【元転職エージェントが語る】プログラミング未経験からのエンジニア転職の方法

こんにちは。

元IT業界転職エージェントの渡辺です。

今回はプログラミング未経験からのエンジニア転職の方法に関して解説していきます。

エンジニアに興味はあるけど、プログラミングなんてやったことないし、どうしたらいいかわからないという人向けにズバリ未経験からでもエンジニアになれる方法を教えます。

ぜひこの記事を参考にして、未経験からでもエンジニア転職を成功させてください。

そもそもプログラミング未経験からエンジニアになれる?

プログラミングは普通に生活しているよなかなか触れることの無いことですので、全くの未経験という人がほとんどです。

そういった人でも、エンジニアになれるのかまずは解説していきます。

結論:プログラミング未経験からでもエンジニアに転職は可能

ズバリ結論ですが、プログラミング未経験であってもエンジニアに転職することは可能です。

エンジニアは本当に人手不足なのです。未経験であっても企業は受け入れる体制が整っています。

そもそも新卒で入社してくるエンジニアの多くは、文系出身であったり、プログラミング未経験の人が多いです。

ただし、プログラミング未経験からエンジニアに転職するには少しだけ条件があります。

その条件を紹介していきます。

Web系エンジニアの仕事内容と学ぶべき言語について | 未経験からエンジニアを目指そう!

条件①:20代であることが望ましい

プログラミング未経験からエンジニアに転職するとなると、どうしても若い方が有利です。

具体的には20代までというのが現実的です。30代前半でも無理とは言いませんが、非常にハードルが上がってしまします。

これはエンジニアに限らず、未経験から育てて働いてもらうには将来性が大切となる為、若い人に限られるのです。

それなら新卒をたくさん採ればいいと思うかもしれませんが、新卒の場合、社会人としてのマナーから教える必要がありますし、定着率も悪いことが多いので、中途採用でのプログラミング未経験者の採用をしている企業も多いのです。

条件②:少なからず努力と時間は必要

プログラミング未経験からエンジニアになろうとするのですから、経験者に比べて努力と時間が必要なのは事実です。

未経験だけど、これだけ努力をしてきたという熱意を見て企業側も採用します。

いくらエンジニアが人手不足といっても、努力をしない未経験を採用する企業はないでしょう。

プログラミング未経験からエンジニアに転職する方法

それでは、実際にプログラミング未経験からエンジニアに転職する方法を紹介していきます。

ぜひ参考にして自分に合った転職方法を選んでください。

どの転職方法を選ぶにしても、なぜエンジニアになりたいと思ったのかを企業に伝えられることも面接では大切ですので、その部分の整理も自分の中でしておきましょう。

 

プログラミングスクールに通う

最も確実にプログラミング未経験からエンジニアに転職する方法がプログラミングスクールに通うことです。

基本的には今働いている会社を辞めてプログラミングスクールに通うことになりますので、エンジニアとして働く決意を固めておく必要があります。

転職支援がしっかりとしているプログラミングスクールに入学すれば、100%近い確率でエンジニアに転職することが可能です。

お金的に余裕のある方は、大手のプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

3ヶ月程度かけてプログラミングの基礎を学び、就職活動もしっかりと支援してもらえます。

大手のプログラミングスクールであれば、かなり実践的なプログラミング学習ができますので、違和感なくエンジニアとして働き始めることができるでしょう。

お金の余裕が無い方、すぐにでもエンジニアになりたい方は、無料のプログラミングスクールを選ぶといいでしょう。

無料のプログラミングスクールは本当に費用がかからず、エンジニアとしての転職支援まできっちりと行ってくれます。

入学から就職までの期間も最速で1ヶ月、遅くとも3ヶ月程度ですので、ブランクも少なくエンジニアとして働き始めることができます。

【初心者の方へ】プログラミングスクールをすすめる理由

独学で学習する

今の仕事をすぐにはやめられないけど、プログラミングの学習を始めたい人や、エンジニアになるか悩んでいて、まずはプログラミング学習に触れたい人は独学で学習することになると思います。

今は独学でも非常に高いクオリティでプログラミング学習ができるツールが揃っています。詳細な独学でのプログラミング学習方法は後述します。

独学で学んで、企業に提示できる成果物ができたら、転職活動に望みましょう。

プログラミングスクール経由に比べて、転職の難易度は上がりますが、成果物の提示と熱意がしっかりと伝えられれば転職できる確率は低くありません。

未経験求人に応募する

ほとんどプログラミングの学習をせずにいきなり未経験可のエンジニア求人に応募するという手段もあります。

正直おすすめしませんが、面接での対応に自信のある方は挑戦してみてもいいかもしれません。

その場合は、なぜエンジニアになりたいか、それなのになぜ学習していないのかという点を説得力を持たせて伝える必要があります。

個人的には、学習していることがわかりやすい熱意のアピールになると思うので、プログラミング学習を何もせずに応募するのは違うかなと思いますが、絶対就職できないという訳ではありません。

独学におすすめのプログラミング学習方法

まずは独学でプログラミング学習を始めたいという人も多いと思いますので、独学におすすめのプログラミング学習方法を簡単ですが紹介しておきます。

オンライン教材

今は、オンラインで購入し、学習できるプログラミング教材が非常にたくさんあります。

色々種類があって迷うと思いますが、慎重に選び自分にあったものを選ぶようにしましょう。

値段もピンキリですし、サブスクリプション形式も買い切り形式もあります。

どのような教材を選ぶにしても、質問対応等のサポートが充実しているものがおすすめです。

独学はどうしても挫折しやすい為、サポート体制が非常に重要になってきますよ。

web学習ツール

無料で学べるものも多いのがweb学習ツールです。

まずはお試しでプログラミング学習を始めたいという人にはピッタリかもしれません。

無料ツールで学んだだけで、実践的な力が付くかと言えば難しいところですが、基礎の基礎を学ぶことはできます。

ゲーム形式や動画講義形式など、挫折しにくいように各学習ツールで工夫がされていますので、自分にあったものを選びましょう。

オンライン教材と同様に質問できる環境があるweb学習ツールの方が、個人的にはおすすめです。

【無料?有料?】プログラミング学習に最適なツールは何?

参考書

古典的ですが、参考書を使ってのプログラミング学習ももちろん有効です。

正直プログラミング学習の参考書には、大ベストセラーみたいな本は無いのですが、新しめで自分にあってそうな本を選べばあまり外れないと思います。

ただ、参考書での学習は基礎の基礎を学ぶだけで、結局は実践的な学習を次のステップで別の方法を選ぶ傾向が多いと思います。

まとめ

いかがでしたか?今回は、プログラミング未経験からのエンジニア転職に関して解説していきました。

 

エンジニアは本当に人手不足ですので、若い方であれば、プログラミング未経験からでもエンジニアになることが可能です。

ただし、未経験から転職する場合には、熱意と努力が必ず必要となります。

本当に自分がエンジニアとしてのキャリアを歩んでいきたいか自問自答し、しっかりと決意を固めるようにしましょう。