プログラミングでお金を稼ぐ方法【パターン別に解説】

「プログラミングが注目を浴びているけど、本当に稼げるのかなあ?」
「プログラミングでどうやって稼ぐんだろう?」

こんな疑問にお答えします。この記事を最後まで読めば、プログラミングでお金を稼ぐ方法が分かりますのでぜひ最後までお読みください。

本業としてプログラミングで稼ぐ

まずはプログラミングを学んで本業として稼ぐ方法を紹介します。実務経験を積んだほうがプログラミングスキルもグッと上がるので、基本的には一度、本業として働いたほうが結果として稼げるようになるのでおすすめです。

本業としてプログラミングで稼ぐ方法は以下の通り。

  • Web製作で稼ぐ
  • Webアプリ開発で稼ぐ

それぞれ解説します。

web製作で稼ぐ

まずはWeb製作で稼ぐ方法を解説します。おおまかな流れは以下の通り。

  1. Web製作に必要なスキルを身に付ける
  2. ポートフォリオの作成
  3. Web製作会社に入る
  4. 独立

まずはWeb製作に必要なスキルを身に付けましょう。ひとまずの目標はWeb製作会社に入ることなので、難しいスキルを身に付ける必要はないです。上記それぞれ解説していきます。

Web製作に必要なスキルを身に付ける

最低限身に付けるべきスキルは以下の通り。

  • HTML / CSS
  • JQuery
  • Javascript
  • illustrator
  • Photoshop

以上のスキルが身に付けば、転職に必要なスキルは整っています。コーディングに関しては暗記する必要はありません。

一通り学習を通してその言語を使って「何ができるのか」、「どのような動きをするのか」が理解できていれば問題ありません。現役のデザイナーさんでも必要に応じて、調べながらコーディングしていきます。

illustrator や Photoshop のソフトもなんとなくでいいので、一通り使えるようにしていきましょう。こちらも完璧に使えるようになるまで学習していたら、キリがありません。簡単なバナーやアイキャッチ画像などを一度作ってみることをおすすめします。

ポートフォリオの作成

最低限のスキルを身に付けたら、Web製作会社に入るためのポートフォリオを作成しましょう。ポートフォリオはただの作品集ではありません。 

その作品を作った経緯やどこを意識したのかをしっかり伝えることが大切です。また、ポートフォリオを通して人柄だったり、取得しているスキルが簡単に分かれば面接官にとっても印象がよくなり、一緒に働きたいと思ってもらえる可能性は高くなります。

Web製作会社に入る

Web製作会社に入ることができたら、とにかく仕事を覚えてスキルアップしましょう。現役のデザイナーからフィードバックをもらうことが一番成長できます。

実務を積みながらスキルを磨き、余裕がでてきたら独立の準備を始めましょう。雇われているままでは稼げるようになりません。

独立

独立後は、今までのスキルとは別に営業や会社経営の知識も必要になってきます。また。大きく稼いでいくためにはマーケティングやSEOのスキルなども必要になってきます。大変ではありますが、努力次第で会社員の時とは比べ物にならないくらい、稼げる可能性があります。

webアプリ開発で稼ぐ

次にWebアプリ開発で稼ぐ方法を紹介します。Webアプリ開発で稼ぐ方法は以下の通り。

  1. Webアプリ開発に必要なスキルを身に付ける
  2. ポートフォリオの作成
  3. Web系の会社に入る
  4. 独立

それぞれ解説していきます。

Webアプリ開発に必要なスキルを身に付ける

Webアプリ開発に必要なスキルな以下の通り。

  • HTML / CSS
  • Javascript
  • Ruby or PHP

最短でプログラミングスキルを取得して稼げるようになりたいなら、RubyかPHPがおすすめです。Ruby,PHPは他の言語と比べてもシンプルなコードで理解しやすく、取得が容易だからです。

RubyならRuby on Rails まで学習しておきましょう。一通り学習できたら、既存のWebアプリケーションのクローンを作ってみましょう。はじめからオリジナルのアプリ開発はかなりハードルが高いです。TwitterやインスタグラムなどのSNSは比較的作りやすいのでおすすめです。

ポートフォリオの作成

クローンアプリができたら、いよいよオリジナルアプリの作成です。オリジナルアプリを作る手順は以下の通り。

  1. 企画
  2. 設計
  3. 開発

自分が「こんなアプリがあったらいいな」と思うものがあれば、それをつくるのがおすすめです。作りたいものが決まっていればスムーズに企画、設計まで取り組むことができます。

Webアプリケーションはサイト製作と比べて時間がかかりますが、完成したときの達成感は自信につながりますのでぜひ挑戦してください。オリジナルアプリが完成したら、レンタルサーバを借りるか、ツールを使用して公開までしておけば、経験にもなり面接で少しでも有利になります。

Web系の会社に入る

ポートフォリオが完成したら、Web系の会社で実務経験を積みましょう。最終的には独立を目指すので、SESでも問題ありません。SESは派遣先で働く形態のことです。SESは「スキルが身につかない」、「過酷、給料が低い」などのあまりよくない評判がありますが、未経験でも採用されやすいというメリットがあります。

実際、派遣先によっては大変な現場があることは事実ですが、未経験から受託企業に採用されるハードルはかなり高いです。ダラダラと就職活動を続けるくらいなら、しっかり調べたうえで、SESで実務経験を積んだほうが結果的に早く稼げるエンジニアになれる可能性が高いです。

独立

同じ言語で実務経験を最低でも1年ほど積めば、フリーランスエンジニアとして活動できます。「クラウドテック」や「レバテックフリーランス」などのフリーランスエンジニアのためのエージェントサービスを利用しましょう。月単価50万以上の案件が多数あります。

副業で稼ぐ

最後に副業で稼ぐ方法について解説します。まず、副業で身に付けるべきスキルは以下の通り。

  • HTML / CSS
  • JQuery
  • Javascript

上記のスキルがあれば、コーディング代行として副業を始めることができます。

副業で稼ぐ方法は以下の通り。

  • 知人、友人からの紹介
  • クラウドーソーシングサービス
  • 企業に直接営業

それぞれ解説していきます。

知人、友人からの紹介

知人、友人からお仕事を紹介してもらうことが最短で副業から収入を得られる方法です。紹介してもらうためには、普段からプログラミングを勉強していることや、できるようになったことを発信して、信用を得ることが大事です。

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスとは「ランサーズ」や「クラウドワークス」など、インターネット上で仕事の受注、発注ができるサービスです。誰でも気軽に始めることができる一方、単価は低い傾向にあります。

ずっと続けることはおすすめしませんが、お小遣い程度に稼ぎたい人や経験を積みたい人にはおすすめです。

企業に直接営業

副業でもしっかり稼ぎたいなら、Web製作会社に直接営業しましょう。ハードルは高いですが、営業先の状況次第では、お仕事を振ってくれる可能性もあります。個人よりも単価は高いですので、ある程度経験を積んだら挑戦してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は「プログラミングでお金を稼ぐ方法」について紹介しました。プログラミングスキルは、これから身に付けておくとかなり市場価値が上がりますので、おすすめですよ。この記事を参考にして稼げるエンジニアになってくださいね。