フリーランスに必要なスキルとは?スキル不足だとどうなる?

自分で仕事を選び、高い収入を得ることに憧れてフリーランスを目指す人も少なくありません。しかし、仕事を見つけることができなければ、1円も収入が得られないのもフリーランスです。

フリーランスに必要なのは、業務に関するスキルだけではありません。正しい情報を収集し、決断し、管理するスキルも重要です。そこで今回は、フリーランスとして働くために必要なスキルを紹介していきます。

フリーランスに必要なスキルとは

フリーランスとして働くには、会社員よりも多岐に渡ったスキルが求められます。それでは、フリーランスとして働く上で求められるのはどのようなスキルなのでしょうか?

フリーランスとして必要なスキルを紹介していくので、これからフリーランスとしての活躍を考えている人は、スキルが備わっているかを確認してみましょう。

フリーランスはスキルなしでもできるのか?フリーランスになる方法!
フリーランスはスキルなしでもできるのか?フリーランスになる方法!
このような悩みを抱えていませんか? 今回は、スキルなしの未経験でもフリーランスになることはできるのか?フリーラ ...

リテラシースキル

フリーランスとして仕事をするには、有益な最新情報を収集し、正しく分析できるリテラシースキルが必要です。

フリーランスは、1人や少人数で働く場合が多いので、トラブルが発生した場合には、自分達で解決することになります。つまり、正しい情報を取捨選択し、的確な判断をできる能力が必要不可欠ということです。

また、業界の流れや新しい技術に対して、常にアンテナを張っている必要があります。古いやり方をいつまでも続けていては、衰退するだけです。時代の変化に合わせた柔軟な発想で働くためにも、フリーランスにはリテラシースキルが重要です。

自己管理スキル

仕事とプライベートの境界があいまいになりがちなフリーランスには、自己管理スキルが必要です。納期に間に合うペース配分で仕事をして、スケジュールに遅れが出ないようにしないといけません。

また、スケジュールが遅れたり、工数に無理があっても自己責任です。スケジュールが厳しい状況であれば、仕事を断る決断もフリーランスには必要です。

なお、体調管理も徹底するようにしましょう。仮に、長期休業が必要な病気になった場合、会社員であれば傷病手当が支払われますが、フリーランスの場合は収入が0になってしまいます。病気の予防はもちろん、規則正しい生活を心がけて体調を崩さないことも重要です。

無理な働き方をしがちなフリーランスだからこそ、「体が資本」だということを忘れないようにしましょう。

コミュニケーションスキル

フリーランスとして働く場合、コミュニケーションスキルはとても重要です。特に、仕事を受注する際には、クライアントとの意思疎通を正確に行う必要があります。クライアントのニーズをどれだけ汲み取ることができるかで、案件の満足度や今度の取引に大きく影響があります。

クライアントのニーズを上手く汲み取ることができれば、想定を超えた付加価値を提供できることもあるでしょう。また、相手の話を理解するだけでなく、自分達のサービスの有益性を上手く伝えることも重要です。

理解するという面でも、伝えるという面でも、コミュニケーションスキルは、フリーランスとして稼ぐには必須のスキルだといえるでしょう。

環境適応スキル

会社員を経験した人の中には、フリーランスの働き方に窮屈さを覚える人もいるかもしれません。働きやすい環境が整った会社員に比べ、フリーランスの職場は自宅や小規模オフィスがほとんどです。必要な道具や機材は自分達で調達する必要があります。時には、クライアントのオフィスの一角を借りて、作業する場合もあるかもしれません。

このように、自分の置かれた職場環境に適応して、効率よく仕事を完遂できる能力が、フリーランスには必要なスキルです。

マーケティングスキル

フリーランスとして案件を獲得するためには、マーケティングスキルも必要です。クライアントに興味を持ってもらうため、自分たちが提供できるサービスの利点をアピールできるようになりましょう。

例えば、やみくもに営業活動をするのではなく、自分の強みを魅力的だと感じてもらえる相手にプレゼンした方が効率的です。そのため、クライアントのニーズに合わせてアピールするべき内容を変えた方が案件を獲得しやすくなるでしょう。

稼ぐビジネスマンが必ず持っているスキルとは?
稼ぐビジネスマンが必ず持っているスキルとは?
あなたはエンジニアに転職して稼いでいくために必要なものはなんだと思いますか? ・プログラミングスキル ・日々学 ...

ビジネスマナースキル

フリーランスで働く場合、自分が会社の顔となります。そのため、社会人として最低限必要なビジネスマナーは身につけておくようにしましょう。

フリーランスを目指す人の中には、ラフな服装で自由に働く姿に憧れているかもしれません。しかし、見た目や態度のイメージで、仕事をできないと思われる場合もあります。

「見た目や態度で決めつけるような相手とは取引したくない」と思う人もいるかもしれませんが、見た目や態度に少し気を使うだけで、相手に良い印象を与えることができるのであれば、そんな簡単なことはありません。

逆に、「マナーができている相手とは取引したくない」と考えるクライアントはいません。正当な評価を受けるためにも、最低限のビジネスマナーだけでも押さえておいた方が良いでしょう。

また、仕事を進める上のマナーも重要です。納期を守ることや遅れてしまう場合の対応、トラブル発生時の対応などもビジネスマナーに含まれます。

トラブルが発生しても、クライアントに納得してもらえれば、必要以上にイメージダウンすることを防ぐことができますし、時には好印象を与えることもできます。自分達が原因でトラブルが発生した場合でも、ビジネスマナーをしっかりとできていれば、誠実さが伝わり、失注を防ぐことにつながるかもしれません。

ビジネスマナーは、知っていて損するものではないので、常識レベルの教養は身につけておくようにしましょう。

価格交渉スキル

フリーランスとして稼ぐために必要なスキルが、価格交渉スキルです。毎回クライアントの掲示する言い値で受注していては、安く買いたたかれてしまいます。

案件を受ける際には、妥当な価格で受注するようにしましょう。自身の提供できるサービスが、クライアントにニーズにとってどれだけの価値があるのかを判断して、報酬額を交渉しましょう。

なお、作業自体が簡単でも、拘束される時間が長くては、効率的とはいえません。その案件で、自身の時間がどれだけ浪費されるのかも判断材料の1つにするようにしましょう。

価格が高すぎると継続した受注が難しくなり、価格が安すぎると自分の作業時間が浪費されます。お互いに納得できる「適正価格」で案件を受注できるように交渉するのがベストだといえるでしょう。

スキル不足なフリーランスの働き方

クライアントがフリーランスに求めるのは「プロフェッショナル」としての仕事が一般的です。

社内の人間では、対応できないためフリーランスに外注するのです。しかし、受注したフリーランスがスキル不足だった場合、継続して案件を依頼されることは少なく、人脈やコネクションを広げて案件を獲得するのも難しいです。すると、単価の安い案件を複数こなして稼がなければならない状態になります。

最近では、クラウドソーシングサービスを使って、誰でも気軽にスキルを提供することができます。また、クラウドソーシングで募集される案件は、比較的簡単で、高いスキルレベルが求められることは少ないです。しかし、その分応募者も多いので、激しい競争の中から案件を勝ち取らなければなりませんが、案件自体の単価は安い場合が多いです。

ITスキルアップは何歳からでもできる!
ITスキルアップは何歳からでもできる!
こんにちは。最近アイスクリームメーカーを購入し、手作りアイスづくりにはまっているサイトウです。 さて、本題に入 ...

まとめ

フリーランスとして働くには、会社員よりも多岐に渡るスキルが必要です。業務に関するスキルは大前提として、自身のスキルとクライアントのニーズをマッチングさせるためのスキルも必要です。

自分で仕事を見つけて、対価に見合った報酬を得ることができなければ、フリーランスとして働くことは難しいです。フリーランスとして働きたいのであれば、自分にフリーランスとして必要なスキルが備わっているかを今一度考えてみましょう。