Webデザインを学ぶ方法!スクールと独学のメリットデメリットを紹介

皆さんこんにちは。

IT業界の中でWebデザインも人気の職種ですね。

これからWebデザイナーになるべく勉強を始めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。ただ同時にどうやって勉強すればいいかわからない、何から始めていいのか見当がつかないなんてこともありますよね。

そこでここではWebデザイナーを目指す方のために、Webデザインを学ぶ方法を詳しく紹介していきますよ。

Webデザインの仕事を知ろう

まず初めにWebデザインというのがどんな仕事なのかについて簡単に見ておくことにしましょう。Webデザインはクライアントの要望に応えてサイトの外観をデザインする仕事です。サイトを開いたときにパッと目に入る部分は全てWebデザイナーが作ったと言ってもいいです。

具体的な仕事内容をまとめるとこうなります。

・クライアントと打ち合わせをしながらサイトの構成やレイアウトを決める

・llustratorやPhotoshopなどのソフトを使いサイトをデザインする

・ロゴや画像を作りどこに配置するか決める

・HTMLやCSSそれにJavaScriptといったプログラム言語を用いてWeb上に表示されるサイトのページを作る(コーティング)

ただデザインを考えるだけではなくクライアントと打ち合わせをしたり、プログラム言語を使って実際にそのサイとの外観を構築したりと、業務内容が多彩ですね。

デザイン力に加えてコミュニケーション能力や提案力そしてプログラミング技術も必要になります。

Webデザインを学ぶ方法

それではいよいよWEBデザインを学ぶ方法を見ていきましょう。

Webデザイナーの資格として厚生労働省認定の国家資格ウェブデザイン技能検定がありますが、この資格はあくまで知識や技術を目に見える形で証明するためものです。そのため資格がなくてもWebデザインをすることができます。ただ実際にWebデザイナーとして就職したりフリーランスで仕事を始めるなら、その前にWebデザインをするにあたって必要な知識と技術を一通り身につけておく必要があります。

 

Webデザインに必要な知識をまとめるとこうなります。

・サイトデザインの基礎知識(構成やレイアウトの考え方)

・llustratorやPhotoshopといったデザインソフトの使い方

・コーティングに必要なプログラム言語(HTML・CSS・JavaScript)

・UI/UXデザイン

UI/UXデザインというのは使いやすさや見栄えなどユーザー目線からデザインを考える方法です。人間工学や心理まで理解したうえでデザインする必要がありますが、人を惹きつけてよく見られるサイトを作るうえで大切な技術です。デザインの基礎知識に加えてサイトの外観を構築するのに必要なプログラム言語についても学ぶ必要があるので決して簡単だとは言えないですね。

 

Webデザインについて学ぶ方法は大きく分けて2つあります。

・スクールに通う

・独学で必要な知識を身につける

ここではこの2つの方法について詳しく説明していきますよ。

スクールでWEBデザインを学ぶ

Webデザインを学ぼうとなった時にまず一番に頭に思い浮かぶのが、Webデザインを学べるスクールに通うという方法ではないでしょうか。スクールにはこの3種類があります。

専門学校

専門学校は専門技術を学べる高等教育機関で、スクールに通うというよりWEBデザインを学ぶために進学すると言った方がいいでしょう。2年から3年しっかりとWebデザインの仕事で即戦力となる知識と技術を学びます。Webデザインの基礎だけでなく日中に授業がある学校がほとんどですが、夜間過程を開校しているところもあります。これから進路を選ぶ高校生はもちろん、夜間なら大学生や社会人でも通えます。

 

学費の平均:年間100万円前後

 

通学型のスクール

専門学校より短期間で自分に必要なスキルをつけたいという方におすすめなWEBデザインが学べるスクール。通学するタイプは講師に直接質問したり同じ目標を持った仲間と知り合う機会になります。1か月や3か月といった短期間のコースもあれば1年程集中して通うコースもあり、自分の学びたいことを元に自由にカリキュラムが選べるのも魅力です。ただ専門学校がWebデザインの仕事で必要なことを総合的に学べるのに対し、特に短期間のコースだと学べる内容が限られてしまいます

 

学費の平均:半年で20万円から50万円

 

・オンラインスクール

Webデザインは自分のパソコンがあればどこでも学べるという特性もあって、オンラインのスクールも多いです。オンラインスクールは1か月から半年くらいの短期コースが多くなります。オンラインだと自分の都合のいい時間に学習できるので、ライフスタイルを問わず利用できますオンラインの動画で授業を見るタイプ、オンラインで講師と対話しながら授業を進めるタイプ、両方を組み合わせたタイプがあるので、自分の好みに合わせて選びたいですね。専門学校や通学タイプのスクールは学校に行くことでおのずと勉強をすることになりますが、オンラインだと学習の進め方が自分次第になるのでやる気を継続させる工夫が必要です。

 

学費の平均:半年で20万円から50万円(1か月3,000円といった格安のスクールもあり)

独学でWEBデザインを学ぶ

スクールに通うと効率よくWebデザインについて学べますが、まとまった学費が必要になります。学費が気になる方はまずは独学で勉強を始めるのも一つの方法です。スクールに通わず独学だけでWebデザイナーになったという方もいらっしゃいます。WEBデザインを独学で学ぶ時に助けになってくれるのがこちらです。

・Webデザインのオンライン学習ツール

・市販の参考書

Webデザインの技術を学べるオンライン学習ツールは、無料から有料のものまで色々あります。有料でも月額1,000円程度なのでスクールに通うのと比べると9割以上費用がおさえられますね。コーティングを学ぶならドットインストールが、デザインについて学ぶならchot.designがおすすめです。

Webデザインに関する参考書は沢山の種類が出ているので、本屋さんやネットで自分に合う本を探してみてくださいね。

スクールでWebデザインを学ぶメリットとデメリット

Webデザインのスクールに通うか独学で学ぶか迷っている方にそれぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。まずここで見るのはスクールについてのメリットとデメリットですよ。

スクールでWebデザインを学ぶメリット

Webデザインをスクールで学ぶメリットはこちらです。

・面接でアピールしやすい

・就職支援がある

・わからないところは講師に質問できる

・スクールのカリキュラムをこなすために嫌でも勉強しないといけない

スクールに通うとそのカリキュラムをこなすためにやる気がいまいちでない日も勉強しないといけません。決して安くない費用を支払う分、学習が続きやすいんですね。また勉強していてわからないところがあれば講師に聞いて教えてもらえるので学習につまずきにくいのも初心者には嬉しいですね。

 

さらにWebデザインのスクールは就職支援もしてくれるところが少なくありません。支援がなくてもスクールに通ったということはWEBデザインについて学んだというわかりやすい実績になるので、就職の時の面接でアピールしやすくなりますよ。

スクールでWebデザインを学ぶデメリット

逆にスクールでWebデザインを学ぶデメリットはこちらです。

・費用が高い

・やっぱりWebデザインが合わないと思っても途中でやめられない

やはり何十万という費用がかかるというのはデメリットに感じる方が多いでしょう。Webデザインの仕事を始めたらすぐに元が取れるのは確かなのですが、一度学費を支払ってしまうと途中でやっぱり自分にはWebデザインは向かないかもと思ったとしてもやめるにやめられなくなることも考えられます。

独学でWebデザインを学ぶメリットとデメリット

次に独学でWebデザインを学ぶメリットとデメリットを見ていきましょう。どんなタイプの人が独学に向いているのでしょうか。

独学でWebデザインを学ぶメリット

まずはWebデザインを独学で学ぶメリットからです。

・費用が安い

・完全に自分のペースで学習をすすめられる

 

独学だと参考書1冊からとりあえず学習を始められるので費用がほとんどかかりません。またスクールのように何時から何時までに課題をこなすといった時間的な制約が一切何ので、完全に自分のペースで学ぶことができます。Webデザインに興味があるけど自分に合うかどうかわからないという場合は、まずは独学から始めてみるのもいいですね。

独学でWebデザインを学ぶデメリット

一方独学でWebデザインを学ぶにはこんなデメリットがあります。

・Webデザインの仕事ができるようになるまで勉強し続けるにはかなりの根気が必要

・Webデザインやプログラミングについて一切知識がないと本を読んでもなかなか理解できない

 

独学だけでWebデザインをするのに必要な技術を身につけることは可能ですが、やる気を持続させるのはなかなか大変だったりもします。またコーティングするにはプログラミングも学ぶ必要がありますが、これは人によってはかなり理解するのが大変なこともあります。どうしても苦手な分野がある場合はそこだけスクールでカバーするといった対応が必要になるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、Webデザインを学ぶ方法についてスクールと独学の2種類を紹介しました。どちらの学び方もそれぞれメリットとデメリットがあるので、自分のライフスタイルや性格に合う方を選んで効率よくWebデザインを学んでいきたいですね。

この記事が、これからWebデザインを学ぼうとしている方の役立つと嬉しいです。