【元転職エージェントが語る】異業種からIT業界に転職できる?未経験でも可能?

こんにちは。

元IT業界転職エージェントの渡辺です。

今回は異業種からIT業界への転職に関して解説していきます。

IT業界はコロナ関係なく、今後も成長していくでしょうから人気の業種と言えます。

ただ、IT業界というとなんとなく異業種からの転職が難しいというイメージを持ちがちですよね。

そこでこの記事では、実際のところ異業種からIT業界への転職が可能なのか解説していきます。

IT業界の転職事情

まずはIT業界全体の転職の状況がどうなっているか解説していきます。

求人の数は多い

イメージ通りかもしれませんが、ITの業界全体の傾向として、転職は活発です。

全体的に伸びていいる業界ですから、人手不足になりやすい状況です。

人がいればその分売上に直結するという傾向もありますので、求人の数は他の業界に比べても非常に多いです。

エンジニアの転職が特に活発

IT業界のメインの職種はやっぱりエンジニアです。

エンジニアは本当に実力主義の世界ですから、スキルアップしていけば、転職によって年収アップが割と現実的です。

学歴や年齢に関係なく、実力があれば転職できる世界ですので、活発になるのは当たり前と言えます。

エンジニアはIT業界の中でも特に人手不足です。後で詳しく解説もしますが、未経験でも転職しやすいと言えます。

IT/Webエンジニア向け転職サイト IT/Webエンジニアにオススメの転職サイトまとめ

管理部門や営業職は異業種からでも転職できる?

異業種からの転職といっても、同じ職種であれば、ITの業界に転職しやすいと思う方も多いのではないでしょうか。

ズバリの結論は言いづらいですが、それぞれ解説していきます。

管理部門(人事、経理など)の場合

管理部門の場合、異業種からでもIT業界に比較的転職しやすいと思います。

ただし、業務内容や会社の規模感などが近い場合という注意点がつきます。

例えば経理であれば、従業員数十人の中小企業と、上場企業で連結決算が必要とされる会社では業務の内容が大きく異なります。

人事の場合は、IT業界ではエンジニアの中途採用が活発ですので、新卒採用のみの経験やエンジニアの知識が全くないと転職するのが少し難しくなります。

管理部門であっても、同じ業界内で転職するのが、一番容易と言えますが、仕事内容に親和性があれば、異業種からIT業界への転職も可能です。

営業職の場合

営業職に関しては、異業種からIT業界への転職が難しいと思われがちではないでしょうか。

基本的に営業の方は文系が多いですから、ITへの抵抗が少なくない方もいると思います。

結論として、営業職の場合も扱っている商品や、営業手法の親和性次第ではIT業界への転職もしやすいと言えます。

具体的に言えば、無形商材、サービス系の商材を扱っている営業の方はIT業界に転職しやすいです。

また、有形商材の営業の方でも、ITソフトのパッケージ売りの営業など、IT業界内にも親和性が高い会社もありますので、転職可能と言えます。

まとめると、IT業界の中でも自分の経験した仕事に近い会社があれば、異業種からでもIT業界への転職は可能です。

未経験からでもエンジニアへの転職は可能?

IT業界のメインの職種とも言えるエンジニアですが、未経験からでも転職可能かどうか気になりますよね。

一見、ハードルが高いと思われがちなエンジニアですが、実際のところはどうなのか解説していきます。

結論:未経験からでもエンジニアへの転職は可能

未経験からでもエンジニアの転職は可能です。

正直今回のトピックの中で一番自信を持って言い切れるのが、これです。

もちろんいくつか条件はあるのですが、それは後ほど解説します。

エンジニアは本当に人手不足なのです。そしてIT業界の会社では、エンジニアの数だけ売上が上がるという会社も少なくありません。

未経験からエンジニアになるのには抵抗があるかもしれませんが、本気になれば転職は可能です。

ただし、何点か注意点があるので紹介していきます。

条件①:20代であること

未経験から違う職種に転職するのは、エンジニアに限らずですが、年齢制限が発生してしまいます。

30代前半が絶対ムリとは言いませんが、20代とは難易度が大きく異なってしまいます。

エンジニアになりたいと考えている人は早めの決断が肝心と言えます。

条件②:エンジニアに向いているか確認が必要

エンジニアは本当に向き不向きがあります。

条件だけに目を向けて、エンジニアになろうと思っても、実際やってみたらどうしても合わないという可能性もあります。

エンジニアがどうしても合わないので転職したいという人も少なくないのが事実です。

まずは、プログラミングの学習を少ししてみて、自分にあっているかどうか確認してみることをおすすめします。

未経験からIT業界のエンジニアになる方法

未経験からでもIT業界のエンジニアになれるという話をしましたが、具体的にはどうしたらいいのか紹介していきます。

①プログラミングスクールに通う

一番確実で、現実的と言える未経験からエンジニアになる方法がプログラミングスクールに通うことです。

ただし、プログラミングスクールに通う場合は本当にエンジニアになるという決意が必要ですので、そこは自分の中で整理が必要でしょう。

基本的には今の仕事を辞めてプログラミングスクールに通うことになります。

お金に余裕のある方であれば、大手の有料プログラミングスクールに通うのが、長期的に見れば一番良いと思います。

プログラミングの基礎がしっかりと学べますし、大手とは行かなくても、それなりの企業に就職できる可能性も高くなります。

お金的に厳しい方は、無料のプログラミングスクールがおすすめです。

プログラミングの学習内容や就職できる企業のランク的には有料スクールよりも落ちますが、エンジニアとして就職するという目標は非常に高い確率で達成することができます。

スクールに通う期間も有料のスクールが3-4ヶ月程度であるのに対し、無料のスクールであれば、1-2ヶ月程度となりますので、金銭的負担はかなり少ないです。

【初心者の方へ】プログラミングスクールをすすめる理由

②独学で学習する

今の仕事を辞めてからプログラミングの学習をするのが難しい方は独学でプログラミングの勉強をすることになるでしょう。

今は、質の高いオンライン教材もたくさんありますし、無料で使用できるweb学習ツールも充実しています。

もちろん参考書を使って学習してもいいと思いますし、学習方法は自分に合ったものを選べるでしょう。

ただし、独学の場合、どうしても挫折しやすいというのと、転職活動の難易度が上がるという難点はあります。

それでも根気強く学習し、転職活動していけば、未経験からでもエンジニアになれる可能性は低くないですよ。

逆に言えば、独学の場合、プログラミングが合わないと思ったときに後戻りがしやすいとも言えますので、エンジニアになる決心がそこまでつかない人はまずは独学での学習がいいかもしれません。

ウェブカツは難しい?progateとの違いをウェブカツ卒業生に聞きました!

まとめ

いかがでしたか?今回は、異業種からIT業界への転職に関して解説していきました。

職種により異なりますが、IT業界といっても他の業界と似ている部分もありますので、そういった会社、仕事であれば、転職しやすいと言えます。

また、エンジニアに関しては、未経験からでもプログラミングスクールに通ったり、独学でもしっかりと学習すれば、転職できる可能性は高いと言えます。

最後にまとめると本気になれば、異業種からでもIT業界に転職は可能です。何事も本気度が大切ですよ。