初心者向けホームページの制作方法とおすすめCMS及び作成ソフト

日本におけるインターネットの人口普及率は近年凄まじい勢いで伸びています。以前はほぼ若年層のみであったネットユーザーはシニア層にも広がりを見せています。

現代ではインターネット社会となりホームページは大きな情報収集手段となっております。

しかしながら、ホームページの作成方法や運用方法についての知識が不足しており。自社のホームページを放置してしまっていると言う事も少なくないようです。

そこで今回は、集客や認知度を上げるホームページの制作方法とおすすめのCMSやホームページ作成ソフトについて見ていきます。
是非、最後までご覧ください。

ホームページの作成方法とメリット・デメリット

ホームページを作成する方法はいくつかありますが、外部に外注する方法と自分でホームページを作成する方法についてメリット・デメリットを含めて見ていきましょう。

ホームページ作成サービスを利用

ホームページの作成を考えた時、まず考えられるのがホームページ作成サービスの利用です。専門の制作会社に依頼する事で、希望に合った本格的なサイトを作成できます。

メリット デメリット
サイト作成に関する専門知識は不要 プロが作成したサイトは詳細な操作方法がわからず編集が難しい場合がある
無駄な時間を大幅に削減できる オーダーメイドのホームページ制作は費用が高額

小規模のホームページを作成する場合はクラウドソーシングサイトを利用してフリーランスに依頼するのも一つの手です。

ネット上のCMSを利用

CMSとはContents Management Systemの略です。
これがどういう物かと言うとHTML等の言語を自動化・制御し、HTML/CSS等の知識が無くてもホームページやブログを構築する事が出来ると言う物です。

ネット上には無料のCMSツールがあります。制作費用をかけずに、容易にページの更新が出来ます。

インターネット環境とブラウザさえあれば全て完了するホームページを作成する方法です。特別なソフトも不要です。
一言でCMSと言っても何種類かありますが、比較的よく使われている物は以下の3つです。

主なCMS

・WordPress

・Movable Type

・とりあえずHP

初心者向けのCMSは後項で掲載しております。

 

この中で近年特に人気のあるCMSがWordPressです。全世界で利用されており、現在全てのWebサイトの3割以上がWordPressを利用したものになってきています。ですので、CMSを利用したホームページを作るのであれば、WordPressを使うのがおすすめです。

WordPressは使用開始時の設定が少し難しいですが、一度設定すれば以後は執筆だけに専念出来ます。
また、ホームページもブログ感覚で作成や編集が出来る反面、かなり複雑な事も出来自分なりのカスタマイズもかなり出来ます。

メリット デメリット
費用が安価である セキュリティの情弱性が問題視されている
デザインの変更が容易 自サイトと関係の無い広告が表示されるツールがある
自分で容易に更新をする事が出来る サービスが停止されホームページ自体が消滅するリスクがある
ショッピングカード機能がついたサイトが作成できるツールもある 作成ページ数に制限のある場合がある

CMSを利用してホームページを作成するならWordPressがおすすめです。

Webサイト制作の勉強法を徹底解説【独学できます】

ホームページ作成ソフトの導入

ホームページ作成ソフトを使用し、自分でホームページを作成する事が出来ます。ソフトを購入しPCにインストールする事でWebサイトの作成や運営する事が可能です。
ローカル環境でデータ管理をする事が出来、バックアップを取っておく事によりホームページ消滅のリスクが無くなります。

ソフトの種類は有料・無料があり、初心者用から上級者用まで豊富にあります。ご自身の作成したいページの構成、デザインやスキルによってソフトを選択する事が出来ます。

ホームページ作成ソフトとして知名度が高いのが下記の5品です。

主なホームページ作成ソフト

・ホームページビルダー(有料)

・ドリームウィーバー(有料)

・Microsoft Expression(無料)

・alpha EDIT(無料)

・Homepage Manager(無料)

この中で特におすすめなのがホームページビルダーです。
ホームページビルダーは長期間にわたり初心者に人気のホームページ作成ソフトです。価格もそれ程高くないので、初期投資として考えられる範囲ではないでしょうか。

ホームページビルダーには画像編集ソフト等も付属しており、ワープロソフトを扱うような感覚でホームページを作成し編集する事が出来ます。
なので、ホームページの作成の仕方が分からない方であれば、ホームページビルダーを購入すれば間違いありません。

初心者でも簡単に、安心して本格的なWebサイトを作成したい場合はホームページ作成ソフトの導入をおすすめします。

メリット デメリット
ホームページ消滅のリスクを回避できる 有料ソフトの場合多少コストがかかる
初心者用のソフトであれば専門的な知識は不要

CMSの選び方

CMSは国内、海外で開発されており、膨大の数が存在しています。その膨大の数の中から1つを選択するのは至難の業でしょうし、比較検討する時間もないでしょう。
そこでここではご自分にあったCMSを選択するためのポイントを見ていきましょう。

有料か無料か

CMSには無料の物、有料の物とあります。また、同じCMSでも無料プラン・有料プランとあるものや期間限定で無料の場合もあります。
まずはご自分の作成するホームページが無料の範囲内で作成する事ができるのか、または有料のCMSを使用し本格的なWebサイトを作るのかを決定しないといけません。

会社案内や事業案内、ランディングページのみの作成であれば無料のもので良いかもしれませんが、集客目的であったり、通販で使用したいと言う事であれば、有料のCMSを利用する事になるでしょう。

もし有料のCMSを利用すると言う事であれば上限の予算も決めておきましょう。

扱いやすさ

「初心者向け」と謳っているCMSは数多くありますが、全てが扱いやすいという訳ではありません。管理画面が見ずらいであったり、日本語に対応していないページがあるなど予期しない事態に陥る事もあります。

また、カスタマイズの自在さも扱いやすさの要素そのものです。自分に使いやすいかどうか口コミなども参考に各方面から比較検討してみてください。

デザイン性

ホームページを作ると決めた時に一番重視するのが、そのサイトのデザインではないでしょうか。皆さんおしゃれなデザインを目指して作成する事でしょう。
CMSにはホームページのデザインテンプレートが多種類入っており、簡単にデザインを変更する事が出来ます。

また、テンプレートを変えずに自分好みにカスタマイズする事も可能です。デザイン性を重視する方はテンプレート数やカスタマイズ例などを参照しCMSを選びましょう。

スマホ対応の可否

近年1人1台のスマホを所持する時代となり、WebサイトもPCとスマホ更にはiPad等のタブレット端末にも対応した「レスポンシブデザイン」が現在の主流になっています。

しかし、CMSに入っているテンプレートにはスマホに対応していないものがあるのも事実です。CMSを選択する時はテンプレートのデザインは勿論、スマホに対応しているかどうかも確認しましょう。

セキュリティ対策

CMSを選択する上で一番大事なのが、やはりセキュリティ対策でしょう。
CMSを利用した場合、ツールを提供しているサーバーにデータを保存しますし、クラウド上にて利用したりする物が多く、セキュリティが甘いと簡単にデータを抜かれると言うリスクがあります。

興味を持ったCMSのサイトに行ったら、セキュリティ対策についての記述及びプライバシーポリシーをよく読んで確認しましょう。
この2点の記述が無かったり、曖昧だったりするCMSは避けた方がいいでしょう。

初心者向けのCMS

それではここで初心者におすすめのCMSを見ていきましょう。

WordPress

WordPressはブロガーやアフィリエイターが自分のWebサイトを運営するのによく使用しています。使い勝手が良く書籍やWebサイト等WordPressを解説しているものもたくさんありますので、ブログ型のサイトを考えている場合にはおすすめです。

WordPressは海外のCMSですので、海外のテーマが多いですが、ここのところ国産のテーマも登場してきています。
無料のCMSですが、お洒落なデザインを作る事も可能です。

baser CMS

baser CMSは国産のCMSとなります。テンプレートははっきり言って少なめですが、デザインにこだわらないサイトを作るのであればテンプレート選びに迷う時間的ロスもなくなりますのでおすすめです。

さらにこのCMSは有料による制限が少ないのも特徴です。

Wix

Wixも有名なクラウド型のCMSです。全世界で使われております。ただビジネスユースの場合は有料版を使用しなければなりません。
また、仕様が海外なので操作が難しいと言う声があるのも事実です。

しかし、デザインのカスタマイズは自由ですし、何といっても大手のCMSですので、安心して使う事が出来るでしょう。

ferret One

目標として90日間で成果を出す事で設計されています。サイト作成のみならずトレーニングをしてWebマーケティングの知識を学びながらWebサイトの運営が出来ると言う新しい形のCMSです。

料金は他と比較して高めの設定ですが、今後Webを中心にしてビジネス展開を考えているのであればFerret Oneがおすすめです。

Movable Type

このCMSはブログ作成に向いているCMSです。勿論、ホームページに応用する事も可能です。コンテンツ作成、更新は簡単にでき、プラグインを使う事により機能拡張する事も可能です。

勿論、操作も簡単です。

Buddy

このCMSは純国産です。部品を組み合わせる事によってオリジナルデザインのサイトを作る事が出来ると言う新しいタイプのCMSです。
あらかじめ部品やパーツが用意されており、文字や写真を差し替えて簡単にホームページが完成します。

難しい操作は無く、初心者にかなりおすすめのCMSです。

まとめ

今回は集客や認知度を上げるホームページの制作方法とおすすめのCMSやホームページ作成ソフトについて見てきました。
いかがでしたでしょうか?

ホームページを自分で作る場合、簡単に作成及び運営が出来るCMSがおすすめです。今回ご紹介したCMSを比較検討していただきおしゃれなホームページを作ってみましょう。