【未経験者向け】今人気のPythonとJavaScriptどっちを学ぶべき?

こんにちは。エンジニアの雅です。

これからプログラミングを勉強してみようと思ってインターネットを漁っていると、世の中には様々なプログラミング言語があるんだなぁと思い知らされますよね笑

その中でもいろいろな記事でよくおすすめされているのがPythonとJavaScriptというプログラミング言語。

一体なぜこの2つのプログラミング言語が人気なのか?

結局どちらから勉強した方がいいの?

わかりづらいですよね。

そこで今回はPythonJavaScriptの2つのプログラミング言語に関して、なぜ人気なのかを解説した上でどちらを勉強する方がおすすめなのかをプログラミング未経験者向けにお話していきます!!

なぜPythonとJavaScriptが今熱いのか!?

ここでは、PythonとJavaScriptがなぜ今人気を上げてきているのか、その背景をお話していきます。

Pythonの人気が上がってきている理由

AI人材の需要の増加

IT業界では現在空前のAIブームが到来しています。

自社の製品を分析するためやマーケティングのためにAIを用いた分析を行うことが当たり前になってきている背景があります。

また、一昔前までは AI = IT業界 というイメージでしたが、現在はIT業界のみならず、食品業界や医療業界など、業界の枠を超えてAIを用いた事業が展開されています。

ですが、このAIの需要に対して、まだまだ市場のAIエンジニアの数が足りていないという現状があります。

PythonとAIがどんな関係かというと、簡単に言えばPythonにはAIを開発するためのライブラリという素材が豊富に揃っており、AI開発に特化しているとも言えるプログラミング言語だからです!

なので AI = Python と言っても過言ではありません!!

またAI人材は比較的高給で雇われるという現状もあるため、転職目的や初めてプログラミングを学ぶ人たちから人気があります。

データサイエンティストの需要の増加

みなさんはデータサイエンティストという職種を聞いたことはありますか?

割と最近登場した職種なのですが、一言でいうのであればデータを扱うプロフェッショナルです。

みなさんはビッグデータという用語を聞いたことはあるかもしれません。

現在、日常生活のあらゆるところでデータを取得することができる世の中になった今、これらの膨大なデータを解析して新しいサービスを提供できる会社が市場を勝ち抜くとされています。

そこで必要になるのがデータサイエンティストの人たちです。

Pythonはこれらビッグデータの解析にも頻繁に用いられており、データサイエンティストにとっての主要なプログラミング言語の一つでもあります。

しかし先ほどのAI人材同様、市場の需要に対してまだまだこのデータサイエンティストの人材が足りていません

そこで、このデータサイエンティストになるためにPythonを勉強する人が増えているという背景があります。

Pythonを使ってできることは?開発されたWebアプリをご紹介! AIプログラミング入門【Python】

JavaScriptが人気な理由

副業ブーム

世の中の在宅ワークが主流になってきていることや、コロナ禍で仕事がいつなくなるかわからない世の中になっているため、副業ブームが到来しています。

その副業の一貫として、プログラミングを使った副業に挑戦してみようという人が増えています。

そんな中、初めてプログラミングを勉強するという人の中で多いのがHTMLやCSSと言ったWebサイトを作る時に必要なマークアップ言語と呼ばれる言語を勉強する人が多く、その延長戦上としてJavaScriptを勉強する人が増えています。

JavaScriptは動くWebサイトには必須のプログラミング言語で、世の中の99%のWebサイトで使用されていると言われているプログラミング言語だと言われています。

Webプログラミングの代表格

先にお話したように、JavaScriptは現在の世の中の99%のWebサイトで使用されていると言われているプログラミング言語になります。

また、Pythonを使ったAI開発や、C#というプログラミング言語を使ったシステムやゲーム開発よりもWebプログラミングは参入のハードルが低いため、プログラミングに馴染みがない人でも始めやすいという特徴があります。

そのため、このWebプログラミングが人気になっており、付随してJavaScriptが人気になっているという背景があります。

JavaScriptが学べるおすすめの入門サイトを紹介!

結局どちらを勉強したらいいの?

やりたいことに合わせて選ぶ

では結局PythonとJavaScriptのどちらを勉強したらいいのかというと、やりたいこと、作りたいものに合わせて選ぶということが答えになります。

答えになってないじゃないか!

と思うかもしれませんが、どちらが最良という答えがないのです。

先ほどお話したように、PythonはAIやデータ分析、JavaScriptはWebサイト開発と、それぞれ用途が全く違います。

ですので、読者のみなさんがプログラミングを使って何がしたいかというゴールを明確にすると、必然とどちらが最適かわかるようになると思います。

本当はWebサイトとか作ってみたいと思ってたけどみんながPythonやった方がいいよ〜っていうからPythonやるか…

となると、やりたいことと遠回りになってしまい、モチベーションも下がるかもしれませんよね。

ですので、まずは自分がプログラミングで何が作りたいかを今一度考えてみましょう!!

学ぶならどちらの方が簡単?

使用する用途は無視して、学ぶならどちらのプログラミング言語がいいか、どちらが簡単かと言われると、筆者からしたらプログラミング未経験者にはPythonをおすすめします。

なぜなら、文法が簡単だから。

ここでは、PythonとJavaScriptで同じ処理のサンプルプログラムを見て比較してみましょう。

今回は以下のように1~5の数字を順番に出力するプログラムで比較してみます。

それではこの処理をJavaScriptとPythonでそれぞれ書くとどうなるのかを比較します。

どうですか?Pythonの方がシンプルですよね。

コードの細かい説明は今回は省きますが、見た目だけで言えばPythonの方が簡潔だと思いますよね。

プログラミングを初めて学ぶのであれば可能な限りシンプルの方が覚えやすく感覚も掴みやすいと思います。

初めから覚えづらいプログラミング言語を勉強すると場合によっては挫折しかねません。

もし開発したいものや用途、やりたいことが特になければPythonから勉強してみてもいいかもしれませんね!

JavaScriptの今後はどうなる?将来性や需要について考える

まとめ

いかがでしたか?

今回は今人気のプログラミング言語であるPythonとJavaScriptのどちらを勉強する方がおすすめなのかをプログラミング未経験者向けに解説していきました。

勉強したいプログラミング言語は見つかりましたか?

プログラミングはできるようになると仕事の幅も広がりますし、自分だけのシステムを開発して業務を効率化することもできるようになります。

この記事でプログラミングへのスタートを切るきっかけとなれば幸いです。