ITの業界で働くならまずはキャリアについてプランを立てよう!

ITの業界で働きたいと考えている方、将来のキャリアについてもうプランは描けていますか?

ITの業界で活躍するというのは今は目標かもしれませんが、実は長いキャリアから見るとスタート地点に他なりません。自分のキャリアを充実させるためには自分に合ったプランを考え、それに向かって日々邁進していくことが大切です。

そこでここでは今はまだIT業界でのキャリアプランを決めきれていないという方のために、IT業界で一番代表的な職種であるITエンジニアのキャリアプランについて詳しく紹介していきますよ。

ITの業界の代表的なキャリアプラン プロジェクトマネージャーを目指す

まず初めに、ITの世界でエンジニアを続けるとどのようにキャリアアップしていく可能性があるのかを紹介します。

王道のコースですが、それゆえに自分のキャリアプランを考える時に参考になるのは間違いありません。

プログラマー → システムエンジニア → プロジェクトリーダー → プロジェクトマネージャー

まずはプログラマーとして経験を積む

ITエンジニアとして採用されるとほとんどの場合まずプログラマーとしての仕事を任されます。ITエンジニアになった段階でプログラミングの知識はある程度あると思いますが、実際にプログラマーとして働き出してから学ぶことも非常に多いです。この時期に色々な経験をして技術を磨くこがその後のキャリアにとって重要になります。

次にシステムエンジニアを目指す

プログラマーからシステムエンジニアになると、こんどはシステムのプログラミングでなく設計するのが主な業務になります。将来を見据えて資格の取得も考えましょう。

プロジェクトリーダーに昇進

プロジェクトリーダーはこの段階から実際にシステムを構築するだけでなく、その前の顧客とのやり取りや個々のプロジェクトやチームの管理も任されるようになります。スタッフとの人間関係を構築するというようなシステムやプログラミング以外のスキルも求められますよ。

プロジェクトマネージャーとしてプロジェクト全体を管理

プロジェクトマネージャーは何人かのプロジェクトリーダーを統括する立場です。顧客との打ち合わせや予算と利益の算出さらに期限までにシステムを納品するためのスケジュール調整などを行います。プロジェクトが成功するかどうかの責任を背負う重要なポジションです。

ITの業界のキャリアプラン 専門性を突き詰める

ITの世界でエンジニアがたどる代表的なキャリアを紹介しましたが、もちろんプランとして考えられる道筋がこれだけというわけではありません。

プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーのようなチームを管理する立場になるのではなく、現場に技術者としてとどまるという選択肢もあります。

ここではITの業界における現場のスペシャリストというのが一体どういう仕事なのかを紹介しますよ。

エンジニアをまとめるリーダーに

ITやプログラミングについて深い知識や技術を備えた開発現場のリーダーとなるキャリアプランがあります。リーダーとしてスタッフをまとめるのはもちろん、頼れる技術者として適切なコードをアドバイスしたりプログラマーが入力したコードをチェックしたりといった役割を任せられます。

エンジニアをまとめるリーダーには

・スペシャリスト系:1つの分野に誰よりも詳しい

・ゼネラリスト系:幅広い分野に深い見識を持つ

があります。スペシャリスト系は一つの分野に絞って知識や技術を磨いていくため、その分野では誰よりも頼られ必要とされる存在です。ただ新しい技術が次々と生まれ移り変わりが激しいIT業界で、自分の知識がこれからもずっと今の価値を保ち続けるかどうかが分からないという不安要素があります。

一方ゼネラリスト系は1つの分野についての知識はスペシャリスト系に劣るかもしれませんが、その分幅広い分野の知識を有します。システム開発だけでなく企画や運用にも携わることがありますよ。

ゼネラリスト系は新しい技術についても絶えず学んでいくため、IT業界でこれから先もずっと必要とされ続ける可能性が高いです。

SEとしてスペシャリストを目指す

開発現場ではなくSEとしてのスペシャリストを目指すというプランもあります。SEはプログラミングをするのではなく、システム全体の設計をする役割があると先ほど紹介しましたね。

SEのスペシャリストはそれに加え顧客との打ち合わせの中でニーズを的確につかみシステムを提案するというようなコンサルティング能力もそなえた人たちのことです。

顧客と円滑にやり取りできるコミュニケーション能力やビジネスの知識を身につける必要がありますが、それと同時にプログラミングの知識も必要になります。

ITの世界でプラン通りにキャリアを進めていくために大切なこと

ITの世界で働く人が自分のこれからのキャリアを考えプランを描くために、代表的なキャリアパスを紹介しました。

中には自分は将来こうなりたいと淡い目標を抱いた方もいるかもしれませんね。

そこでここではIT業界でエンジニアとして理想のプラン通りにキャリアを築くために大切なことをまとめます。

プロジェクトマネージャーを目指すなら技術とともにマネジメント能力も磨く

プロジェクトマネージャーになると自分でシステムの設計やプログラミングをすることはほとんどなくなりますが、プログラミングについてある程度の知識がないと顧客との打ち合わせやプロジェクトの計画を立てることができません。

なので、将来マネジメントに進みたいと考えていたとしても、キャリアのスタート時点ではプログラマーやシステムエンジニアとして現場を経験することが大切です。

そして技術をつけるのと並行しコミュニケーション能力や予算を管理する能力それに現場の人間関係を調整する能力を求もつけていきましょう。企業の中で働いている方はおのずと他の部署のスタッフとの関係性も重要になりますよ。

プロジェクトマネージャーとして活躍するには下請けではなく自社でシステムの提案や構築を行っているある程度大手の企業で働く必要があります。もしキャリアの初めで就職した会社がSIerだった場合は、そこで経験を積んだ後30代くらいで転職を考える必要が出てくるかもしれません。

プロジェクトマネージャーを目指す場合におすすめの資格

・プロジェクトマネージャ試験

・ITストラテジスト試験

・基本情報技術者試験

SEとしてスペシャリストを目指すなら技術とともにコンサルタント能力も磨く

システムエンジニアのスペシャリストを目指す場合求められる資質はプロジェクトマネージャーと似ています。キャリアのスタート地点ではやはりプログラマーとして技術を身につけ、その後システム設計や顧客とのコミュニケーション能力、提案力やビジネスセンスも磨いていきたいです。

働いている会社にこのポジションがないならSEからITコンサルタントへの転職を考えるのも一つの手ですね。

SEとしてスペシャリストを目指す場合におすすめの資格

・基本情報処理技術者試験

・応用情報技術者

・プロジェクトマネージャ試験

エンジニアをまとめる現場のリーダーを目指すならとにかく技術を磨く

プログラマーのリーダーとして技術や知識で現場をリードする存在になりたいなら、とにかく技術を磨きましょう。キャリアのスタートではプログラマーとしてできるだけ沢山の経験を積み、自分の専門を決めたうえでその分野について知識を蓄えていく必要があります。

例えばより良い条件の職場に転職しようと考えた場合、ITスペシャリストと証明するにはシステム管理、アプリケーション共通基盤、ネットワーク、プラットフォーム、セキュリティ、データベース、アプリケーション共通基盤、ネットワーク、プラットフォームの分野で高い知識をもっている必要があります

そのためこれを証明する資格取得を目指すことも考えてください。

エンジニアをまとめるリーダーを目指す場合におすすめの資格

・データベーススペシャリスト試験

・ネットワークスペシャリスト試験

・応用情報技術者試験

・ITストラテジスト試験

・システムアーキテクト

ITの分野で活躍するためにキャリアプランを立てるのが大切な理由

なぜITの分野で活躍していきたいと思った時にキャリアについてのプランを立てる必要があるのでしょうか。

それは早くから自分がこの先どんな働き方をしたいのかを考えた時に、はっきりしたプランがある方が早くからそれを実現するための準備ができるからです。

マネージャーになるのと現場のスペシャリストになるのとではするべきことが全く違いますよね。

また「ITエンジニアとしてどんなキャリアプランを持っていますか?」というのは就職活動をしていると必ずと言っていいほど面接できかれます

もちろんキャリアについてしっかり自分のプランを語れる方が、面接で好印象になりますよね。

ITの世界で働くなら、早くからしっかりとキャリアプランを立てておくようにしたいです。

まとめ

IT業界のキャリアプランを探るためにITエンジニアの代表的なキャリアプランについて紹介しながら、プラン通りのキャリアを実現するために大切なことやなぜキャリアプランが必要なのかについて説明してきました。

ITエンジニアを目指していたりなりたてだったりする方は日々の勉強で将来のことまでなかなか考えられないかもしれないですが、将来何を目指すのかがはっきりした方が自分が力を選ぶべき分野も必然的にわかってきますよね。

この記事が皆さんが自分らしいキャリアプランを立てる助けになれば幸いです。