PHP学習で挫折する5つの理由!挫折の壁を破る習得方法

PHP学習で挫折する5つの理由!挫折の壁を破る習得方法

「PHPは簡単って聞いたんだけどな。ややこしくて挫折しそう…。」

PHP学習を始めた方は、必ずこんな悩みを持つでしょう。

プログラミング独学は9割の人が挫折に終わる世界。学習方法を間違えると、中途半端な未来しか待っていません。

この記事を読めば、

  • ・PHP学習でこれから味わう挫折を把握できる
  • ・挫折を避けるPHP学習方法が分かる
  • ・これからのPHP習得をスムーズに進められる

気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

PHP初心者が独学で挫折する5つの理由

PHPの独学で挫折してしまう理由は、主に以下の5つです。

  • ・PHP自体がHTML/CSSより難しい
  • ・時間が経つと忘れてしまう
  • ・実用までのハードルが高い
  • ・アプリ制作に必要な知識も増える
  • ・継続の時間を確保できない

それぞれの理由について、詳しく解説します。

PHP自体がHTML/CSSより難しい

PHP習得を挫折してしまう理由として、「PHP言語がHTML/CSSよりはるかに難しい」という理由が挙げられます。

PHP学習はHTML/CSSを習得した後に行うことが多いため、難しさのギャップに向上心を折られてしまうのです。

HTML/CSSと比べると、PHPは必要な知識や難しい概念も多くて難しいです。

PHPの難しさに挫折しないためには、「押さえるべきポイントを抑えること」と「HTMLとどれほどのギャップがあるかを知っておくこと」が重要ですね。

オブジェクト指向が分からなければ無視する

PHPにはオブジェクト指向という難しい概念の話がありますが、考えて理解できなければ無視することも必要です。

理解できなくてもアプリケーションは作れますし、エンジニアにもなれるので心配はいりません。

プログラミング言語に限らず、物事を理解できないときは「そういうものだ」と飲み込むことも1つのスキル。育む努力をしましょう。

ただ、どうしても理解したい場合は、PHPに詳しい方を探して教えてもらってくださいね。SNSを使えば難しくはないはずです。

時間が経つと忘れてしまう

PHP言語は難しく時間が経つと忘れてしまうため、挫折に終わってしまうことが多いです。

簡単な言語であればすぐに思い出せますが、PHPはそうはいきません。

実用的なスキルを身に付けた方でも、2,3か月空くと十分なパフォーマンスができなくなることもあります。

挫折を逃れるためには継続的に勉強することが大切。歯みがき等と同じ感覚で、毎日触れ続けると良いですね。

実用までのハードルが高い

PHPは基礎を学んでもすぐに実用できないため、達成感を味わえずに挫折してしまうケースも多いです。

HTMLやCSSはコードを間違えてもページが開きますが、PHPはコードを間違えるとページ自体が見えなくなってしまいます

コードのどの部分が間違っているか把握しづらく、悩む時間が増加。結果、達成感を味わえずに挫折してしまいます。

挫折を避けるには、PHPに詳しいメンターを雇い、完成したコードを1回1回確認してもらうのがオススメですね。

アプリ制作に必要な知識も増える

PHPでアプリケーションを作成したい場合は、言語以外の知識も必要になり、挫折してしまうケースもあります。

Webアプリケーションを作るなら、以下のような知識も蓄えなければなりません。

  • ・Cookie/Session
  • ・HTTPリクエスト
  • ・フレームワーク
  • ・セキュリティ
  • ・データベース etc

そもそもPHPは言語自体が難しいため、加えて何かを覚えることを負担に感じるのです。

アプリ制作の知識にうんざりしている方は、まずPHPのみに集中するのがオススメ。ほかの知識は余裕を持てた段階で踏み込むと良いですね。

継続の時間を確保できない

PHPを学習する時間を確保できず、挫折してしまう方も多いです。

仕事で一日の大半を費やしている方は、PHPに触れられる時間はわずか。蓄えても「寝て忘れる」の繰り返しになっているでしょう。

前述のとおり、PHPはプロでも忘れやすい言語のひとつなので、こればかりは継続あるのみです。

日中の仕事で疲れているかもしれませんが、本当に習得したいなら体を奮い立たせて手を動かすようにしましょう。

PHPを挫折なしで習得する3つの方法

PHPを挫折なしで習得するためには、以下の3つの方法がオススメです。

  • ・プログラミングスクールに通う
  • ・動画で学習する
  • ・SNSでメンターを雇う

3つの方法は共通して「1人ではないこと」を覚えておいてくださいね。

では、それぞれの方法について解説します。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通うことのメリット・デメリットは以下のようになります。

メリット デメリット
・メンターに相談できる
・PHP以外の知識も身につく
・スクールでプログラム仲間ができる
・自由な時間で受けられない
・多大なお金がかかる

お金がかかることから敬遠されているスクール学習ですが、同じレベルの仲間・コード相談のできる先生がいることは非常に心強いです。

また料金の相場は、以下のようになります。

入会金 教材費 授業料
10000円程度 1000円~60000円 月々15000円程度

お金が大きなネックですが、料金以上の価値は十分にあります。

プログラミング言語の習得は今後の人生において素晴らしい活躍をするでしょう。その努力を挫折に終わらせるのは非常にもったいないです。

挫折を避けられるだけでもかなりの価値があるので、一度検討してみるのがオススメですね。

動画で学習する

動画でPHPを学習するメリット・デメリットは以下のようになります。

メリット デメリット
・自由な時間に受講できる
・コードミスを把握しやすい
・無料の動画もある
・お金がかかる
・勉強時間を自分で管理

動画学習は無料のモノで体験しやすいですし、自由な時間帯に受講することも可能です。

また、動画と並行してコードを組むため、自分がどこでミスしたのかも把握しやすいです。

ただし、勉強する時間を自分で管理する必要があるので、計画的に学習を進めるようにしましょう。

SNSでメンターを雇う

SNSでメンターを雇って学習を進めるメリット・デメリットは以下のようになります。

メリット デメリット
・メンターに相談できる
・お金が安くなることも
・本物のエンジニアから学べる
・自由な時間で受けられない
・お金がかかる
・怪しいメンターも多い
・SNSで見つける手間がかかる

好条件で実績のあるメンターを見つけることができれば、最も効率的にPHPを学ぶ方法になります。

ただし、この方法に挑戦する場合は以下の5つのポイントを確認してください。

  1. 本当に実績のある人か
  2. スクールやほかのメンターより費用が安いか
  3. 良い評判を受けているか
  4. こまめに連絡を取れる人か
  5. 同意内容は適切か

これらの情報はネット上に飛び交っているので、正しい情報を収集しましょう

リスクも高い方法なので、安心感を求める方はスクールに通うのがオススメですね。

PHPを1人で書籍学習するのはNG

PHPを習得する際、書籍を買って1人で勉強するのは絶対NG。

HTML/CSSであれば1人でも習得しやすいですが、PHPほどの難しさになると1人で勉強するのは挫折への道を辿るようなもの。本当に意志の強い人でないと不可能です。

ただし、書籍自体は良質なものが多いので、動画で学習しながら書籍も並行して進めるのがオススメですね。

仲間や先生を用意したうえで、継続しやすい方法を選択しましょう。

PHPは継続しやすい学習方法を選ぶのが大切

PHP習得は、より継続しやすい方法を選択するのが近道です。

プロレベルで実用するためには、やはり継続がカギ。あきらめず油断せず、学習し続けた方がたどり着ける世界です。

  1. 1人で勉強するのは絶対NG
  2. より継続しやすい方法を選択する
  3. PHP習得後も継続して努力する

以上の3つの教訓を胸に、PHP習得の道を歩んでくださいね。