Googleへ転職成功するポイントとは?難易度・必要スキルなどを徹底解説!

「Googleに転職したい!」
「難易度が高そうだけど、転職成功のコツはあるかな?」

このように、転職を考えている方でGoogleへの転職を考えたことがある、もしくは今現在考えているという方もいらっしゃるかと思います。

検索エンジン「Google」や「YouTube」など、とても規模の大きいサービスを運営しているGoogleですが、その分就職難易度が高いことは事実。

そこで今回の記事では、Googleへ転職成功するために必要なことや転職難易度などをまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Googleで募集されている職種・仕事内容について

Googleで募集されている職種・仕事内容について

職種 仕事内容
エンジニア職 ユーザーが使用するプロダクトやシステムなどの開発
マーケティング職 各種イベントの企画・開発・統計的な分析など
デザイナー職 ユーザーが目にするサイトなどのデザイン
ビジネスストラジー プロダクトの収益化戦略など会社運営に必要な方針設定
リーガル インターネットに関する政策や法律の将来設計
ファシリティ オフィスなどの環境設備を整え業績向上を目指す
サポート クライアントのビジネス成長のサポート、コンサルティング
ファイナンス 会計、コンプライアンス、プロジェクトなどの管理
人事 人材育成や新規人材の発掘

このように、Googleは世界を代表する企業であるGAFAの一社というだけあって、数多くの部署から構成されています。

職種の幅も広く、例えば同じ「エンジニア職」でもソフトウェアエンジニアやエレクトリカルエンジニアなど幅広くエンジニアを採用しています。

Googleの給与相場

続いてGoogle社員の給与相場や、労働環境などを紹介していきます。大企業でも給与や労働環境などの条件が悪ければ、転職した後に大変な思いをするでしょう。

今回のGoogle転職に限らず、転職を行う上で給与や労働環境などは、きちんと把握しておくべきです。

openworkによると、Googleの平均年収はおよそ1480万円だということがわかります年収範囲も約800万円〜と高めに設定されています。

Googleの労働環境について

同じくopenworkによると、社員による会社評価スコアもかなり高め。労働環境については以下の4つの項目について、さらに詳しく紹介していきます。

  • 社風
  • やりがい
  • 残業時間
  • 福利厚生

社風

Googleの社員の平均年齢はおよそ33歳ととても若く、風通しの良い企業であると言えます。

オフィスには食事や飲み物が完備され、スポーツジムやマッサージが無料で利用できるなど社員が働きやすいような環境づくりが工夫がされているため、とても居心地が良く仕事にも力を入れることができるでしょう。

Google社は検索エンジンの運営も行なっていることもあり、社員は大量の情報にアクセスできるようになっています。それにより会社の決定事項や今後の方針などを常に全社員が把握することができ、社員が積極的に仕事に取り組むような工夫がされています。

やりがい

Googleには「20%ルール」というものが存在します。20%ルールとは勤務時間の20%を自分が興味のあるプロジェクトに充てることができるシステムで、社員一人ひとりの力を縛ることなく仕事に活かせるのが特徴です。

それにより社員の仕事に対するやりがいや満足度も高く、個性を発揮しやすい環境下で仕事ができるというメリットがあります。

残業時間

openworkの調査ではGoogleの月間残業時間は19.9時間と、他企業と比較しても少ないことがわかります。

いまだに特定の企業では残業をすることが正しい仕事の仕方だと思われがちですが、Googleは強制残業を強いるようなことは一切ないようです。

ワークライフバランスがとりやすく、プライベートと両立しやすい働き方ができるでしょう。

福利厚生

  • 家族サポート
  • 健康管理
  • 地域への貢献
  • 充実のリラックス タイム
  • 財政面の管理
  • 社員への投資

Googleの福利厚生ページから参考にすると、これらの福利厚生があるようです。

具体的には育児休暇制度や退職貯蓄制度、カフェやマッサージの利用、フレックス勤務など、社員一人ひとりが働きやすくなる福利厚生が整っていると言えます。

「社風」でもご紹介したようにオフィスには食事や飲みのもが揃っており、朝昼晩いつでも栄養バランスの整った食事を完全無料で摂取できる点が魅力的ですね。

Google転職に英語力が必須の理由

Google転職に英語力が必須の理由

Googleは日本にも会社がありますが、本社はアメリカにあります。そのことから日本のGoogle社にも海外から集まった優秀な人材が多く、採用されるには英語力が必須となります。

しかも簡単な英語力ではなく、英語による文章作成や口頭での優れたコミュニケーション能力といった、ネイティブレベルの英語力が求められます。

実際Googleの面接は英語で行われるため、英語力がなければ面接すら受けれないことを理解しておきましょう。

Google転職の難易度

Google転職の難易度

ネイティブレベルの英語力が必要ということもあって、おそらく予想通りGoogleへの転職難易度は非常に高いです。

企業名の知名度は圧倒的で、福利厚生も充実しています。また平均年収およそ1480万円という全体的にも好条件が揃っているため、転職希望者は多いです。しかし本当にGoogleが求めるレベルの人材からの応募は少なく、なかなか採用に繋がらないことは事実。

しかしIT化が進む今、Google自身の成長率も考慮し積極的に募集する可能性はあります。もちろん求められる専門的な知識や技術レベルは高いですが、前職の経験や他の応募者との差別化を図ることで、採用率も高くなるでしょう。

求められる人物像としては、Googleの働き方が自由度が高いぶん、自分自身で成長していける人材でなければ難しいです。社員とのチームワークがしっかりと取れて、外国人とのビジネスレベルの英語コミュニケーション能力を発揮できることは必須と言えます。

転職成功させるためのポイント

転職成功させるためのポイント

  • 新しい状況やスキルを積極的に学ぶ姿勢を示する
  • リーダーシップを持っていることをアピールする
  • 積極的な行動力があることを示す
  • 専門的スキルや知識を身につける
  • 転職エージェントの活用

Googleへの転職成功を目指すのであれば、上記のポイントを抑えておく必要があります。特に「専門的スキルや知識の習得」と「転職エージェントの活用」は必須といってもいいでしょう。

なぜなら、Googleという最大手の企業で活躍するためにはプログラミングスキルなどの専門的スキルが必要となり、転職エージェントを活用することで成功率が大幅に上がるからです。

転職エージェントを通さずに応募することもできますが、それではほとんどの場合目に留めてもらえないため、ビズリーチなどのハイクラス転職サイトを活用しましょう。

IT/Webエンジニア向け転職サイト IT/Webエンジニアにオススメの転職サイトまとめ

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では「Googleへ転職成功するポイント」として、転職難易度や必須スキルについてご紹介しました。

  • ネイティブな英語力
  • プログラミングなどの専門スキル

これらは必須と言えるため、転職を目指すのであればまずはスキルの習得を目指しましょう。Googleは社員が働きやすい企業なので、転職を目指してみるのもいいですね。

【厳選】初心者でもエンジニアに転職できるプログラミングスクール10選