WordPressにデータをインポート!標準機能やプラグインを紹介

皆さんこんにちは。

WordPressにブログを移行したい時にはインポートでデータを移します。インポートはブログ移行でとても重要なステップなので、失敗なく確実に行いたいですね。

WordPressにはインポートツールが標準装備されていますしプラグインもあります。なので手順さえ知っていればWordPressからでも無料ブログからでも旧ブログのデータをスムーズにインポートが可能です。

そこで、ここではWordPressにブログのデータをインポートする方法を詳しく紹介していきます。

WordPressにインポートするには

それまで使っていたサーバーから別のサーバーに変える場合は、それまで使っていたブログを使い続けることができません。新しいサーバーに新しいWordPressをインストールしてブログを構築しなおす必要があります。ただこの作業を簡略化するためにエクスポートやインポートの機能が利用できます。

・WordPressにもともと備わっているインポートツールを使う

・インポートができるプラグインを使う

この時に注意していただきたいのが、エクスポートと同じ方法でインポートするという点です。エクスポートデータをとったのと違う方法でインポートしてしまうとエラーの原因になります。必ずWordPressの標準機能↔WordPressの標準機能、プラグイン↔プラグインでデータのやり取りをしてください。

WordPressにもともと備わっているインポートツールを使う

WordPressには標準で簡単に使えるインポート機能がついています。まずはブログのダッシュボードを開き、「ツール」にカーソルを合わせてから「インポート」をクリックしましょう。

・WordPress

・Blogger

・Tumblr

・RSS

・LiveJournal

・Movable TypeとTypePad

メニューを見てみるとこのようにWordPress以外のブログやシステムのデータも簡単に取り込めるようになっています。

WordPressからWordPressにインポート

インポートを実行する前に新しいWordPressでテーマとプラグインを設定しておきましょう。前のブログと同じテーマを使わないとインポートが上手くいかない可能性があるので注意してください。

WordPressのデータを新しいWordPressかに移す場合はWordPressの文字の下にある「いますぐインストール」をクリックしインポーターをダウンロードしてから実行しましょう。

次のページが表示されたらPC上に保存してあるエクスポートしたファイルを選択し、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。その後投稿者を割り当てる画面が表示されるのでインポートする投稿者を指定したうえで実行すればインポートが完了します。

インポートが完了したら念のため記事や画像がきちんと表示されているかどうか確認するようにしてくださいね。

無料ブログのデータをインポート

無料ブログで運営していたブログをWordPressに移行したいという方もいらっしゃるでしょう。無料ブログのデータをWordPressにインポートする場合にもエクスポートデータが必要です。

その後URLの設定などを済ませた後WordPressの標準機能を使ってデータをインポートします。

・BloggerからWordPressにインポートする場合 → Bloggerを選択

・その他の無料ブログからWordPressにインポートする場合 → Movable TypeとTypePadを選択

無料ブログによってはエクスポート機能がないこともあります。利用者が多いAmebaブログもエクスポート機能がありません。ただエクスポート機能が標準でついていないブログでも人手間かけることでブログのデータを取り出すことができます。

・ブログから記事を取り出すツールを使う

・引越し機能でFC2ブログにデータを移してからエクスポートする

WordPressのプラグインを利用してインポート

All in One WP Migrationでエクスポートしたデータは同じようにAll in One WP Migrationでインポートしましょう。他にもエクスポート・インポートができるプラグインはあるのですが日本語で表示されるこちらが一番使いやすいでしょう。

All in One WP Migrationでインポートする方法

新しいレンタルサーバーにWordPressをインストールしたら管理画面からダッシュボードを開いてください。ダッシュボードのサイドバーからプラグインの追加を選択し、All in One WP Migrationをインストール・有効化します。

All in One WP Migrationのメニューが追加されるので、インポートを選択してクリックします。

ここに事前にエクスポートしておいたファイルをドラッグ&ドロップするか、インポート先をクリックしファイルを指定したうえで該当するエクスポートのデータファイルをアップします。

WordPressの標準機能でインポートする時のように事前にテーマやプラグインを設定する必要はありません。もとのブログのデータを丸々移してしまえるのが特徴です。

All in One WP Migrationはデータ容量に注意

WordPressのデータをテーマやプラグインごと取り出せるAll in One WP Migrationなのですが1つ注意点があります。それは無料版でインポートできるデータのサイズに制限があることです。もし前ブログのデータの容量が上限を超えている場合はインポートができません。容量の上限はお使いのレンタルサーバーによって変わるのでAll in One WP Migrationのインポート画面でご確認ください。

この場合の対処法はこちらです。

・All in One WP Migrationの容量拡張版プラグインを使う
→PCにプラグインのファイルをダウンロードしたうえで、WordPressのプラグイン追加画面で「プラグインのアップロード」ボタンからインストールする

 

・有料版を購入する($69)

サーバーのhtaccessやphp.iniを編集して容量を変更する方法もありますが、上記の方法が一番わかりやすいでしょう。有料版にはサポートが付いていますが、それが必要ない場合は無料版の容量拡張版プラグインを使うのが一番お得ですね。

WordPressへのインポートが失敗した場合の対処法

そんなに頻度は多くないですがWordPressのインポートに失敗したりエラーが出ることがあります。ここではその場合の対処法をまとめておきます。エラーが出た場合まずはこちらの内容を確認してください。

・WordPressのバージョン

・エクスポートとインポートの方法

・テーマ

これが全て旧ブログと新ブログで一緒かどうかが重要になります。

見逃しがちなのがWordPressのバージョンです。もし確認して違った場合は、まずはバックアップを取ったうえでエクスポート元のWordPressを最新のバージョンにアップグレードしたうえでエクスポートしなおすようにしてください。

この条件をすべてクリアしているのにインポートできない場合はこちらの方法を試してください。

・WordPress Importer以外のプラグインを停止してみる

・データ容量を小さくするためエクスポートデータを小分けにする

プラグインを停止するかエクスポートデータの容量を小さくすることで大抵はインポートできるようになります。

まとめ

いかがでしたか?今回はレンタルサーバーの引っ越しなどでブログを引っ越しする時に、前のWordPressのデータをどのようにインポートするかを説明しました。

標準機能でもプラグインでも比較的簡単にインポートできることから、WordPressの引っ越しはさほど難しくないことが分かっていただけたはず。

この記事がWordPressのインポートの方法が分からずに困っている方の参考になれば嬉しいです。