ張りだこです。

将来的には自分でベンチャー企業を立ち上げ多額の収益を上げることも可能です。

データー分析エンジニア

現在情報はデーターベース化され、蓄積された情報を活用する時代です。蓄積された情報は個人情報を除いた状態で他企業へ販売できる時代です。
集まったビッグデーターの活用の仕方、そのデーターのどこに価値があるのかを示して提供する事が出来るエンジニアが求められています。

多方面の角度から分析をし、戦略を提案してくれるところまでデーターを活用できるエンジニアが必要とされています。

まとめ

今回はエンジニアに将来性はあるかについてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

今回の記事でITエンジニアに将来性がある事がおわかりいただけたと思います。ただ、それは今後自分の手で作り上げていく事です。努力をして様々な経験を積むことによって明るい未来が切り開かれていくでしょう。