WordPressのテンプレートとは?使いこなしてオリジナルのホームページを作ろう

こんにちは。
最近ゴールドキウイにハマっているERINAです。

今回は世界中で支持されているオープンソースのソフト、WordPressのテンプレートについてご紹介します。
今や無料のものだけでも数千種類以上のテンプレートがあり、有料のものも合わせると膨大な数です。

テンプレートを使用することで手軽に自分のサイトをおしゃれに変身させ、カスタマイズすることが可能になります。

この記事では多くの人がアクセスしてくれるページを作るために必須のテンプレートについて、基本を解説します。
WordPressとテンプレート初心者の方はぜひご一読ください。

WordPressのテンプレートとは?基本を解説

無料で使えるオープンソースとして世界的な人気を誇るホームページ作成ソフト、WordPress。
個人のブログから企業のホームページまで多岐にわたって利用されています。

ブログの機能やページを更新するシステムなどさまざまな仕組みが組み込まれているため、いちいちコードを書く必要がなく、サイトの作成が簡単にできると評判です。

もともとプロ向けのツールであることから、知識がある人でないと勉強の時間がとられてしまいますが、自由度の高さと機能性の充実がウリです。
基礎知識されあれば手軽に自分だけのオリジナルサイトを作ることができます。

さらにテンプレートの機能を使えば、人目にとまるようなおしゃれなデザインや洗練されたスマートなデザインのホームページに一瞬で早変わり。

ダウンロードするだけで様々なデザインが使用可能になります。
無料で使えるものだけでも豊富にあるのでどれにしようか迷ってしまうはず。

海外のクリエイターが作成したテンプレートが多いので、外国の雰囲気が漂うおしゃれなデザインが多いのも特徴です。

デザインは企業向けのシンプルなものや、健康的でさわやかなもの、都会的なクールなものなどバリエーション豊かなラインナップ。

自分のイメージに合ったものもきっと見つかるでしょう。
ぜひテンプレートを使ってハッと目をひくおしゃれなホームページ作成に役立ててみてください。

無料と有料があるWordPressのテンプレート

はじめに、WordPressのテンプレートは無料ものと、有料のものがあります。
無料と有料との違いは、有料テンプレートの方がカスタマイズしなくてもデザインが整っている点と、機能面で充実している点です。

無料のテンプレートを反映しても、サンプルのページと同じようにならない場合やイメージと異なってしまう場合などもあるので、細部までこだわりたい場合は有料テンプレートの方が良いでしょう。

細かい設定までできる高機能なので、本格的にサイトを作りたい人向け。
もともとの完成度が高いため微調整の必要がなく、サイトの公開までの時間を短縮できるというメリットもあります。

初心者におすすめの無料のテンプレート

今は無料のものだけでも数千種類以上あり、有名な「Cocoon(コクーン)」というテーマは無料とは思えない機能の充実で評価されているテンプレートです。

初心者にも使いやすく、デザイン性も機能性も高いと支持されています。
高速化重視でシンプルなデザインが好みの方は「Luxeritas(ルクセリタス)」もおすすめです。

しかし無料のテンプレートは利用している人も多いため、オリジナリティに欠ける点も。

こだわりたい人におすすめの有料テンプレート

有料テンプレートのおすすめは「Hummingbird(ハミングバード)」。
ブログを書く人向けのテンプレートで、ヘッダー部分もおしゃれなデザインです。

「STORK19(ストーク19)」は「誰が使っても美しいデザイン」を追求したテンプレートで、検索エンジン最適化・SEOの強化はもちろん、アフィリエイトサイトに便利な機能の充実や、調整の必要がない完成度の高さが人気です。

また、有料のテンプレートを購入することによりマニュアルやサポートを受けられるといった特典がついているものも多くなっています。

一定期間メールサポートを受けられたり、サイトでの質問や解答の閲覧が可能になることが多いです。
紹介者がおまけとして付けているサンプル記事や、稼げるキーワード集などの購入者特典がついているものもあるのでチェックしてみてください。

使いやすいブログ型のWordPressテンプレート

WordPressのテンプレートにはブログ型とホームページ型があります。
ブログ型は個人で運営するブログやアフィリエイトサイトなどに使われるもので、更新された記事が一番上に表示されるようなものです。

ホームページ型は企業のサイトや店舗サイト、サービスサイトなどに使われています。
まずはブログ型のテンプレートについてご紹介しましょう。

先ほど記述した「Cocoon」や「Luxeritas」は無料のテーマですが、SEOや表示速度の高速化、カスタマイズがしやすいことから無料とは思えないほどの機能の充実が評価されています。

有料の「THE THOR(ザトール)」はサイト運営に必要な機能がすべてそろったテンプレートで、プロも活用する本格的な機能が満載。SEOの強さや高速化、検索エンジンから評価されやすい内部構造などが魅力です。

デザイン着せ替えという機能があり、デザインの経験がなくてもプロのデザイナーが作成したデザインに簡単に変更できるのも嬉しいポイントでしょう。

「AFFINGER(アフィンガー)」はブログやアフィリエイトサイトを運営する人向けのテンプレート。
有料ですが広告を簡単に挿入したりカスタマイズもやりやすいと評判です。

デザインパーツで簡単に記事作成ができ、48種類のデザインからカスタマイズが可能。HTMLやCSSのスキルがない初心者の方でも簡単に作成でき、広告の設置や管理機能が豊富です。

個人的にページを作成している人はブログ型の無料テンプレートから初めてみるといいでしょう。
もう少し凝った作りを試したくなったら有料版もおすすめです。

上級者や企業向けホームページ型のWordPressテンプレート

上級者や企業向けなのは、ホームページ型テンプレート。スタイリッシュでシンプルなデザインのものが多く、ビジネス仕様になっているものが豊富です。

一番有名で使いやすいおすすめは「Lightning(ライトニング)」。
無料のホームページ型テンプレートのなかでも人気が高いテーマで、カスタマイズなどに関する情報が本やネットですぐ出てくるのも便利なポイントです。

さらに国産の無料テンプレート「Habakiri(ハバキリ)」もカスタマイズしやすいと評判。

細かい設定までこだわりたい人に向けに多機能がついていて、ヘッダーなどのレイアウトや細部にまでオリジナリティを出すことができます。

有料で評判のいいテンプレートは「Lightning」の有料版「LightningPro(ライトニングプロ)」が圧倒的人気です。

リーズナブルながらも使いやすく、機能性もばっちり、サポート体制も万全で、ビジネスホームページを作りたいならイチオシのテンプレートです。
ぜひ検討してみてください。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、WordPressのテンプレートについて説明しました。
無料と有料でも違いがありますが、国産テーマ、海外テーマにもメリット・デメリットなど違いがあります。

国産ならカスタマーサービスが日本語で扱いやすい、海外テーマならおしゃれなデザインが豊富などそれぞれです。
使用するだけで一気におしゃれでインパクトのあるページを作ることが可能なテンプレート。

印象に残る素敵なページを目指しましょう。
あなたの作るホームページにこの記事が役立つと嬉しいです。