フリーランスになるには何を準備したらいいの?【わかりやすく解説】

フリーランスになるのに何を準備したらいいの?
フリーランスになるのが不安。
フリーランスになる準備を完璧にこなしたい。

このような悩みを抱えていませんか?
今回は、フリーランスになるために準備するものをわかりやすく解説していきます。

この記事を最後まで読めば、フリーランスへの不安がなくなるはずです。
ぜひ、最後まで読んでみてください。

フリーランスになるために準備するものとは?

フリーランスへのなり方

まず、フリーランスについて簡単に説明していきます。

フリーランスとは、会社に勤めず自宅で働いている人のことを言います。
自由な働き方で、人間関係とは無縁!と、あこがれる人も多いと思いますが、どのようにすれば、フリーランスになることができるのでしょうか?

フリーランスになるために準備するもの!

フリーランスになるために準備するものを、具体的に説明していきます。

スキル

どのようなフリーランスになるかにもよりますが、一般的にフリーランスでは次のようなスキルが必要です。

【ライター】ライティングスキル
【エンジニア】プログラミンスキル
【webデザイナー】webデザインのスキル

このようなスキルをつけるのは1年ほどかかるので、会社勤めをしながら、空き時間や休みの日を利用してスキルを身に着けましょう。
いますぐ会社を辞めたいのであれば、勉強中生活に困らない程度の貯金をしてがっつり短期集中して勉強するのもありです。

ノースキルでもフリーランスになれる?

ノースキルでもクラウドソーシングを覗けば、こなせる案件はたくさんあります。

ですが、誰でもこなせる案件だと、単価は低いので、かなりの量をこなさないと生計を立てることは難しいです。
そのため、スキルを取得してからフリーランスを目指すのがオススメです。

 

フリーライターは稼げる?フリーライターで稼げるようになる方法!
フリーライターは稼げる?フリーライターで稼げるようになる方法!
このような悩みを抱えていませんか? 今回はフリーライターは稼げるのか?フリーライターとして稼ぐ方法をまとめまし ...

 

パソコン

既に持っている人は必要なしですが、パソコンがないとフリーランスとして働くのが難しいです。

パソコンはMacじゃないとダメ?

エンジニアというとマックブックを使っているイメージが強いと思います。

その理由は、開発がしやすい環境にあり、使いやすいからなのですが、別にWindowsでも問題はありません。

エンジニアがMacを使う理由

・Apple製品向けのアプリ開発ができる
・Swiftが使いやすい
・直感的に操作できる

ポートフォリオサイト

フリーランスになって、未経験から仕事を獲得していくことになりますが、実績が0のうちに仕事を受注するのは難しいです。
いくら【私はこんなことができます】と口で説明したところで、実績が0ならば信頼されません。

そのため、ポートフォリオサイトを作っておくのがオススメです。

ポートフォリオサイトとは?

・ポートフォリオサイトに載せるもの

・職歴や経歴、簡単な自己紹介
・実績・スキル
・SNS(あればでOK)

ポートフォリオサイトはスキルがわかりやすいのがメリットです。

実績がなくて載せるものがなくて困るかもしれませんが、最初のうちは【模写コーディング】でも十分です。
おしゃれなサイトや、種類の違うサイトを豊富に模写して、【いろんなことができる人材】であることをアピールしましょう。

※サーバーやドメインをとらなくても、ポートフォリオサイトぐらいなら、GitHubでOKです。【無料でネット上に公開できます】

口座・クレジットカード

フリーランスになると確定申告をしないといけないので、口座は分けておくのがオススメです。
また、フリーランスになるとクレジットカードの審査が通りにくくなるので、フリーランスになる前に作ってしまうのがオススメです。

健康保険と年金の手続き

仕事をやめたら、健康保険を国民健康保険に切り替え、年金は国民年金に切り替える必要があります。
【めんどくさそう】と感じますが、市役所に行って聞けば簡単に行えます。

確定申告について

フリーランスになると確定申告しないといけないの?
確定申告ってめんどくさそうだし、脱税で逮捕されそうで怖い

このようなイメージがあるかもしれませんが、確定申告は簡単に行えますし、怖くありません。

青色申告と白色申告の違い

開業届を出すと青色申告ができて、節税しやすくなります。
開業届を出していないと白色申告になり、節税がしにくいですが、小さなフリーランスだとそこまで大差はありません。
念のため、開業届を出して青色申告に切り替えておくのがオススメです。

開業届を出すタイミング

開業届はいつ出せばいいの?

退職の手続きが終わってからでOKです。

開業届って難しそうだし、めんどくさそう。

「開業freee」というツールを使えば、簡単に行えます。
ネット上で入力するだけで簡単に書類が完成します。

青色申告の方法【簡単・怖くない】

青色申告は、ツールを使えば簡単に行えます。
ツールは「freee」というツールがオススメです。
驚くほど簡単なので誰でもできます。

ツールの導入は早くからする必要もなく【固定費が増える】、確定申告の直前でOKです。
また、毎月経費で使った、レシートはファイリングをしておきましょう。

余裕があるなら外注もあり

売り上げがあるなら外注もオススメです。
お金がかかるイメージですが、10万円ほどで可能です。

フリーランスで準備する必要のないもの

フリーランスで準備すべきでは?と思うものに答えました。

名刺

名刺はクラウドソーシングなどのネット上でクライアントを探すのであれば、特に必要ありません。
交流会に参加し、営業する予定があるのなら、作っておいてもいいでしょう。

名刺は名刺用紙を1000円ほどで購入し、専用のツールで簡単にできますし、自宅でデザインしてプリントだけ格安で外注もできます。

税理士

税理士も特には不要です。
ネット系の業務だと、基本的に売り上げ=利益となるので、わかりやすいです。

年収が増えて、管理が複雑で大変になってきたら検討もありですが、最初は必要ありません。

事務所

事務所ももちろん不要です。
フリーランスで事務所がないと信用がないなんてこともないですし、固定費はなるたけ上げないのがベストです。

フリーランスになるなら知っておきたいこと

フリーランスになるなら自分で案件を獲得していく必要があります。
フリーランスになるなら技術力だけでなく次のことを知っておきましょう。

1.見積書や請求書の知識
2.営業
3.納期厳守
4.初心者なら即レスすべき

見積書や請求書の知識

値段の提示はクライアントとの駆け引きになります。
見積書や請求書の知識がないと、相手から舐められ、低い金額を提示されることになります。

実績0から1を作る最初は破格で勝負するのは仕方のないことですが、実績がついてきたならば、スキルの安売りするのはやめましょう。

営業

フリーランスでは、自分で案件を獲得するのに悩む人が多いです。
いくらスキルがあってもそれをアピールしてクライアントに伝えられなければ意味がないからです。

提案の仕方やポートフォリオサイトの作り方も大切です。

営業力をつけるならウェブカツがオススメです!

営業とか難しそうで自分には無理です。

こんな人にはウェブカツがオススメです。
ウェブカツは他のプログラミングスクールではカリキュラムに含まれていない、営業がカリキュラムに含まれているため、高いスキルと営業力どちらも身に着けることができますよ。

 

ウェブカツ‼は口コミが悪いのか?ウェブカツ‼受講生が語る充実のカリキュラム
ウェブカツ‼は口コミが悪いのか?ウェブカツ‼受講生が語る充実のカリキュラム
今回お話を伺ったのは、広告会社で営業職に従事しながらWebエンジニアを目指すK.Yさん。 大学時代は建築につい ...

 

【信頼確保】納期厳守と即レス

フリーランスなら実績や信頼がとても重要なので、初心者のうちは、納期厳守と即レスを意識しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はフリーランスになるために準備するものをまとめました。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。