Webデザイナーに将来性はあるか?

AI(人口知能)等の進歩により、数多くの職業において仕事と言う物が変化していくと考えられています。Webデザイナーも目まぐるしく変化していくと予想されています。実際Webデザイナーの将来性は大丈夫か?と言ったWeb上の記事も見るようになりました。

そこで今回はWebデザイナーの将来性や今後について、どのようにしたら生き残れるかと言う事も含めて見ていきます。Webデザイナーへの転職を考えている方、将来について不安に考えている方は是非最後まで読んでみてください。

 

Webデザイナーの将来性について

まず最初に結論から申し上げますとWebデザイナーに将来性はあります。インターネットの利用がごく当たり前に現在、多くの業界でWebサイトの重要性が認識されています。今後のIT業界の更なる発展でこの業界も更に大きく成長していくでしょう。それに伴いWebデザイナーの需要も伸びていくと考えられます。

インターネット上を見ていきますとWebデザイナーはなくなるとかもういらない、やめとけ等と言う書き込みも見られますが、そんなことはありません。

但し、需要が伸びると言っても今後求められるスキルは「デザイン性」や「SEOが出来ているか」など、より専門的なものになります。
今後も必要とされているWebデザイナーは時代の波に応じて新しい専門的なスキルを身につけている人だと言う事になります。

今後もWebデザイナーとして活躍していくためには、今までのようなWebサイトのデザインのみならず、プラスアルファのスキルが求められるでしょう。
ただ、多くのWeb制作会社では分業制になっていますので、同じような作業の繰り返しになり、新しいスキルを身に着けるチャンスはあまりありません
その新しいスキルを身に着けるためには、自分で意識して新しいスキルを身に着ける努力をしなくてはなりません。

Webデザイナーの現在の需要について

インターネットの利用が一般的になった現代、多くに業界でWebページの重要性が認識されています。
大多数のクライアントにとってWebページは収益のための手段なので、広告のランディングページや広告自体のアートワークの質は重要です。
企業側からWebデザインの専門家であるWebデザイナーにWebサイトの制作を依頼しようと考えるケースは年々増加しています。

また、スマートフォンが広く普及しPCだけではなく、スマートフォンにも対応したWebサイトが求められています。現在ではインターネットにアクセスするにあたりPCを使用する人よりスマートフォンを使用している人の方が多くなっています。
依って現在ではレスポンシブWebデザインに対応可能なWebデザイナーの需要が年々高くなっています。

Webデザイナーの需要についてはWebクリエイターと言う分類ではありますが、大きな増減なく推移すると予想されています。
但し、これらの事から「Webデザイナー」と言う事だけで需要を見ていくとWebデザイナーとしての将来性を見誤ってしまいます

クライアントがWebデザイナーに求めているのは「Webサイトの制作」に加え、そのWebサイトを見ることによって「何を達成できるか」と言う視点及び成果です。

Webデザイナーに需要があるのは間違いありませんが、昔ながらの作業者としての需要は高くないのです。

Webデザイナーが無くなる可能性はあるか?

PCさえあれば誰でも簡単にWebサイトを作る事が出来る製品や、登録無料ですぐにWebサイトを公開できるサービスが増えています。
コンピューターの技術進歩はデザイン業界にも及んでおり、写真の補正をはじめ多くの作業が一瞬で自動的にできるようになりました。
また、AI(人工知能)の劇的な進化に伴い、今後多くの職業が消滅するとも言われております。以上の事からWebデザイナーの仕事に関して「いずれなくなってしまうのでは」と言う声も挙がっています。

実際AIを使用すれば画像上の不要なものを消したり、線画をグラデーションで着色し美しく装飾する事は簡単に行えるでしょう。
但し、これはAIがデザインをしてくれている訳ではなく、デザイナーがAIを使用してデザインしているものです。デザイナーがやるべき仕事が変わってきている面はありますが、Webデザイナーの仕事が無くなる可能性は低いでしょう。

このようにWebデザイナーはクリエイティブな仕事に邁進できるようになりますが、クライアント側はデザインの専門知識が必要な部分のみWebデザイナーに発注してくる時代がくるかもしれません。Webデザイナーはこのような時代の変化に対応できるように今から十分に準備を進めておく必要があります。

Webデザイナーとして生き残るための将来設計

過去に遡ってもWebデザイナーに求められるスキルの変化はいろいろありました。以前はWebデザイナーはワイヤーフレームとビジュアルデザインの制作だけやっていればよく、コーディングに関してはコーダー及びマークアップエンジニアとの分業が主でした。ところが現在ではWebデザイナーが行う事が多くなっています。また最近ではレスポンシブWebデザインやjQueryによるアニメーションなどの従来エンジニアの領域であった作業もWebデザイナーに求められることもあります。

現在様々なJavaScriptのフレームワークがありますので、フロントエンド開発の担当を担う事のできるWebデザイナーの需要が高くなっています。
フロントエンドを担当すると言う事は当然当該プロジェクトの企画段階から参画しビジネス要件を理解し、開発の工程においてエンジニアとの連携も必要になります。

また、アクセス解析にて集めたデーターを元にして根拠ある改善を行う能力も求められてきております。
これから将来に向かってWebデザイナーを続けていくためには、このようなスキルの向上が欠かせません。

更には日頃からWebのトレンドに目を光らせ最新情報を仕入れる事も大事です。人気のあるツールを使いこなすスキルやニーズに沿った知識やスキルも必要です。

これだけは人に負けないと言う自分だけの強みを持つことも一つの考え方と言えるでしょう。

Webデザイナーの年収状況

Webデザイナーの全世代平均の年収は340万円くらいのようです。

世代別の平均年収は下記の通りです。

20代前半 308万円
20代後半 323万円
30代 359万円
40代以上 449万円

出典:転職会議|WEBデザイナーの年収まとめ

当然の話ではありますが、スキルによって給与は変わってきます。この件については業界歴や年齢に大きく左右されるものではありません。
現在のニーズに応える事が出来るスキルを持っている人であれば業界歴や年齢が若い場合でも平均以上の給与をもらえます。
一方業界が長くても、持っているスキルが数年前のニーズと言う事であれば、転職した際に給与が下がると言う事も十分に考えられます。

まとめ

今回はWebデザイナーの将来性や今後について見ていきました。いかがでしたでしょうか?クライアントの要望に応える事が出来るようにスキルアップと日々のトレンドの把握や情報のインプット及びアップデートが欠かせません。

この先もインターネットは私たちの身近に、さらに生活に密着したものになっていくと思われます。
Webデザイナーの仕事は今後も大きな可能性を秘めていると思われます。