初心者がクラウドソーシングで収入を得て稼ぐコツを伝授!

クラウドソーシングはここ数年で注目されてきた、新しい仕事のシステムです。在宅ワーカーの間で、案件を獲得するために活用されているサービスです。

ただ、登録して間もない頃はなかなか案件を獲得しづらい傾向があります。特に特定のスキルがない初心者の方は特に獲得しづらいようです。

そこで今回はクラウドソーシングでの働き方、そして収入を得る方法を見ていきます。是非、最後までご覧ください。

クラウドソーシングとは

そもそも、クラウドソーシングとはどういうものでしょう。

クラウドソーシングとはオンライン上に於いて不特定多数の外部の人々に業務委託をし契約を成立する事に対して用いられます。
同じような言葉でアウトソーシングがあります。

アウトソーシングは自社業務を特定の業者に外注する時に用いられ以前より使われていました。
インターネットの急速な発展によってクラウド上でやり取り可能となり、昨今ではクラウドソーシングという言葉がよく使われます。

クライアント=発注者は人材の確保に費用をかけることなく社外の労働力を確保でき、必要に応じてピンポイントで不特定多数の外部の人々に業務の外注をする事が可能です。

一方、受注者は自分が得意とする分野、特化したスキル、知識や生活スタイルに合わせ気軽に働く事が出来ます。

代表的なクラウドソーシングサイトは下記のサイトです。

・クラウドワークス

・ランサーズ

この2つのサイトを選んでおけば間違いないです。クライアント数、案件数共に大量に確保されています。

ランサーズで仕事を受注するためには?【おすすめ案件の紹介】
ランサーズで仕事を受注するためには?【おすすめ案件の紹介】
「ランサーズで仕事をしてみたいな」 「案件獲得の注意点とか詳しく知りたい」 「初心者にもおすすめな仕事について ...

クラウドソーシングの仕事形式

クラウドソーシングで受注できる仕事の種類を見る前に、クラウドソーシングでの仕事の形式を見ていきましょう。

プロジェクト形式  クライアントと受注者がメッセージをやり取りしながら作業する。相互に報酬や作業時間、作業内容をはじめとする交渉が出来る。この形式には一つの案件に対して報酬額が決まっている「固定報酬制」とパートやアルバイトと同様に作業時間に応じて報酬額が決まる「時間給制」がある。
コンペ形式 クライアントが発注した案件に対し受注者が成果物を提出し提案する。成果物の中からクライアントが気に入ったものを採用し報酬を支払う。採用されなかった成果物に対しては報酬はない。
タスク形式 単発で先着順の簡単な仕事。クライアントとの直接のやり取りはない。取り敢えず初心者におすすめ。

上表にも書きましたが、初心者ににおすすめなのはタスク形式です。

理由としては、

・クライアントとの直接のやり取りがない
・簡単な仕事が多く取り組みやすい
・ほとんどの仕事が短時間でできる

上記の3点がメリットとしてあるからです。

一方で、タスク形式の仕事は簡単ですし、誰にでも出来るような内容なので、単価が低いです。

ガッチリ稼ぎたいと言う方は、当初はタスク形式でクラウドソーシングに慣らし、その後単価が比較的高いプロジェクトに移行するのがおすすめです。

クラウドソーシングで受注できる仕事

クラウドソーシングの仕事形式がわかったところで、実際にどのような仕事があるのか見ていきましょう。

システム開発

プログラミングを使ってのシステム開発の案件となります。
専門的なスキル、経験がもちろん必須の案件ですが、クラウドソーシングで受注できる案件の中ではかなり単価が高い案件です。

システム開発ができると言うレベルのプログラミングのスキルがある方やITエンジニアやプログラマーとして実務の経験のある方は挑戦してもいいでしょう。
難易度は高いものの、一つの案件をこなすと数万円~数十万円になる事もあります。

Webライティング

Webメディアであったり、ブログに掲載する文章を執筆する案件です。クライアントが指定した題材、文字数で文章を執筆していきます。パソコンとネットの環境さえあれば始める事が出来、特別な資格やスキルは殆どの案件では必要ありません。

報酬は通常文字数で決まり、相場としては1文字1円前後ですが、初心者の方は1文字0.5円程度の案件をこなすことが多いようです。
経験値を積んだりライティングの経験や専門知識を持っていると報酬額が上がる事もあります。

ライティングの案件は100文字程度から数千文字まで数多くの案件があるので、自己の能力に合わせて仕事を選ぶ事が出来ます

データ入力

ECサイトの商品情報の入力であったり、調査や入力の仕事がメインで特別なスキルは不要です。

データ入力は下記のような理由から仕事のハードルが低い為、クラウドソーシング初心者におすすめです。

・キーボードさえ打てれば誰でも出来る
・簡単な単純作業
・特別なスキルや経験は不要
・案件数が多いので仕事を見つける事が容易

また、データ入力をこなしていると自然にタイピングのスキルも身につきますので、パソコン自体の初心者の方にもおすすめです。

デザイン

デザインを作成する仕事です。
主な仕事内容としては下記の通りです。

・Webデザイン

・ロゴ、バナー作成

・イラスト作成

・写真撮影

などです。

中でも企業ロゴの作成やホームページを作成する案件が多いようです。

資格の有無は問わないものの、趣味のレベルから本格的なデザインまで、様々なレベルの案件がある為、経験や実績は大きな強みとなります。

デザインの案件に関してはコンペ形式が多い為、採用にならないと報酬が得られない場合が多いです。

案件を受注するためにやるべき事

プロフィールの更新

クラウドソーシングで仕事を始める場合、プロフィールは非常に大事です。
プロフィールはクライアントがワーカーを選ぶ際に確認する重要なページとなります。

自分の職務履歴を詳細に登録し、自身のバックホーンを伝えたり、クラウドソーシングでの実績をこまめに更新し、今までの実績、得意分野などを記載しましょう。

例えばライティングの案件の場合、「何でも書けます。」と書くのでは無く、具体的に自分の得意ジャンルを書いた方が仕事が取りやすくなります。

プロフィールの影響力を甘く見るのでは無く、しっかり仕上げましょう。

納期・マニュアルの厳守

いくら実績を積んでも、一度悪い評価を得てしまうとマイナスの影響が強くなってしまいます。

高評価を得るためには、納期及びマニュアルの両方を守らなければなりません。
納期厳守は当然の事ですが、マニュアルは意外と見落としている事が多く、評価を落としてしまう事があります。

少々時間がかかってもマニュアルをしっかり読み込み、マニュアルを守って仕上げましょう。

メッセージの返信は最大でも24時間以内

クライアントなどからのメッセージの返信はなるべく早い方が好印象です。
クラウドソーシングで安定して稼いでいる人はレスポンスを返すのが早いです。

例えば能力が同じような人が2人いて1人はレスポンスが早く、もう一人は忘れた頃に返事をしてくると言う場合、どちらに仕事を依頼するかと言えば、普通であればレスポンスが早い人に仕事を依頼するはずです。ですので、安定して仕事を貰うためにはレスポンスを迅速にするべきでしょう。

クラウドソーシングで安定して稼ぐ方法

ここからは安定して稼ぐために欠かしてはならないことを見ていきましょう。

目標を定める

クラウドソーシングを利用して安定して稼ごうと思った場合はっきりとした目標をたてる事が大事になります。

クラウドソーシングの場合、自分次第というところがあります。やってもいいですし、やらなくてもそれはそれで済んでしまいます。
明日に回そう等とやっているうちにあっという間に1ケ月経ってしまい、今月は殆ど働いていないと言う事も十分にあり得る事です。

目標が設定されているのといないのでは結果は全く違います。
明確な目標をたてておきましょう。

目標例

・日々1つのタスクを取り組む
・1週間で10,000円稼ぐ
・月30,000円稼ぐ 等

約束は守る

クラウドソーシングで安定して稼ぐために、約束は守りましょう。

そんなのあたりまえと思う方もいるかと思いますが、オンライン上で仕事をする際に約束を軽く考える人が少なくありません。
理由としては、リアルでのやり取りとは違い、相手の顔が見えないことから、ついいい加減になってしまう、直接怒られる訳でないために油断してしまう等があるようです。

もし、納期のある案件に取り組む時は必ず納期は守ってください。約束を守るだけで評価が上がり、仕事の依頼が増える事が期待できます。

キャリアの積み上げを意識する

今後着実にクラウドソーシングで稼いでいくなら、案件をこなしていく中でキャリアの積み上げを意識しましょう。

ただ、お金を貰う為だけに働く人と意欲的に取り組む人では大きな差が出ます。
後者の人は今後仕事の単価が上がる機会に恵まれるでしょう。

例えばライターとして働く場合、ただ仕事をするだけだといつまで経っても文字単価が0.5円かもしれません。一方で一つ一つの案件で自分のスキルアップを目指していれば倍の1円やそれ以上になるかも知れません。

安定して稼ぐと言う事は効率よく稼ぐことでもあります。

自己管理を徹底する

長期に渡り安定して稼いでいくために、自己管理の徹底を意識しましょう。

特に本業であったり、家事や子育てと両立しながらクラウドソーシングを利用する場合、そのバランスが重要です。やらなければ勿論稼げませんが、やり過ぎると一時的には稼げるでしょうが長期間続けることが難しくなる場合があります。

自分次第の働き方になりますので、ある程度のルールを作って取り組みましょう。

 

フリーランスはスキルなしでもできるのか?フリーランスになる方法!
フリーランスはスキルなしでもできるのか?フリーランスになる方法!
このような悩みを抱えていませんか? 今回は、スキルなしの未経験でもフリーランスになることはできるのか?フリーラ ...

クラウドソーシングで働く上で注意する点・問題点

いよいよクラウドソーシングを利用して働くとなった時、スタートの時点で大きく躓く等と言う事が無いように注意点や問題点を見ていきます。

「初心者大歓迎」「高単価」を謳った案件には十分用心を

クラウドソーシングの利用を始めて最初のうちは「初心者大歓迎」や「高単価」と言う文字が目に入ってくることと思います。この2つの言葉は初めての人の心理を上手く汲み取っています。

しかし、この2つの言葉はどちらも要注意です。

「なんで初心者大歓迎なのか?」「なんで高単価なのか?」と言う事を冷静になって一度考えてみましょう。

仕事を発注しているクライアントはなぜ初心者を歓迎しているのでしょうか?なぜ高単価なのでしょうか?
理由がわかり、納得できるのであればその案件に取り組んでも良いでしょう。ただ、少しでも不安を感じる要素があるのであれば、避けた方が無難です。

初心者大歓迎で発注している理由として考えられること(ネガティブ的要素)

・低単価で働かせようと思っている

・研修や指導と言う事にして、安価で仕事をさせようと思っている

・とにかく人数を集めて、いらなくなったら切り捨てればいいと思っている。

高単価で発注している理由として考えられること(ネガティブ的要素)

・何度もやり直しをさせようと思っている

・一見高単価だが、多くの仕事をワーカーにやらせようと思っている

・なかなか他の人がやりたがらない仕事をやってもらうつもり

おいしい言葉に心を惹かれるのでは無く、その案件の実態等をしっかり吟味してから応募するようにしましょう。

仕事効率のチェックを欠かさない

クラウドソーシングを利用して仕事をしていると、ただ仕事をこなしている状態になってしまう事があるので、注意が必要です。
常に時給換算や効率などを意識し、定期的に仕事効率をチェックしましょう。

チェックをすると、自分が思っている以上に効率が悪い事に気が付くかも知れません。

思っていたよりも稼げていない時どうするか

・単価の良い案件を狙う

・自分の作業効率を見直しアップする

・クライアントに相談し単価をアップしてもらう

まとめ

今回はクラウドソーシングでの働き方、そして収入を得る方法を見てきました。
いかがでしたでしょうか?

IT業界は目覚ましい発展を見せていますが、その裏では人員の確保の為、新しい仕事の仕方が生れています。

クラウドソーシングに興味のある方は一度経験してみるのも良いでしょう。