未経験からフリーランスを目指す方法と注意点

最近ではスキルを活かして自分のペースで仕事をしたいなどとしてフリーランスとしての働き方が注目を集めています。
しかし、「未経験でもフリーランスになれるのか?」と疑問を持っている人も少なくないようです。

そこで今回は、未経験者がフリーランスを目指す方法やその際の注意点、おすすめの仕事などを見ていきます。是非最後までご覧ください。

未経験、スキル無しからのフリーランスは簡単ではない

まず結論を言ってしまうと未経験、スキルの無い状態からフリーランスを目指すと言う事は簡単ではありません。
様々なリスクであったり、デメリットがあります。

フリーランスは即戦力として期待される

そもそも、フリーランスと言う時点で即戦力としてみなされています。ということはそれ相応のスキルが必要と言う事です。
大前提としてフリーランスとはその道のプロであると言う事を理解しましょう。プロかどうかを判断する際の目安となるのはやはり実務経験なのです。

正社員ではないので、長い目で見てくれると言う事はありません。クライアントが望んでいる仕事が出来なければ切られてしまうと言う事です。
更に実務経験が無いと案件の獲得も難しいと言う事も事実です。

運よく1つの案件を獲得したとしても、クライアントは実務経験を重視する傾向にありますから、安定して仕事を獲得し続けると言う事は厳しいでしょう。

いざという時に助けてくれる人がいない

フリーランスとは基本的に個人での業務です。助けてくれるような上司や先輩はいません。
依頼された案件に対しての正しい学習の仕方であったり、何か分からない問題が発生したとしても全て自分で解決しなければなりません。

実務経験無しでは契約単価は低くなりがち

実務経験や今までの実績が無い場合、どうしても期待値が下がりますので総じて契約単価は低くなる傾向にあります。

フリーランスは大きく稼げると思い目指している方も多いですが、それは実務経験や実績があってこそです。実務経験が無い人はクライアントの期待値が下がりますので、どうしても低い契約単価になりがちです。

そのような方がフリーランスとして稼ぐには、コツコツと地道に実務経験を積み、報酬を上げていくしかないでしょう。

スキル不要の案件は単価が低い

実はスキル不要でフリーランスとして受注できる案件もあります。しかし、そういった仕事は希望者が多い為、必然的に単価は抑えられます。

このような案件の場合、正社員として働いている場合と同じ時間働いても、低い給料しか貰えない可能性が高いです。
労働時間に対しての収入が見合わないのであれば生計を立てていく事ができませんし、そもそもフリーランスの意味がありません。

フリーランスとして生きていくと言う事であれば、スキルが必要な高単価の案件を目指すと言う事が基本になります。

未経験の場合案件を獲得するハードルが高い

フリーランスが案件を得るためにはやはり信頼が必要となります。
仕事をこなす上でも責任が必要になりますので信頼が無いとその仕事を任せて貰えない可能性があります。
その信頼も実績と実務経験があってはじめて得る事が出来るものです。

フリーランスに仕事を紹介してくれるフリーランスエージェントというサービスがありますが、このようなサービスを利用しても未経験の場合なかなか案件を紹介してもらえません。

仕事が全くないという訳では無いのですが、仕事の紹介を受ける際は実務経験がないとなかなか難しいところです。
未経験者の場合はコネを作る事も必要でしょうし、自分で営業をかけて案件を獲得しなければならない時もあるでしょう。

フリーランスはスキルなしでもできるのか?フリーランスになる方法!
フリーランスはスキルなしでもできるのか?フリーランスになる方法!
このような悩みを抱えていませんか? 今回は、スキルなしの未経験でもフリーランスになることはできるのか?フリーラ ...

 

未経験、スキル無しからフリーランスを目指すためのステップ

前項でお話しした通り未経験からはフリーランスと言うのはなかなか難しいですが、無理という訳ではありません。

難しいと言う事を理解した上で未経験、スキル無しでフリーランスを目指したいと言う方向けにどのようなステップを踏めば良いかをご案内します。

準備期間を設ける

フリーランスとして独立するためには、最低でも3ヶ月以上の準備期間を設定しましょう。
その準備期間の間で仕事で通用するスキルを学ぶ期間を確保します。
これを怠ってしまうと、いざ案件を獲得できたと言う事になっても、何もできずに終ってしまいます。

また、この間に確定申告であったり、経費など経理関係などフリーランスとして活動していくための知識も身につけておきましょう。

方針決定

準備期間の設定後、フリーランスとしての活動方針を決定します。まず考えなくてはいけない事は何をメインの仕事とするかです。そして万一その仕事が軌道に乗らなかった時のお金を稼ぐ方法も考えておかなければなりません。

リスクヘッジをしておけば、万一の場合にも焦らずに行動する事が出来ます。また、この準備期間中にクラウドソーシングにも登録しておきましょう。

成功している人の情報からノウハウを学ぶ

フリーランサー、Webライター・ブロガー等、成功している人達の情報を集めて学んでおくことが大切です。成功している人たちはフリーランスとして仕事をしていく中で避けなければならない行動やしておくべき事、心構え等、フリーランスとしての教科書になってくれます。

今後自分がフリーランスで働くことを考え、予習をしておきましょう。

働きながらスキルを身につける

現在の会社で働いているうちに、必要なスキルを身につけてしまいましょう。仕事終了後の空いた時間であったり、休日を利用して学習しておかなければ、フリーランスとして稼げるようになるのは難しいと言わざるを得ません。

フリーランスとして活動していくためには、一時の努力と我慢は必要です。この時だけは遊ぶ時間を削ってでも、まずはスキルを身に付けてしまいましょう。

仕事を辞めてから必要とされるスキルを短期間で一気に学習するという考え方もありますが、失敗した際のリスクが高いのでおすすめできません。
現状働きながらの学習であれば、スケジュールの再設定や転職と言う方針転換も可能です。

柱と言える収入源を作る

ここまでのステップを踏んで仕事をこなし、フリーランスとして柱となる収入源を確保しておきましょう。
そうしておいて本業として最低限生活費に困らなくなるまで続けてください。

道のりが長くなりますので「3ヶ月以内に達成する」等と目標を立てておきましょう。その際は副収入を得る事も考えておきましょう。

目標額を達成した時点で独立する

1ケ月でいくら稼ぐんだと言う目標額を設定しておき、達成したら独立しましょう。
はじめは皆さん不安を抱えながら独立します。しかし、自分の力で目標額を稼いだと言う事実は間違いありません。自信をもって案件の獲得に全力を尽くしましょう。

最初の勢いというのはとても大事です。気持ちが途切れることなく、モチベーションを保って頑張っていきましょう。

未経験、スキル無しでフリーランスを目指す事の出来るおすすめの仕事

前項では未経験、スキル無しからフリーランスを目指すためのステップを見てきました。

ここからはスキル無しからフリーランスを目指す事の出来るおすすめの仕事を紹介します。

ライター

フリーランスとして働いている方も多いライターです。ライターが執筆できる媒体は近年幅広くなり案件を獲得出来るハードルも下がってきています。

文章を書くことが得意でなくても、はじめの頃は編集の方に記事の方針であったり、内容を説明してもらいながら執筆を進める事ができるので誰にでも出来る仕事です。

但し最初の単価は基本的には安価であることが多いので、高収入を目指すのであればライティングのスキル向上は必須です。

ライターには紙媒体とWebライターがありますが、未経験の方におすすめなのは、Webライターです。クラウドソーシングを利用すると各種案件が見つかります。Webライターはブログをはじめニュースや情報サイトなどで記事を作成する仕事です。
IT業界や医療など専門分野に特化した知識であったり、SEO、マーケティング等のプラスアルファのスキルを得る事が出来れば高収入も実現可能となります。

クラウドソーシングを利用してひとまず仕事をはじめてみて、同時にスキルを磨いていくのがおすすめです。

ブロガー

自分で運営するブログに記事を執筆して、読者を獲得する事で広告収入を得られるブロガーです。ライターと同じようにスキルが無くても始める事が可能です。

主に自分の趣味であったり、詳しく知っている内容をブログにし、そこに掲載した広告から収入を得ます。

但し、ブログを運営していくにあたってのマーケティング、SEO、アフィリエイト、セールスライティングのある程度の知識が無いと全く収入にならない場合もあります。

すぐには収益にならない可能性はありますが、人気が出た場合継続した収入を得る事が出来るのでおすすめです。

ECショップの運営

個人でECショップの経営をするという方法もあります。「Base」や「Shopify」と言ったサービスがあり、簡単に始める事が可能です。
但し、商品を仕入れる必要がある為、ある程度の元手が必要となります。また、ユーザーのニーズに応えるために情報収集やマーケティングのスキルは欲しいです。

うまくいった場合には利益として、月に400万円ほど稼いでいる人がいれば、その反面軌道に乗せる事が出来ずに赤字が出る場合もありますので、十分に下調べを行ってから始める方が良いでしょう。

動画配信

SNSやYoutube、ニコニコ動画などの動画投稿サイトに於いて、自分自身で制作した動画を配信する事により広告収入などを稼ぐ仕事となります。

独自に制作した動画を配信するためには、動画を撮影する他にカット作業やBGM、テロップの貼り付けなどの編集作業のスキルが必要となります。
また、配信間隔をこまめにしていく事も重要です。

通信技術は5Gとなり、画像解像度も4K・8Kになって、一層進化、発展してきています。更にスマホ世代がシニア化に向かい、さらに需要が見込める職業です。

 

【未経験OK】Webエンジニアのフリーランスになる手順まとめ
【未経験OK】Webエンジニアのフリーランスになる手順まとめ
「Webエンジニアとしてフリーランスになりたい!」 「でも実務経験がないけど未経験でフリーランスになれるかな? ...

 

まとめ

今回は、未経験者がフリーランスを目指す方法やその際の注意点、おすすめの仕事などを見ていきました。いかがでしたでしょうか?
フリーランスで働いていくためには、自分自身で営業し仕事を取りますので人脈を広げなければなりません。

どの職種であっても勉強会や交流会の参加、ブログやSNSの活用、クラウドソーシングの登録は必須です。

複数の職業を組み合わせて働くのも安定した収入を得る手段となるでしょう。