あなたが手にするのは

一生モノの”プロ”の力

転職はゴールではない。
現役エンジニアも通う
「プロ」の力を

顧客満足度

99%

※2020年8月時点までの卒業生を
 対象とした満足度調査

現役エンジニア
在籍率

27%

※2020年8月時点

受講者数

1.4万人

※2020年8月時点までの弊社教材でのお試し受講含め

私たちが提供するのは年間収入1000万を目指していく「プロフェッショナル」なスキルです。

多くのスクールと異なり、私たちは「転職をゴール」としていません。
それは、「転職をする」ことと「高報酬を得られる人財となること」は異なるからです。

事実、学ばれている方の27%の方は「現役のエンジニア」が占めています。

私たちのゴールはあなたがプロのフリーランスエンジニアとして、本業でも副業でも好きな時に高報酬な
仕事を得られ、企業などお客様から材料としての「人材」ではなく財産としての「人財」として、
仕事に困らない一生モノの力をつけていただくことです。

22講座474レッスン22
アウトプット
徹底的に手を動かして自走力を鍛え上げる
1

私たちは、オーダーメイドのカリキュラム教育は行なっていません。
それは、私たち独自のカリキュラムに自信があるからです。
また、趣味で作りたいものを作れても
「プロとして顧客の要望に沿ったシステムが作れる」わけではありません。
私たちは一貫したメソッドで「効率良く分りやすく高速に」あなたをプロレベルへと成長させていきます。

マンツーマンのいらない
未経験でもやり遂げられる徹底した仕組み
2

私たちは学習品質が講師によって変わってしまうマンツーマンやリアルタイムのオンライン講義は行っていません。
動画自習型であっても、多くの生徒から「動画自習のみで十分進められた」との声を頂いています。
それでも本当に進められるかご心配な方には「1回から使えるマンツーマン」もご用意。
また、転職サポートとして卒業後2年間まで受けられる「進路相談」を設けていますので、
転職方法などアドバイスも受けられ、徹底したサポート体制であなたをサポートします。

1

「1回15分」のオンライン動画学習

「1回15分」のオンライン動画学習

学習は全て動画での自習型。1レッスンの動画は集中力が保たれる15分。
通勤時間などスキマ時間でも学習ができます。

2

現役エンジニアにチャットで質問

現役エンジニアにチャットで質問

分からないところは、当スクールの厳しいテストに通った
「教える力」のある現役エンジニアへいつでも質問が行えます。

3

「1回から」マンツーマンレッスン

「1回から」利用できるマンツーマンレッスン

万が一、チャットでも分からない場合やモチベーションが保てない方は1回から
購入できるマンツーマンレッスンが利用できるので安心です。

4

「進路相談」で転職サポート

「進路相談」で転職サポート

「企業の選び方は?」「営業の仕方は?」「仕事の獲得方法は?」など
卒業後2年間までサポートしています

5

チーム開発で「現場と同じ経験」を

チーム開発で「現場と同じ経験」を

オンラインで行うチーム開発で「実際に世に出るサービス、出ているサービス」
の開発を行うことで現場と同じ実戦経験を積むことが出来ます。

Java言語、Ruby言語、RubyonRailsを
メインとして教えてはいません
3

Java言語やRuby言語は「未経験者が挫折しやすい」「副業案件がとても少ない」のが現状。
Ruby言語に至っては「案件数が激減し衰退の一途」となっています。
当スクールでは
「未経験でも習得難易度が低く、高単価を得やすく、常駐案件と副業案件が豊富」
といったプログラミング言語に特化した上で、Java言語、Ruby言語、RubyonRailsや
更にはAWSといったインフラ周りも基礎からしっかりと学ぶことが出来ます。

作っておわりにはしない
チーム開発で実際に世に出るサービスを

仕事では「作品」ではなくチームで開発を行い「商品」を作るもの。
そのため、ウェブカツ!!ではチーム開発で「実際に世に出る商品を作る環境」
を用意しています。
実際の実務と全く同じ環境でビジネス要件からチームで考え、開発を行う事で
未経験にして「現場経験と同等」の経験を積むことができます。しかも、全てオンラインリモートで完結。
また、サービスが当たれば収益も皆で受け取るといった取り組みも行なっています。

※チーム開発に関しては、自由参加となります

実際に生徒が開発したサービス

フリーランスエンジニア
までの4ステップ

月に60時間学習した場合、平均的には卒業までは約1年かかります。
その後社員などで実務経験を1年〜2年程度積んでいただいた上で、
常駐のフリーランスエンジニアへ転向していくという流れになります。
副業の場合は、転職はせず即フリーランスとして在宅案件の獲得を行っていきます。

STEP1

ウェブカツ
レッスン

7〜9ヶ月

STEP2

ウェブカツ
卒業試験

3ヶ月

STEP3

実務経験

1年〜2年

STEP4

フリーランスへ!

祝デビュー!

あなたを飛躍的に成長させる
最後の難関「卒業試験」

約半年のカリキュラムを終えたら、あなたの最後に待っているのは"卒業試験"
卒業生全員が「後輩に勧めたい」と語る最後の難関です。
実際の仕事と同じく試験管を実際の客先と想定し、
”顧客からの要件定義書"と"3ヶ月の納期"が与えられ、開発を行います。
確認項目”100項目以上"に及ぶプロの現役エンジニアからのレビューが、
あなたを飛躍的に成長させます。

レビューの質がものすごくありがたいレベル。参考文献、具体的な改善案、出来てるところの明確化など。

エンジニアとして実際に仕事を受けたら、本当にこの卒業試験の流れで仕事をしていくんですよね。
試験官をお客さんと思ってヒアリングしたり提案したりするんですが、作成したサービスだけじゃなくてヒアリングの仕方まで指導された人はそうそういないかも(笑)

ウェブカツの卒業試験は大変だったけど、頑張ればクリアできるゴールだったんだなー。もう一回やりたい。

生徒のアウトプット

実際に生徒が学習途中でしているアウトプットの多くはSNSで公開されています。
それは、私たちが教えているレベルに自信があるためです。
実際に数々の有名スクール卒業生から「レベルが高い」「ここまで出来ない」と嬉しい反応をいただいています。
他スクールも検討されている方は「そのスクール生徒がどのようなレベルのアウトプットをしているのか」を一度ご確認ください。

卒業生徒の開発サービス

生徒の声

3ヶ月の試用期間が終わり、エンジニアとして正式に内定を頂くことができました。
未経験から現場に入りましたが、ウェブカツで学んだ事に過不足は殆どありませんでした。

今の企業に転職する際に、各部活で作ったアウトプットを自分なりでアレンジしたポートフォリオを面接で見せた際に、『未経験でここまで教えてるのは本当に凄いですね』と言われました。具体的にはnpm、gulp、CSS設計を使えているところが評価されました。

プログラミング勉強において独学派、スクール派がありますが、僕は効率的に勉強したかったのでスクール派
当時は情弱だったため、他のスクールにお金を捨ててしまったけどウェブカツのカリキュラムはまじでオススメです
賛否ありますが、僕はウェブカツで勉強してよかったと思います

今の企業に転職する際に、各部活で作ったアウトプットを自分なりでアレンジしたポートフォリオを面接で見せた際に、『未経験でここまで教えてるのは本当に凄いですね』と言われました。具体的にはnpm、gulp、CSS設計を使えているところが評価されました。

やっぱウェブカツ生はすごいな。

僕の知る限り、ウェブカツの卒業生が一番スキルがある。

まずアウトプット量がハンパないからめちゃくちゃ鍛えられてる。

自分の観測範囲内ですがバックエンド・フロントエンド・インフラを満遍なく学べるスクールはここ以外他に知りません。

勉強していて思うのは、ウェブカツで言っていることはめちゃくちゃわかりやすいってこと。
いろんなブログ記事をみて理解して入るけどウェブカツはめっちゃわかりやすい。
まわし者ではございません。

動画見て「これはどういうこと?」って疑問が出ても動画への質問一覧を見ると解決するのがウェブカツの良さのひとつだよね。今までの疑問はほぼ質問一覧で解決してる

ウェブカツでわからないことがあって。 ウェブカツの教材意外に情報ないか調べても、知りたい情報がなかなかなく困る。 結局、ウェブカツの教材が一番詳しくわかりやすく説明されてる気がする。

ぬーん
ウェブカツ学べる内容多すぎ濃すぎワロタ
テック〇カデミーとかhtmlとcss、js、jQueryと 適当なライブラリ使えばエンジニアとして十分やっていけるとか言ってくれたのに
そんなわけないわな(´・ω・`)

ウェブカツの質問返してくれる人が 本当にレベル高い。
どんなこと聞いても、100%解決してる
テックアカデミーとか、
・原因がわからないので飛ばしましょう。
・取り敢えず教材見直しましょう。
それで分からなければ次へ
しか言われんかったぞコラ( `ᾥ´ )

ウェブカツのインフラ部を見せて頂きました。久々の顧問の声。やはりわかりやすくまとまっており、開発のエンジニアの方々にとっては必要最低限で無駄が無いです。こうやってインフラが開発側に、より認知されてくことは大切だと思います。

テックアカデミーを今、受講中ですが、正直微妙ですね、、、
メンターさんも、愛想がなく、質問しづらいです。
唯一良いのは、チャットで質問したら、すぐ返信がくる所くらいですね。
ウェブカツやった方が断然良いです!

仕事の大半がWebとAndroid開発になり、ウェブカツで習った内容がかなり出てきています。通信やDOMの内容はWebだけでなく、Android開発でもかなり役立っています。
技術面で困ることは今のところありません。

ウェブカツの起業部がめちゃくちゃおもしろい!!
経営を俯瞰できる充実した内容にもかかわらず、素人でもすんなり理解できる文章なのも魅力

npm, sass, gulp, webpack など、現場では標準的な開発技術を身につけられたため、初めての業務にもスムーズに入ることができました。フロントエンドからバックエンドまでの基礎を一通り学べたので、バックエンドでどのような処理をするのかを考えながら、フロントのコーディングをするのに役立ってます。

未経験入社でもスムーズに業務に入ることができた。
その後すぐ別の未経験者が後輩に入ってきたが圧倒的な差を感じた。
彼は一生僕の背中を追い続けるだろう。

ウェブカツいいですよ
相当プログラムスクール調べましたが、ここまで教材が分かりやすく高いレベルまで学べる、実際に稼いでいる人から教えてもらう事が出来るスクールはないと思います
大手のプログラムスクールは学生や卒業生がメンターなので正直そこまで高いレベルまで教えてくれるのか不安でした

私はUdemyの動画を20本ほど見ましたが、教材の質として明らかにウェブカツの方が上です。
講師にバラつきがあったり内容が古かったりに加えて、基本は局部的な知識を切り取って教えているだけなので「稼ぐためのプログラミング」としての俯瞰的な技術は身に付かないと思います。

ウェブカツをしてて思うけど、progateだけでは足りないことを実感。
progateの良さももちろんあり、
まったくの初心者からしたら取っ付きやすさはすごくあるのかなと。
でも時間は命なので早くスクールに入ってプログラミングに慣れることが
一番であると実感

Q&A

環境構築が面倒なのですが、ネット上でコードを書けるようには出来ませんか?

「WEBサービスを作る」「プログラミングを仕事で使う」ということを目標にしているため、「自分で環境構築が出来る」というのは最低限必要なスキルになります。(現場でも、初日に「はい、じゃあ環境構築しといてね」と言われます。)そのため、ウェブカツ!!では環境構築スキルの身につかない「WEB上でコードを書けるスタイルでの学習」は行っていません。

全くの未経験者ですがついていけますか?

progateなど無料で初歩の初歩を学べるサービスがありますので、そちらの無料で出来る範囲をやってみてなんとか進めていけるのであれば最低限学んでいける理解力はあります。
また、「ブラインドタッチ」が出来ない場合は学習速度は倍以上かかるため、早めに練習して覚えていった方がいいでしょう。

Macを使ったほうがいいんでしょうか?

MacはWEBプログラミングやWEBデザインの開発にとても適したパソコンのため、高単価な現場ではどこもMacを使用しており、採用面談にも響いてくるほどです。
そのため、ウェブカツ!!で解説している動画や質問サポートでは全てMacを前提にお話しています。
Windowsでも基本の考え方や大筋の扱い方は同じため、Macを購入する余裕がない場合はWindows環境でプログラミングされても問題ありませんが、上級編になるほどフレームワークや各種ツールを使用する際に困る事が多々出てきます。
ですので、中古のMacBookであれば5万程度で買えますので、自分の逃げ道を塞ぐためにも出来るだけ先行投資をしましょう。